ぱらのいあの釣りエトセトラ

岸からの海釣なら何でもヤリます。グルメや病気ネタも

ウキ・擬似餌釣り

[ リスト | 詳細 ]

主に波止のウキ釣り、ルアー、エギ釣り
記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

絶不調のまま終了



昨日12/7(木)
嫁さんと1か月ぶりに八幡浜

去年の同じ12/7にはマズマズの釣果

イメージ 1

一昨年の12月初めにも
キロオーバーのモイカ(アオリイカ)が釣れています

イメージ 2

しかし・・・

今シーズン何回もこの場所に来たものの、
キスは超ど不調続きで、
イカもドンドン釣果が落ちてきてます

おまけにクラゲが大量発生してまつ

イメージ 4

僅かな期待を持って、ライトキスを投入
が、
エサと見間違えるほどのハゼの仲間
イソベラばかり・・・

イメージ 3

キューセンが1匹釣れただけで、
キスも釣れそうにないので、早々にライトキス終了

ルアーとエギを持って水深のある西のテトラへ

ここでエギを引いてると必ず1回は
魚がエギにアタってくるので
正体を突き止める為、初めてルアーを導入

先ずは19gのメタルマルで開始

近くまで引いて来た時にアタリ!

茶色だったので一瞬ホゴ(カサゴ)かと喜ぶも
上がってきたのはコヤツ

イメージ 5

暫く後には沖でアタリ

足元まで寄せるとテトラに突っ込んでくるので
期待しますが、丸々超えた50cm位のエソ

同じ位のサイズのエソがもう一匹
足元まで付いてきてました

イメージ 6

このエソにメタルマルのリアフックを伸ばされたので、
ゴツめのフックのジグに交換
が、
乗ってくるのはイソベラ・・・

陽が傾き、ソロソロイカを・・・とエギに交換

イメージ 7

しかし、全く気配なし

暗くなってもヤっぱ気配なしで、
18:30終了

結局、悲惨な釣果・・・

イメージ 8

オカズが無いのでイソベラも2匹だけクーラーイン

今シーズンこのポイントは絶不調のまま終了

半年後のシーズンインは果たして
どうなっているのだろぉかッ!

   『来シーズンはぜっこぉちょぉ〜〜・・ナンテネ・・』と思った方も
            ↓     ↓     ↓

開く コメント(4)



昨日10/12(木)
嫁さんと釣りに行ってきました

いつものように11時過ぎに家を出発し、
いつものように八幡浜

此処のキスは今シーズンは超絶ど不調なのですが、
前回はキスが立て続けに8匹釣れたので
復調かも・・・と嫁さんは
ライトタックルでのキス狙い

イメージ 1

ポイントに着くとちょうど満潮

小潮で潮位は高くないので、
靴を脱いでヂャブヂャブと水の中へ

イメージ 2

水に入った瞬間は冷たく感じましたが、
すぐに慣れて気持ちいいっス

ぱらのいあは潮が高いので先ずはエギ
すると早速、
小振りながらも乗ってきました

イメージ 3

イカを持って嫁さんの所に行くと、
嫁さんがラインを送り込んでいます

上げると、キスの2連

イカは日が暮れてからも釣れるので、
ぱらのいあもキス狙いに変更

暫く後に小振りながらカワハギの2連

イメージ 4

『こりゃきょうは爆釣ぢゃッ!』と思うも
全然アタリがなくなってしまいます

たまにアタるとイソベラかチャリコ
キスはどこかへ行ってしまったようです

面白くないのでエギに替えますが、
これも気配すら無しで、日が暮れてきます

夕まずめに連荘で乗ってくる事が多かったので、
期待しますが、きょうは全くアキまへん

陽が落ちてエギを替えた途端に
ようやく乗ってきましたが、外れてしまいます

このエギは前回も乗ってはくるものの、
外れてばかりのエギで、カンナが悪いようです
が、
環奈はいい娘です

またエギを替えて暫く後
変なアタリで乗ってきますが、また外れます

そのまま小さく2回シャクると、また乗ってきます
が、
股股フックアウト

股股そのまま小さいシャクりを続けると、
股股乗ってきました
が、
いつものウぃン・ウぃン、ウぃ〜〜〜〜ンという
モイカ(アオリイカ)の引きとは違い、
重量感はあるもののあまり引きません

寄せてライトを照らすと、コウイカか紋甲のようです

そのままズリ上げようとしますが、
ブしゃァ〜!ブしゃァ〜!
ジェット噴射を連発して大暴れ!

なんとかイカの隙をついて敷石の上にズリ上げます
が、
なんと波うち際で外れてしまい、イカは敷石の隙間へ

逃がしてなるものかッ!!と竿を放り出して
敷石の隙間を覗くと間一髪で留まっているものの
今にも海に帰ってしまいそうな状況

両手をイカの下に入れ
どぉリゃ〜〜〜〜!!
岸にイカを投げ飛ばします

しかし、なんてこったい! 

イカは股股、敷石の隙間へ

今度の隙間は両手が入るスペースはありません

片手で掴もうとしてもヌルヌルやし、甲はカチカチやし
掴めそうにありません

そこで考え付いたのはエギ

予備のエギで引っ掛ける作戦に変更

何度か失敗するも、無事捕獲!

イメージ 5

マズマズサイズの紋甲イカです

この大捕り物でイカはエギ引っ掛け作戦で
甲が円形脱皮症になってしまい、
ぱらのいあも墨攻撃を受けてしまいました

イメージ 6

その後はアタリ無しで、19:30終了

イメージ 7

紋甲以外は最初の1時間以内に釣った魚とイカ

ッぱこのポイントの復活は
今年は無理なようです

     『場所替わった方がエエんちゃう』と思った方も
            ↓     ↓     ↓

開く コメント(4)




陽が傾き始めたので、夜の部に入ります

夜の部と言うともちろんモイカ(アオリイカ)
エギングで狙います

嫁さんは手持ちのライトキスが全くダメなので、
置竿にして、明るい内からエギを引いてます

と、

遠目で見ると、エギ竿が大きく曲がっています
駆けつけてみると
『波打際にコウイカが居て、
嫁さんが必死にイカを押さえている図】

が展開されています

ぱらのいあも加勢し、無事捕獲

イメージ 1

嫁さんが言うには・・・
エギを回収してると、
足元までこのコウイカが追いかけてきたそうで、
足元でエギを沈めると、エギを抱いて
沖に持っていったものの、フッキングせず
が、
沖にエギを投げるとすぐ乗ってきて、
寄せたものの、抜き上げ途中で足が切れて
フックアウトしてしまい、
波打際で辛うじて止まったそうです

その後、置竿で放置してた竿を上げると
オオモンハタが付いていたそうです


本命のモイカを狙いますが、明るいうちはアタリなし
が、
辺りが暗くなった途端、ぱらのいあにアタリがッ!

けっこうガツガツ引くので、一瞬魚かと思うも
抜き上げたのは食べ頃サイズのモイカ
イメージ 2

次に投げるとまたアタリッ!

イメージ 3

連荘で釣れました

次に投げると股股アタリッ!

イメージ 4

小振りですが、何と3連荘!

イメージ 5

4連荘とはいきませんでしたが、
5投目にマタマタ乗ってきます

だんだん小さくなっていきましたが、
何と、5投で4杯をゲッツ

因みにエギは何年か前に買っていた
たしか100円位のエギでしたw

しかし、パったりアタリが途絶えます

エギを替えたり、場所を替えたり
シテみるもののその後は全く
音沙汰無しで20時前終了

イメージ 6

前回の9/13にも嫁さんが夕まずめに
6投で4杯と立て続けに釣りましたが、
その後はパタりとアタリが止まりました

その時と同じパターンになってしまい、
ナカナカ爆釣とはイカないモンです・・・

     『群れが小さいのかも・・・』と思った方も
           ↓    ↓    ↓

開く コメント(2)



昨日9/13(水)嫁さんといつもの八幡浜

今回はシーズン入りしたモイカ(アオリイカ)がメインですが、
ヤっぱ、キスフライも食べたいのでライトキスも用意

13時頃、ポイントに到着

イメージ 2

まだ潮が高いので、
階段上でライトキスとエギングタックルを用意し、
嫁さん共々靴と靴下を脱いでヂャブヂャブと水の中へ
イメージ 1

此処のポイントのキスは今シーズンは超絶不調
が、
オカズくらいは釣れるやろう・・と、投入

すぐさまアタリがありチャリコ(マダイの幼魚)が乗ってきます

その後はイソベラ混じりでチャリコが入れ食い
もうエエ加減イヤになったので、ライトキスタックルを置き、
エギを引いてみるも気配なし

結局ライトキスでは嫁さんと合わせてキス3匹、ベラ1匹

20年程前からこの場所に来ていますが、
おそらく最悪の釣果でしょう・・・

イメージ 3
エギ竿を持って一番水深のある西のテトラへ行くも
此処も魚が2回エギにアタってきただけでイカは居ません

イメージ 4

辺りが暗くなってもヤっぱアタらないので、
ベースの階段まで帰ることにします

帰る途中の敷石で試しに投げてみると、
いきなりガつン!と重みがッ!

竿を立てるとウぃンウぃンとモイカの引きがッ!

ゆっくり寄せて来て敷石の上に抜き上げます

イメージ 5

小振りながらも今シーズンの初モイカをゲッツ!

その2投後にも乗りますが、すぐにフックアウト

アタリが無くなったのでエギを替えてみると
数投後に2杯目が乗ってきました

イメージ 6

暫く後にも2杯を追加し、アタリが無くなったので
ベースの階段へ帰ります

階段付近で釣っている嫁さんに
『釣れたか?』と聞くと、
『モイカ3杯とコウイカが釣れた』との事

夕まずめに6投で4杯と、立て続けに釣れたそうですが、
その後はパタりとアタリが止まったそうです

その後1杯を追加した20:30終了

イメージ 7

キスは最悪の釣果でしたが、
何とかオカズは確保出来ました

      『モイカ・・・キレイ・・』と思った方も
            ↓   ↓   ↓

開く コメント(6)

思いがけない釣果♪



昨日12/7(水)嫁さんと2か月ぶりにいつもの八幡浜

10:30頃出発、セール中の2件の釣具屋をハシゴ
日本ゴカイ800円と消耗品等を買い込み、
カレンダーと潮見表を貰いますw

ちょうど去年の今頃、キスは全くダメだったので
キス釣りは嫁さんに任せ、私ぱらのいあはエギに専念する予定です

昨日の満潮は13時前
いつものポイントへは15時頃まで降りれないシ、
今回はあまり期待してないのでゆっくりと構えます

なので、

久しぶりにどーや市場へ行ってみます

イメージ 1

八幡浜ちゃんぽん(600円)を食べて、お土産のしぐれをを買い、
釣れない事を想定し市場でウニとカキ(2つで980円)を購入

イメージ 2

14時前にいつものポイントに到着

嫁さんはライトキス仕掛けを用意、
ぱらのいあはエギタックルを持って、少し離れたテトラの先端へ

今回は久しぶりにソリッドティップのエメラルダス MX 83M-Sを使用

イメージ 3

釣り始めて早くも2投目にアタリッ!

上げると、超久しぶりのモンゴウイカ

イメージ 4

モンゴウやコウイカはモイカ(アオリイカ)ほど引きませんが、
重いっス・・・

次はモイカッ!とエギを投げ続けますが、全くアタリません

面白くないシ、寒くなってきたので元の場所に帰ります

嫁さんに「釣れたケ?」と聞くと、
「キスがよーアタる」との事

敷石に降りれるようになってからアタリ出したそうです

話してる最中にもキスを2連で上げています

急いでエギタックルのままライトキス仕掛けに交換し投入

が、

ぱらのいあにはキスは不思議にアタらず、
デカいアカササノハベラぢゃの、エサと間違うような小型のハゼばかり
イメージ 6

なんとかキス2匹だけ釣って、薄暗くなってきたのでエギに戻ります

イメージ 9

再開早々乗ってきますが途中で外れてしまいます

場所を移動して暫く後、ノってきましたッ!

引きからしてマズマズのサイズのようです

『バレるなよ〜〜』と祈りながらゆっくり寄せてタモイン!

イメージ 5

今回デブーのデぢタルスケールで測ると640g

イメージ 7

ええオカズが出来ましたッ!

『もう1杯か2杯!』とエギを投げますがアタリなく、
風も強くなった19時過ぎ終了

お持ち帰りは・・・

イメージ 8

キスは23cm位を頭に14匹(内ぱらのいあ2匹)とモイカに紋甲

あまり期待していなかったのですが、
イカ刺しとキスフライは確保できましたッ!

                                           『どちらも旨そう・・・』と思った方も
                                                     ↓    ↓    ↓

開く コメント(4)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事