全体表示

[ リスト ]

成生岬

昨日は舞鶴の成生岬でした。地図に破線があったので楽に行けるかと思いきや、道は廃道になっており苦労しました。久しぶりにしっかり歩いて今日は腰痛でした。

いつもより画像多めです。

ルート
イメージ 1


イメージ 2


成生の集落はこれぞ漁村という感じです。海がめっちゃ近い。

イメージ 3


イメージ 4


路地
イメージ 5


漁村から破線の道を探して北西の台地にあがるとそこは畑地になってました。小さな区画に分かれた畑はそれぞれ金網やネットで囲われています。イノシシや猿が出るんでしょう。車で走っていても何度か猿を見かけました。おばちゃんがどこへいくのかと聞いてきたので、岬までと答えるが行かれへんとのお返事。もう何年も行った人はいないと言う。数年前に途中まで入ったそうだがそのときも道は分かりづらかったそうだ。心配してくれているようが(事故起こして欲しくないだけかも)、誰も行ってないと聞いてよけいやる気が出てくる(^^


畑を過ぎたところから山道に入る。トラバース道だがしばらく行くと尾根に上る道に変わる。道を見失い地図通り行こうとするが倒木に阻まれる。道を辿るのを諦めて尾根を辿ることにする。尾根はまあ普通の藪コギ。笹やシダの藪はなく潅木や枝が邪魔をしている程度だ。獣の気配の割にはダニは少ない。イノシシの堀起こしはいたるところにある。時々、ドタドタと逃げていく足音が聞こえる。植林も時々ある。213m三角点手前の鞍部に降りるところで黄色のテープを一箇所だけ見かけた。ここはやや藪が濃い。213mは見た目どおり苦しい登り。

たまには気持のいい尾根も
イメージ 6


いい「かたち」
イメージ 7


三等三角点「黒地」
イメージ 8


「海界」ってなに?
イメージ 9



イメージ 10





岬には灯台と砲台跡がある。砲台跡は見ただけでは何の施設か分からず。下記のURLで砲台跡と書いてあった。


成生には日本一のシイがあるらしい
http://www.city.maizuru.kyoto.jp/contents/7d34121117093d4/7d34121117093d42.htm




岬全景。
イメージ 11


砲台跡1
イメージ 12


砲台跡2
イメージ 13


砲台跡3
イメージ 14


砲台跡4
イメージ 15




灯台は見た目新しい。太陽光パネルもある。周りは舗装されてる。近くの木の切り跡は1年以内。灯台か管理道を南へ行くと船着場がある。ここは海路で来るところだ。管理道は擬木の階段や土留めが見られ公園みたいだ。

灯台
イメージ 16



船着場
イメージ 17


管理道
イメージ 18




帰りは往路にとった尾根を戻っていくが途中で谷を下り半島の北側にある浜へ行ってみる。浜の手前で笹薮が出てきて浜に下りるのは諦めた。やや大きめの礫の浜。遠めにみても漂着したごみが散乱しているのが見えたのであまり気持のいい場所でもなさそう。浜から谷を溯って成生の集落へ帰るつもりだったが笹薮がそれを阻む。なかなか谷に近づけず山腹をトラバースしていく。ようやく谷に下りるが予定の谷ではない。この谷を溯り尾根を越えて朝歩いた山道に戻り成生に到着。


イメージ 19



休憩時間も含めて6時間ほどだった。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ううむ、宝物は地形図にあり、ですな。
何やら楽しげなレポに感謝。
海際で風が強い所みたいで、木々の様子がなかなか侘びた感じです。

2009/4/11(土) 午後 2:23 [ iga_walker ]

顔アイコン

おおっ!復活されましたね。
なかなか更新されないので心配しておりました。

2009/4/12(日) 午後 10:41 [ niuyamada ]

顔アイコン

地図で見ていこういこうと思ってましたが、、、
行かれてしまいました、、、
ちなみに写真の浜は文殊浜というそうです。昔は畑があったそうです。

2009/4/20(月) 午前 0:48 [ あほけん ]

顔アイコン

行ってしまいました(^^;
文殊浜ですか、根拠はないけどしっくりする名前です。
浜に入る谷筋にはたくさんの畑跡がありました。

2009/4/22(水) 午後 9:01 [ niuyamada ]

顔アイコン

もう調べられたかもしれませんが海界は、ウナサカ、と読むそうです。ここから先はは海の領域だという事を示す石碑のようです。島国である日本ならではの海への畏怖が込められているように感じます。昔はクジラも来ていたようですし、岬の先から遠見をしていたんではないでしょうか。成生岬は魚付き林として長く保護されてきたようです。成生の人々と海の結び付きを示す碑だと思います。

2009/5/27(水) 午後 8:35 [ あほけん ]

顔アイコン

ウナサカの読みまでは辿りついたのですが、そこで止まってました。
記事では書きそびれているのですが、この標石は尾根上に幾つも並んでいて裏側には番号が振られています。何かの境界のようですが何なのかは良く分かりません。

成生の集落から岬方面への往来は結構あったんじゃないかと思います。地図の「舞鶴市」の文字の辺りは船着場にはよさそうだし、水田のマークも有ります。もしかしたら人が住んでいたかもしれません。

この辺りの魚付き林には日本一のスダジイがあるそうですね。詳しい場所は書かれてませんが東側の突端部のどこかにあるんじゃないかと考えてます。標高の高いところは落葉樹だし、西側は風辺りが強そうです。「鶴」の文字の辺りとか、風島の対岸とかにあるのかな。

2009/5/27(水) 午後 10:26 [ niuyamada ]

顔アイコン

通りすがりにすみません。
「海界」は海軍の境界石だと思いますよ。

2016/5/22(日) 午前 6:54 [ ちと ]

顔アイコン

「金閣寺」の冒頭に成生岬とあり、近くまで車でと思ったんですが。10年も経つとどんな感じでしょうかねえ⁉️
でもどんな所か雰囲気分かります、ありがとうございます👍

2019/1/31(木) 午前 8:10 [ fantasy ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事