ここから本文です
niziiroのブログ
ブログ始めました!

2018年はレオパに夢中でねぇ。
動物取扱業が必要レベルになった。2月8日には家庭動物管理士の試験を受ける予定だが、何も勉強してない。(汗)
なので、ブログはお休みだな。
今年入って中身は別として回数書いたからノルマも達成って事でね。(笑)


今回は、年明け購入したN.maxima Wamenaについて書こうと思う。
rajahaを書こうか迷ったけどね。

maximaもrajahaどちらにしても、流通量のわりにブログに書いてる人は少なそう。
maximaにいたっては、ウェブリーフは人気ある位でそれ意外は微妙かな。
集めたら面白いコレクションになると思うのだが、、、。
ハイランド以外で異常に人気の高いのは、在来系のventricosaがスゴイね!!!!。綺麗だから納得だけど。
島物ロカリティになるとマイナー種扱いだよね。不思議。


イメージ 1

N.maxima Wamena Y's

イメージ 2

袋その1

イメージ 3

袋その2

N.maximaは、ボルネオ島(カリマンタン島)、スラウェシ島(セレベス島)、モルッカ諸島、ニューギニア島の標高1,100〜2,500mに分布。

イメージ 4

インドネシアの地図 ネットより拝借


世界地図で見てもらうと分かる通り、ボルネオ島、スラウェシ島、モルッカ島、ニューギニア島と横に連続して広範囲に分布している。
逆に、スラウェシ島をセレベス海で挟んだ上にあるミンナダオ島には分布していない。ミンナダオ固有種としては、N.truncataがある。

この点から、想像だが。
大昔、海抜が低く島々が陸続きだった際にmaximaもしくはmaximaの祖先が、広く分布か標高の高めのエリアに分布していたと推測する。
ただ、ミンナダオ島とは深い海溝のセレベス海やスールー海に阻まれ、進出できなかったのではと思う。
truncata側も同じく南下できず。

また、その頃はボルネオ島も大陸と陸続きであったが、温度環境的に北上限界があったと考えるのが妥当かな?
同じ様に、赤道に近いスマトラ島にも分布がキツかったと想像する。
もしくは、単純に分布拡大中に海に没したか。

単純な分布はこんな感じだが。
正直言うと、maximaの括りが大雑把すぎせんか?
これだけ広範囲に分布してる為もあり、地域個体や変異個体が多過ぎ。
ザ・マキシマ!!もあれば、えっマキシマなの?もある。
我が家は後者しか持ってないが。
今回の紹介したN.maximaも、一般的なパワフルで毒々しいタイプではないと思われる。


イメージ 14

ネットより拝借 m(__)m
ワメナの位置はニューギニア島の中央部。もう少しでパプアニューギニアになる。
ググってもらえば分かるが、原住民族の近くぽい。未開の地?

またニューギニア島の西側は、第二次世界大戦後、紆余曲折を得て国民投票によりインドネシアに吸収統合されたが。未だに独立の意識もあり、政情や治安が心配されている地域。また鉱物資源も豊富で、インドネシア政府が資源を盗まれないかピリピリしている。

そんなエリアのネペンなので大事にしたい。
失ったら現地から簡単に入るのか不安である。



イメージ 5


今回のWamena産の特徴としては、
葉の先端が丸いタイプである。
現時点で葉は厚みは薄く、毛深さも無い。
(葉の厚みは栽培環境で変わるので参考程度に思って下さい。
因みに、乾いた室内かつエアコンの風が当たる場所に3時間ほど仮置きしたら新葉と新芽を残して他の葉が萎びたには衝撃だった。笑)

あと、とても特徴なのは、葉の中央の主脈が赤い、軸元も赤い。


イメージ 6


袋は寸胴でシャープ感は無い。
また、袋のリップは薄く。将来的にも襟の発達は弱いタイプと思われる。
袋は、赤い斑点模様だが、陽がよく当たると全体的に赤くなりそう。


参考までに

イメージ 7


産地不明のN.maxima(ソウマ)
葉が波打ち、先端が角張っている。
毛深い。


イメージ 8

スラウェシ島のN.maxima(Celebes Souma No.2)
葉が波打ち、先端は丸い。
毛深い。ワックスでテカテカ。


イメージ 9

産地不明のN.maxima(在来種)♂山本
葉の波打ちは無く、先端は丸いと言うかシャープ。


イメージ 10

スラウェシ島 ポーソ湖の
N.minima Lake Poso CK
葉の波打ちは無く、先端は丸い。
葉が薄めでペラい。


N.maximano袋の観察会は春にでも♪


イメージ 11

N.maxima Wamena

イメージ 12

N.maxima Wamena
将来はこんな感じかね??

イメージ 13

ワメナ関係ないがクロッシーとの自然交雑

イメージ 1

N.truncata × ×trusmadiensis EP

EPの初期リリースの貴重な生き残り。
ヤフオクで購入。
(出品者様に何故か評価が出来ず、心残りがずぅーーーととある。)
譲って頂いた時から株も大きかったので、苦戦せず育て易い印象がある。
そのせいか面白味を感じず長年放置してた。
良い株だと思う。

イメージ 2

2019.01.07
脇芽は、これも1年は放置した結果デカイ。
勿論、収用不能なので室内放置。

イメージ 3

2019.01.14

イメージ 4

2019.01.21
デカイから体力も問題なさそう。

アウラパパさんにTwitterで間違えてロートラの脇芽が、、、と言ったのは間違いで、トラスマでした。(汗)
期待させて申し訳ない。m(__)m

イメージ 1

N.veichii × burbidgeae EP
ごく普通の交配種
ネペンを始めた頃に買った子。とは言っても3年前位かな?
一度足りとも植え替えもしてない。買った時のポットのまま。(笑)
我が家の殆んどの株が買った時の黒のビニールポットやプラ鉢のままですわ。

イメージ 2

2019.01.07
1年は放置したのでデカイ。
収用不能なので室内放置へ

イメージ 3

2019.01.14
この交配種も葉が水をはじく

イメージ 4

2019.01.21
順調でしょう。

イメージ 1

イメージ 2

N.ventricosa clone BE-3278
Mt.madija-as
Hiro's Pitcher Plants
他のBE-3278クローンと違い、袋のクビレがはっきりした砂時計の様な形を着ける変異株
10ヶ月位、脇芽を放置した。(笑)

イメージ 3

2019.01.06
脇芽を挿し木
デカイのでワーディアンに収用せず室内に放置

イメージ 4

2019.01.14
順調に展開

イメージ 5

2019.01.21
下葉が黄色くなったけど問題無いでしょう。
新葉も袋も成長中


Madija-asのブーケイはベントリの可能性もあるとかないとか。
ブーケイなのかベントリなのかの判断は素人には分かりませーん。
こ奴は、一応ベントリのクローンです。

元株撮り忘れた。
葉がカールしてるのが特徴。ウイルス系の病気かロカリティ特性なのか不明?

イメージ 1

2019.01.06
大きく育った脇芽を挿し木
ワーディアンケースへ

イメージ 2

2019.01.14
新葉の展開が早い

イメージ 3

2019.01.21
順調

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事