演歌人

演歌・旅行・釣り・車・写真その他趣味など多載に・・・

その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ ]

クリスマス前なのか?毎年の事ながら、私の家の近くでイルミネションが
一段と豪華になり、道行く人たちを楽しませています♪ここに紹介しますのは、
個人の家と自動車の修理工場です、電気は太陽電池(ソーラー)です。

クリスマスイルミネーション(個人の家)
イメージ 1

修理工場のイルミネーション
イメージ 2     
小春日和に輝いている!!    
イメージ 1     
落葉寸前!!
イメージ 2

どんぐり♪ころころ!落葉です!
イメージ 3
先日、以前に紹介しました「どんずる峰」に行きましたが、
くぬ木や、ならの木が紅葉も最後で落葉寸前でしたが、小春日和に
輝いて頑張ってる葉もあり♪どんぐりころころ!いよいよ落葉!寒さ近しです。    
 今回は、関西で有名な山(日本200名山)、大和(奈良県)と河内(大阪)の国境に一際悠然と聳える山金剛山を紹介します。
 中村美律子さんの「かわち男節」でおなじみの、河内(大阪)から眺める金剛山脈(生駒山・葛城山・金剛山・・・)中でも一際高い金剛山は、春・夏・秋・冬の四季をとうして登山者が絶えず、
 現在の金剛山には、他の山ではあまりみられない珍しい、登山の回数の記録システムがあります。会員になりますと登山毎に山頂で回数スタンプを捺印してもらえ、回数の記録を山頂の回数掲示版に登山者の名前と登山回数を掲示されています。登山回数100回以上の登山者には毎年5月3日に表彰式が行われ、最高記録者は1万回の金剛登山回数が記録されていますが、毎日登山しても25年以上の年月が必要となる計算です。以前は一日に複数回登山をして捺印してもらえましたが、現在は一日一回です。
大阪市内からでも車で60分程度の距離にある為、健康登山、回数登山の山としても有名で、手軽に登れる山で、朝の出勤前や、夕方仕事が終わってから毎日登山に来る人も多くおられます。
 金剛山周辺には太平記の英雄楠木正成の城であった千早城、上赤坂城、下赤坂城の城跡や楠公誕生地など、正成ゆかりの史跡が点在し、楠木正成の菩提寺であった観心寺には、正成が少年期を観心寺で過ごした記録も残っていいます。
 標高1125メートルで金剛生駒国定公園に指定されています。

緑一色に包まれた登山道
11月になれば途中に紅葉の綺麗な所も多くあります
イメージ 1

多くの登山者が杉並木の林道を
頂上をめだして・・・・
イメージ 2

やれやれ・・頂上だ!!!
イメージ 3

頂上の休憩場前の広場で賑わう登山者
イメージ 4

金剛山頂、標高1125メートルの国見城址
イメージ 5

昭和9年に弘安海より奉納された、牛王の由来の書籍板
イメージ 6

金剛牛王像
イメージ 7

金剛牛王像
イメージ 8

十三重の塔
しだれ桜の横にあり、有縁無縁の供養塔
イメージ 9

宝剣塔
葛木神社の西山にあり、後醍醐天皇及び大塔宮の宝剣を埋め
供養の為に建立されたという足利時代の石塔で、形式は宝篋印塔です
イメージ 10

夫婦杉
樹齢500とも云われる杉の大木が根っこで繋がり仲良く2本がそびえ立つ
イメージ 11

夫婦杉
イメージ 12
過日、園城寺「三井寺」の山頂にあります、西国三十三番札所にお参りをし、月川るりちゃんに新曲「恋の専念寺」のヒットを祈願して下山し、仁王門の前のレストランで、大津名物の「大津そば」を食べましたが、隣席で食事をしておられた、中年のご夫婦が話しておられるのを、耳にして驚くいましたよ、最近、身内で葬儀があり、時世がら質素に行われ翌日菩提寺に葬儀でのお経のお布施を持って、お礼方々満中院のお願いに行かれたところ、「戒名料」を、75万円戴きますと言われて、葬儀代より高いのはと聞かれたそうですが、故人にはよい戒名をお付け致しましたのでとのこと、仕方なく後日戒名料を持って行かれたそうです。失礼かと思いながらも詳しく話を聞いて、「ああぁっと驚きましたよ」戒名料の相場なんて、めちゃめちゃ!いい加減な値段ですね。帰ってからインターネットで調べますと、4万円位でどんな戒名でも頂けるのです。(いいサイトがありましたよ) http://www.kaimyo.net/

園城寺「三井寺」の仁王門
徳川家康により甲賀の常楽寺より移築、寄進された門
イメージ 1
一切経堂
イメージ 2
一切経堂の中
イメージ 3
三井の霊泉
左甚五郎の龍
イメージ 4
三重塔
徳川家康により寄進された。本は奈良県・比蘇寺の塔で室町時代の建築
イメージ 5
観音堂の境内
イメージ 6
観音堂
イメージ 7
観音堂境内より眺望する琵琶湖
イメージ 8

笑い栗と葡萄

るりちゃんのキャンペーンの途中で黄色の看板が見えてきたので、よく見ると「笑い栗」と書いてある。
立ちよって見ると、昔懐かしい「米に熱と圧力をかけて弾かせる」圧力機で弾かせた栗で出来上がった栗が写真のように笑っているように見えるから。この辺は「ちかつ飛鳥」の近くで河内の葡萄の産地でもあり、ワインでも有名な所です。葡萄の収穫も終わっている所もあり、店内の鉢植えの葡萄を写してきました。
イメージ 1
笑い栗
イメージ 2
鉢植えの「ピオーネ」
イメージ 3

鉢植えの「キングデラウエア}
イメージ 4

鉢植えの「ロザリオビアンゴ」
イメージ 5

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事