過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

再稼動への安全性

安全であるから原発を再稼動させる。
なんとも言えない発言を著名な政治家達は黙認しているもんだと思います。
日大経闘委の中では最右翼を体現している先輩のIさんが先日話していた冗談ともつかない話を思い出した。
 
なぜ、あんなに安全な原発を東京や大阪という都市部に置かないのかといった内容だったと思う。
都知事は、少しでも危険性のあるものを首都の中枢うに置くわけにはいかないと言うだろう。
宮内庁は、皇族の方々に危険が及ぶことを懸念する。と言うだろう。
大阪府知事は。あんなもんは人の少ない地方にあればいいんだと言うかも知れない。
地方税や固定資産税は貧困している地方が受けるべきだと、赤字財政対策を売りに当選した彼は放言するだろう。
 
彼らに東京都や大阪府に原発を誘致する気は無いだろう。
危ないからである。 都民、府民を危険な目にあわせるわけにはいかないのだ。
だから黙っているのだろう。
 
野田某も、東京に原発を誘致する根性はないのだろう。
そんなことをしたら、我れ関せずを通してきた国民の総反撃をくらうことが目に見えているから。
無関心層の意識を目覚めさせてしまうと、政治生命が絶たれてしまうことを知っているから。
 
最大電力消費量を叩き出す都心部に原発を誘致しないのは、危険だからという証明だろう。
 
再稼動を認めた首長は膨大な資金の捻出に成功するわけである。
何も起きなければ、永代に渡る地元の名士でいられる。
起きたら、地元民の命と未来を金で売った売国奴である。
その選択に苦慮しただろうが、起きるかどうかわからないものと、確実に毎年入ってくる地方税では勝負にならない賭けである。雇用の安定と潤沢な資金の前に這いつくばってしまうのもうなずける。
ましてや、過去にその恩恵を受けていたところは、また受けることになる事態に抵抗は無い。
それでも再稼動を拒否できる首長は皆無だろう。
 
原発が危険である限り、首都に原発を誘致し、無関心層の反撃を抑えることのできる政治家はいない。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事