ここから本文です
刺激的な毎日を送りたい。

書庫全体表示

エアコンの電気代

が気になる季節になりました。

冷房もさることながら、

エアコンの暖房

では、冷房以上に電気代がうなぎのぼり
になる可能性があります。

消費電力が大きい


イメージ 1


エアコンの場合、冷房より暖房の方が
消費電力が高くなります。

したがって必然的に暖房の方が
月々の電気代がかかっている事
が多いと思います。

電気代節約の対策


まず「省エネエアコン」を探すことですね^^

しかし!

最近のエアコンはどのメーカーの製品でも
しっかりと省エネ規格された製品が多く
なっていて、

メーカーごとの省エネの差にいい大きな違いが
なくなってきました。

各メーカーの機種やシリーズ別を比較すると


そこで、各メーカーのシリーズ型番
で省エネ比較してみると、

グレードの高いエアコンほど省エネ機種

というパターンが多いです。

しかし!グレードの高い機種ほど、
お値段も高くなりますので、

購入価格も検討しなければいけません。

ただし、グレードの高い機種シリーズは
省エネ基準が優れているだけでなく、

様々な素晴らしい機能が搭載されて
います。

  • 空気清浄機能
  • AIによる温度調節機能
  • 加湿もできる機能
  • 熱交換器など本体内部自動清掃機能

などなど、その機能は様々です。

これらには大きな魅力を感じることが
できますので、総合的に見て、あなたに
とって一番のエアコンを探してみましょう。

電気代を根本的に見直す


エアコンでの電気代節約も気になりますが、
今の時代は、

もっと根本的に家庭での電気代を見直す

こともできます。

電気会社はすでに自由競争が始まっています。

関電とか東電とか今までの電気供給会社
以外にも多くの電気会社が誕生していて、

より電気代を安く使える状況が整っています。

いま最もおすすめできる電気代節約の
会社はこちら。↓


まとめ


今年の夏は今までにない猛暑でした。

その影響はまだ続いているようで、
今年の冬は暖かい日が多くなっている
ようですね。

しかし、来週から急激に寒くなると
いうことですから、しっかりと冬対策
を進めておくべきです。

温度変化による体調不良には十分気をつけましょう!



















この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事