ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫全体表示

トークゲストは町田康さん。香川「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」で猫づくし「猪熊弦一郎展 猫達」

Webマガジン コロカル 8月21日(金)13時7分配信
コロカルニュース vol.1240
香川県丸亀市のJR丸亀駅前にある、巨大な壁画やモニュメントが特徴的な「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」。「いのくまさん」の愛称で親しまれた、丸亀市ゆかりの画家、猪熊弦一郎の名を冠した美術館です。

【写真ギャラリーで見る】トークゲストは町田康さん。香川「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」で猫づくし「猪熊弦一郎展 猫達」

1991年のオープン以来、いのくまさんの作品を常設展示しているほか、国内外の優れた作家による展覧会を行っています。館内カフェも充実していて、市民が気軽に訪れて憩える、開かれた美術館です。

ただいまこの美術館で、企画展「猪熊弦一郎展 猫達」が開催中です。猫は、いのくまさんが好んで描いたモチーフのひとつ。夫婦ともに猫好きだった猪熊家では、一度に一ダースの猫を飼っていたこともあるんだそう!

画家が、猫とともに暮らすなかで描いた猫の姿は、写実的なスケッチ、シンプルな線描、デフォルメした油彩画と実にさまざま。美術館の収蔵作品のうち、「猫」をキーワードに洗い直してみたら、なんと700点以上の猫絵が見つかりました! 展覧会では、それらの絵を、作風や技法、他のモチーフとの組合せなど複数の視点からご紹介。ユニークな「猫達」の姿を堪能いただけます。

展覧会最終日の2015年9月27日(日)には、作家でミュージシャンの町田康さんをゲストに迎えて猫をめぐるトークを繰り広げるクロージング・トーク「猫をえがく」を開催します。猫を飼うことと猫を言葉で描くこと、そして、いのくまさんの猫の絵のことなど、猫についてたっぷり語っていただきます。インタビュアーは、猫×クリエイターがテーマのウェブマガジン「ilove.cat」主宰の服部円さん。

香川まで行くのが難しい、という方には、「猪熊弦一郎猫画集 ねこたち」をどうぞ。この画集は、総登場猫数、690匹!いのくまさんの猫愛あふれる猫絵の数々、そして猫について書いた原稿も収録した猫満載の一冊です。谷川俊太郎による特別寄稿も収録。頭の中まで猫が住み込んでしまった画家による、愛のデッサンをお楽しみください。また、ilove.catによる猪熊弦一郎「ねこたち」ステッカーなどは、ilove.catストアから通信販売が可能です。こちらもぜひ!

「猪熊弦一郎展 猫達」
会期:2015年9月27日(日)まで
時間:10:00−18:00 (入館は 17:30 まで)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 展示室 A
住所:〒763-0022香川県丸亀市浜町80-1
観覧料:一般 950 円 (760 円) 、大学生 650 円 (520 円) 、高校生以下または 18 歳未満・
丸亀市在住の 65 歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
協力:ilove.cat

クロージング・トーク「猫をえがく」
講師:町田康 (作家、ミュージシャン)
日程:2015年9月27日(日)
時間:14:00〜
場所:2階ミュージアムホール
聴講料:無料

画集「猪熊弦一郎猫画集 ねこたち」
企画:ilove.cat
出版:リトルモア


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員、white-screen.jpライター、A4Aコーディネーターなどを経て現在フリーランスのライター/エディター。FITC Japanese Ambassadorなど、海外と日本のデジタル・クリエイティブを繋げるための活動も行う。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!
最終更新:8月21日(金)13時7分
Webマガジン コロカル

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事