ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫全体表示

八水高実習船「青森丸」 国際航海終え帰港

デーリー東北新聞社 11月17日(火)11時36分配信
 青森県立八戸水産高(久慈惠司校長)の実習船「青森丸」(660トン)が16日、ハワイ北西海域などでの2015年度第1次国際航海実習を終え、八戸港に帰港した。同港館鼻岸壁では、水産工学科2年生34人ほか実習生45人が、迎えた家族らに帰港を伝え、約2カ月半にわたる実習でたくましく成長した姿を見せた。

 青森丸は9月3日、実習生ら67人を乗せて出港。マグロはえ縄漁業実習では計37回操業した。

 八戸に帰港途中、神奈川県の三崎港に寄り、メバチマグロなど約27トン(約2600万円)を水揚げ。航行距離は約2万3400キロにわたった。

 帰航式では、久慈校長が無事の帰港を喜び「机の上だけでは学べない大切なものが、皆さんの心と体に染みついたはず。今後の学校生活や人との関わりの中で、必ず生かされる」と生徒らをねぎらった。

 水産工学科2年の松崎優樹君が代表で実習終了を報告。「多くのことを学び、楽しい思い出ができた。今後、成長した姿を大勢に見せたい」と述べた。
デーリー東北新聞社
最終更新:11月17日(火)11時36分
デーリー東北新聞社

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事