ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫全体表示

鎌倉で御朱印帳作り 手拭い専門店の300柄からお気に入りの1枚選んで /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 2月24日(水)8時10分配信
 鎌倉の手拭い専門店「拭うnugoo鎌倉」二の鳥居店(鎌倉市小町2)で2月27日・28日、「300柄のnugooオリジナル手拭いから自分だけの御朱印帳を作ろう」が開かれる。(湘南経済新聞)

「拭うnugoo鎌倉」オリジナルの御朱印帳。今回はお気に入りの柄の手拭い1枚を選び専門家の指導でオリジナルの1冊を作る

 御朱印帳作りを長く手掛け、1年ほど前からは鎌倉でもワークショップを開いているmiwaさんと同店の共同企画。

 「表装用に思い出の古布や生地などを参加者に用意していただくことから始めた講座だったが、あらかじめこちらで用意した生地の中では特に『nugoo』さんの手拭いは人気が高かった」と話すmiwaさん。一方、同店の堀田祥子店長も「手拭いを使った御朱印帳を作って販売したところ、お客さまからの反響が大きく驚いた」ことから、今回のコラボが実現した。

 同店には大仏や寺社をはじめ鎌倉や四季などをモチーフにした柄から、古典柄、モダンなデザインまで300柄の手拭いが並ぶ。参加者はその中から表装用に1枚を選んで購入する。

 会場は同店2階にある日本茶専門店「nugoo cafe茶釜」。若宮大路を見下ろす明るい店内で、選んだ手拭いを蛇腹状の冊子に表装していく。道具などは用意するので手ぶらで参加できる。

 終了後に抹茶と和三盆のセットを提供。同店スタッフが作った「鎌倉江ノ島七福神めぐり」マップも進呈する。

 miwaさんは「300もの柄の中からお気に入りの手拭いを選ぶ楽しみ、オリジナルの御朱印帳を作る楽しみ、それを実際に使う楽しみを実感できる。完成したら同店のスタッフが制作したマップを持って、その足で神社仏閣へ向かいたくなるはず」と話す。

 開催時間は両日共9時50分〜12時。参加費は3,200円。手拭い代は別途。申し込み方法はホームページで確認できる。
みんなの経済新聞ネットワーク
最終更新:2月24日(水)8時10分
みんなの経済新聞ネットワーク

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事