ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫全体表示

自信がなくても、「よーい、どん」で走り出したら全力で ――綾瀬はるか流・女優の「続け方」

7/9(月) 17:04配信

リクナビNEXTジャーナル

プロフィール
綾瀬 はるか(あやせ・はるか)
1985年、広島県生まれ。2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞しデビュー。04年、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』で注目を浴びる。07年、『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。13年、『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演および主演。おもな出演作にドラマ『白夜行』(06年)、『JIN-仁-』(09年、11年)、『精霊の守り人』(16年〜18年)、『奥様は、取り扱い注意』(17年)、映画『海街diary』(15年)など。18年7月10日(火)夜10時スタートの主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)では初の義母役を演じる。
数々の話題作に出演し、2018年7月期のドラマ『義母と娘のブルース』(7月10日(火)夜10時スタート)でも主演を務めている綾瀬はるかさん。今や女優として確固たるキャリアを築いているが、デビュー当時は目標が見えず、芸能界をやめたいと考えたことも一度や二度ではなかったという。そんな彼女に女優としてのスイッチが入り、全力で仕事に向き合うようになったきっかけは?

演じたことのない役がまだまだあるってことが面白い

――ドラマ『義母と娘のブルース』では主人公・岩木亜希子を演じていらっしゃいます。娘を持つ男性と結婚して突然母になり、家事や育児に悪戦苦闘するキャリアウーマンという役どころですが、オファーをお受けになった時のお気持ちは?
「え、義母!?」と思いました。「義母」という言葉が耳馴染みなくて(笑)。でも、脚本を読ませていただくと、亜希子さんのキャラクターに惹かれました。亜希子さんは義母なんだけど、家庭を作るということや、子どもに対して一生懸命向き合っている。誰に対してもすごくていねいに敬語で話すところも素敵だなと思って、プライベートでも真似をしてみたのですが、距離感が生まれて相手を面くらわせてしまい、逆効果に…。亜希子さんに感化されて、自分のキャラが迷走中です。
――これまでもドラマ『JIN-仁-』で可憐な武家の娘・咲を演じたかと思えば、ドラマ『精霊の守り人』では女用心棒・バルサとしてアクションを披露したりと幅広い役柄を演じてこられました。その時々でやってみたい役柄というのがおありになったりするんですか?
「こういう役をやりたい」というのはあまりなくて、いただいた役を納得いくまでやりたいと思っています。希望を言わせてもらうとすれば、やったことがない役に挑戦してみたいというのはありますね。ただ、ありがたいことに結構いろいろな役をいただいてきて、最近は「もうこれ以上新しい役はそんなにないかな」なんて心のどこかで思っていたりもしたんです。そんな時にまさかの義母役をいただいて、演じたことがない役がまだまだあるんだな、毎回新しいことに挑戦できるって面白いなと感じています。

1/3ページ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事