ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫全体表示

女ひとり大相撲「足立場所」へ。巡業は朝イチで行くのがおすすめな理由

4/26(金) 15:10配信

DANRO

大相撲を見ていると、力士って旅人みたいだなあと思います。彼らは全国を巡業している、まさに「会いに行けるアスリート」。

【写真特集】筆者が見た春巡業の「足立場所」

巡業とは簡単に言うと、年6回奇数月にある本場所の合間、2月と6月を除く偶数月に行われる、本場所よりもカジュアルで、力士との距離も近い催しです。

『大相撲手帳』(東京書籍)によると、4月の春巡業は主に東海・関東で開催されます。三重県の伊勢神宮を出発して、靖国神社のある東京方面に向けてルートを組むそうです。

今回は春巡業の中盤に差し掛かった4月18日、「足立場所」(東京都足立区・東京武道館)を見にいってきました。その見どころをレポートします。(池田園子)

念願の握手会で、人気関取と握手してもらう

巡業の朝は本場所よりも早いです。本場所がだいたい朝8時半にスタートするのに対し、巡業は朝8時の開場。そして開場と同時にコンテンツが目白押しです。

私が到着したのは8時50分頃。主な目的のひとつは、関取(注1)との握手会です。昨年の巡業では握手会があることを把握しておらず、会場入りしたのは昼過ぎでした。

だから今年は、握手会を体験したいと思っていたのです。関取が2人1組で15分ずつ、計8人が握手会を担当します。

玉鷲関と千代大龍関に握手してもらうことができました。玉鷲関は笑顔が可愛くて、千代大龍関はフレンドリー。

どの力士が握手会の担当なのか、当日行ってみないとわかりませんが、早めに行って損はないでしょう。

会場1階で関取とふれあえる

握手会後は会場をうろうろします。まだ早い時間帯なだけに、観客の数がまばらです。

1階通路を歩いていると、関取たちがウォームアップやトレーニングをしたり、仲良し同士で話したりしています。

本場所中には考えられないことですが、会場の隅に人気関取らが普通に立っていて、それぞれ思い思いのことをしているのです。

本場所中だと入り待ちや出待ちをしないと間近で見られない関取衆ですが、巡業では会場内を歩き回っているだけで、すぐそばで見られる。なんて贅沢な時間でしょう。

このときにサインをもらったり、写真撮影をしてもらったりすることもできます。握手会で“推し力士”と握手できなくても、チャンスはあるかもしれません。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 15:10
DANRO

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事