ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫全体表示

「買っても着ない服」を買わないためのコツ!3

7/21(日) 22:32配信

サンキュ!

「安いから」「かわいいから」「子どもの物だから」という理由でつい洋服を買いすぎてしまった……なんてことありませんか? どんなに他の費目をやりくりしても、被服費を使いすぎれば貯蓄は簡単に崩れていきます。そこで今回は、お金のプロに聞いた、「洋服の″うっかり買い”を防ぐための方法」を伝授。まずは、チェックテストで「自分の買い方タイプ」を診断してみましょう。

<教えてくれた人>
大上ミカさん
マネーライター、ファイナンシャルプランナー。1000人以上の貯まる人を取材し、数々の共通点を発見。著書に『お金が勝手に貯まりだす暮らし』(リベラル社)。

〝服のうっかり買い”タイプ別チェックテスト

3つのタイプのチェック項目で、自分に当てはまるものが最も多かったものが、あなたのうっかり買いタイプです。対策も参考に!

1:運命の出合いで赤字タイプ

□服は「探すもの」ではなく「出合うもの」だと思う
□服を選ぶにはインスピレーションが大切だ
□色違いで同じ服を2着買うことがある
□多少高くても今買わないと二度とチャンスが来ないと思う

「ステキ!」と思うと、予算を度外視してしまうあなた。おしゃれな自分の直感を信じて物欲に走り、現実的な使い勝手が抜け落ちてしまうのが弱点です。結果、「大好きだけど着ていない服」のせいで貯蓄が手薄に!

2:安物買いで銭失いタイプ

□欲しい物がなくても、取りあえずセールには行く
□「50%オフ」など、お得な服を見つけることが得意だ
□セールで買うなら、いちばん欲しい服ではなくても「ま、いっか」と思える
□安くてお得な服を買うから、ぜいたくはしていない

お得な物が大好きで、買ういちばんの理由が「安い」になりがちなあなた。「デザインはイマイチだけど70%オフだから」と妥協して買うため、飽きるのも早め。また次のセールへと出かけ、被服費の出費が永遠に減りません。

3:子どもの服代が青天井タイプ

□自分の服より子どもの服にお金をかけがち
□子どもには素材のよい物を選びたい
□子どもには高くてもおしゃれな服を着せてあげたい
□子どもの好きなイラストモチーフの服を見つけたら買ってしまう

「子どものため」と思うと、どんな費目より優先順位が高くなってしまうあなた。服も靴も必要以上に買いがちで、ブランド品にも手を出し、被服費がふくらむ傾向が。気がつくとカードに頼り、家計が火の車に!

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 22:32
サンキュ!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事