ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫全体表示

水分摂取量は適正? 「舌」の状態を見れば体の異常がわかる

7/26(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【歯の疑問 ずばり解決!】(12)

【Q】舌の縁に歯の形の痕があるのに気づきました。以前はなかったきがするのですが、悪い病気でしょうか

【A】いいえ、悪い病気ではありません。これは「歯痕舌(しこんぜつ)」という状態です。

 診察をしていると、口腔内の症状で歯科医療の範囲では補いきれない“未病”の分野に直面することがあります。対症療法である西洋医学の薬では解決できないケースで、それを解決するために東洋医学や漢方も勉強する機会が増えました。

 東洋医学では、体内の状態を判断するために舌の状態を丁寧に観察します。舌は大まかに言うと、舌そのものである「舌体(舌質)」と、その表面を覆う「舌苔(ぜったい)」とに分かれ、その形態と色調を観察することで病状の進行や寒熱、東洋医学でいう「気」「血」「津(水液)」などを診断するのです。

 東洋医学での「歯痕舌」は、水分の取りすぎが原因で起こることが多いとされています。体内にたまった余分な水分が体に悪さをする「水毒」といわれる状態で、代謝異常が起こっていると考えられ、舌がむくんで歯の圧迫を受けて舌に痕がつくというわけです。

 夏はビールがさらにおいしくなる季節です。でも、もし舌に歯の痕を見つけたら、休肝日をつくるか、飲む量を制限することをおすすめします。

 歯痕舌とは逆のタイプにあたる「水分不足で起こる舌の状態」もお話ししましょう。体が水分不足になり、消耗しているとき、免疫機能が低下したときに舌にひび割れが起こる「裂紋舌(れつもんぜつ)」という状態があります。

 以前、この裂紋舌を「舌がん」と勘違いして不安になり、来院された患者さんがいらっしゃいました。詳しく話を聞くと、トイレに行く回数を減らしたくて水分を極力摂取しない生活をしていたといいます。そこで、必要な水分は摂取するよう指導したところ、1週間後に来院されたときは、すっかり裂紋舌は回復していました。

 西洋医学・東洋医学のどちらか一方だけを妄信せず、病気や不快な症状の原因究明は複合的に考え、両医学の“いいとこ取り”で判断しましょう。

(北沢伊/斉藤歯科医院院長 構成=小澤美佳)

最終更新:7/26(金) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事