ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫過去の投稿日別表示

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ANAの超巨大ウミガメジェット機、日本到着! エアバスA380「フライングホヌ」初号機

3/21(木) 14:50配信

乗りものニュース
3機のうちまず1機、日本の地を踏む!

 ANA(全日空)が日本の航空会社で初めて導入する世界最大の旅客機、エアバスA380型機が2019年3月21日(木・祝)、日本へやって来ました。

【写真】ついに成田へ到着したANAの超巨大機!

 成田〜ハワイ(ホノルル)線に就航することから、ハワイで神聖な生き物とされ、「ホヌ」と呼ばれているウミガメにちなんだ特別塗装がされており、「FLYING HONU(フライングホヌ)」という愛称を持っています。

 このA380型機「フライングホヌ」を、ANAは3機導入。今回やって来たのはその1機目で、「ハワイの空」がイメージされた「ANAブルー」の塗装が特徴です。

 同機はフランスのトゥールーズにあるエアバスの工場を、日本時間きょう21日の午前0時20分ごろに出発(現地時間20日16時20分ごろ)。そして先ほど12時50分ごろ、成田空港へ到着、日本の地を踏みました。

「私どもANAグループは、このA380の性能を引き出し、運航に直接携わるスタッフはもとより、日本そしてハワイの全職員が総力を挙げて、安全で快適な『フライングホヌ』のハワイ就航に向けて準備に入ってまいります」(ANAホールディングス 片野坂真哉社長)

 成田空港第1ターミナルの展望デッキには、到着する「フライングホヌ」を一目見ようと多くの人が詰めかけていました。

 ANAのA380型機「フライングホヌ」は、「ANAブルー」のほか、「ハワイの海」がイメージされた「エメラルドグリーン」の機体、「ハワイの夕日」がイメージされた「サンセットオレンジ」の機体が導入されます。

ANAのA380型機「フライングホヌ」特徴は? まず週3便から

 ANAが導入するエアバスA380型機「フライングホヌ」は、2階建て構造の巨大な機体を生かし、520席という大きな輸送力を確保。ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスという多様なシートを備えます。なおファーストクラスは、ANAのホノルル線で初導入。32インチ大型モニター、ドア付きの個室型空間です。マイルで交換できる特典航空券でも利用可能とのこと。

 日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii(ANA カウチ)」もポイント。レッグレストを上げて、簡易ベッドのように利用でき、専用の寝具も用意されるエコノミークラスの座席です(要追加料金)。

 機内には多目的ルームやクラスごとのバーカウンターも設けられるほか、この就航へ合わせる形で、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港にANAのラウンジも新設されます。

 就航は2019年5月24日(金)。当初は週3便の運航で、2019年7月1日(月)に2機目の「エメラルドグリーン」が就航して1日1便、日曜日と火曜日、金曜日は1日2便の運航になる予定です。

恵 知仁(乗りものライター)

最終更新:3/21(木) 18:31
乗りものニュース


更年期がツラい…40代後半からの心の変化と解決策

3/21(木) 17:45配信

All About
◆更年期に起こりやすい心の変化とストレス

加齢に伴う女性ホルモンの減少により、疲れやすさ、のぼせ、ほてり、発汗、不眠、頭痛、めまいなどのさまざまな体調不良が引き起こされる40代後半から50代前半にかけての「更年期」。

更年期には、体調の変化に伴って憂うつ、苛立ち、不安、あせりなどの感情の乱れも生じ、気持ちが不安定になりがちです。さらにこの時期には、家族の状態もダイナミックに変化していくため、家族関係も危機に陥りがち。まずは、更年期に多い心の変化とストレスからチェックしてみましょう。

◆その1:疲れや体調の変化で、家事や仕事も思うように運ばない

更年期にはホルモン分泌が乱れることで、自律神経系にも影響が現れ、上に述べたような不快な体調不良が起こります。こうして疲弊した体を和らげるためにたくさんの休息を必要とし、少し動くだけでしんどくなって横になりたくなるものです。

そして気がつけば、家事にも手がつかずソファで寝そべってばかり、昼寝をしてばかりの状態になっていくと、「たっぷり休んでもよくならないのはなぜ?」と落ち込み、「だらけているだけでは? 怠けているだけでは?」と自分を責め、「このままの不調がずっと続くのでは」といった不安に襲われがちになります。

また、仕事をしている女性は、毎朝会社に向かうだけでも重労働に感じられ、仕事が終わったらいち早く家に帰って休息をとりたい、といった気持ちになることも多いでしょう。休日はどこかに出かける意欲も起こらず、ひたすら横になって体を休めたいと思う人も少なくないでしょう。そんな疲れやすい自分に自信を失いがちで、「この先、仕事を続けていけるだろうか」という不安を抱えがちになるものです。

◆その2:家族のライフステージが劇的に変化

更年期の年代は、家族のライフステージに変化が現れる時期でもあります。夫は、年齢的にも仕事上での難しい立場に立たされることが多く、管理職の重責に悩む人、リストラの危機に不安を持つ人も少なくありません。こうしたなか、夫は仕事上の問題を考えるだけでも精一杯で、妻の健康状態に目を向ける余裕もないのが現実だと思います。

さらに、子どもの成長と共に夫婦の会話が少なくなっていくと、夫は妻だけでなく、子どもたちとの関係も疎遠になりやすくなります。

子どももまた、思春期、青年期という難しい時期に突入し、自分自身の自立の問題と格闘しています。そのため感情も不安定になりがちで、家庭でも学校でも、小さなことで葛藤したり、衝突する機会も増えていくでしょう。さらに、高齢となった両親からは、体の不調や高齢期の不安を相談されることも増えていき、介護のプレッシャーやストレスを抱えて憂うつ感が重なっていく人も少なくありません。

1/3ページ

最終更新:3/21(木) 17:45
All About

「アルハラ」 過剰飲酒はご法度=花見・酒の季節−救急車呼ぶ前に注意

3/21(木) 17:10配信

時事通信

 大学の卒業式や入社式に伴う宴席から花見まで、酒に親しむ機会が増える。盛り上がりたいという集団心理が加わって過剰な飲酒や「一気飲みの強要」などアルコールハラスメント(アルハラ)とされる行為で急性アルコール中毒に陥り、救急車の出動を要請する事例が毎年繰り返されている。しかし、こうした飲酒の危険性に対する認知度はまだ低い。

 ◇最悪は死の恐れ

 「アルコールを自身の分解能力以上に摂取した場合は、認知機能や身体機能の低下に始まり、意識の混乱などを経て最も深刻な場合は呼吸中枢のまひによる呼吸困難に陥る。このほかにも物を飲み込む嚥下(えんげ)機能が大きく低下してしまい、口の中の吐しゃ物を吐き出せずに気管を詰まらせて窒息に至る危険も生じる。医学的に命の危険があるのは最後の段階だ」

 湘南鎌倉総合病院救命救急センター長の山上浩医師(救急科)は、こう強調する。その上で「呼吸困難や窒息に至る前にも幾つものサイン(兆候)が出ているので、周囲が適切に対応してくれれば、最悪の事態は防げる可能性が高まる」と話す。

 ◇泥酔に至る変化は

 具体的に兆候の変化を追うと―。まず会話がかみ合わなくなったり、飲酒前に比べて感情の起伏が激しくなったりする。次に思考能力や平衡感覚の低下、とっさのときに身をかわせなくなるような反射神経の鈍化などが起きる。さらに意識が薄れて寝込んでしまったり、動けなくなったり、嘔吐(おうと)してしまうといった泥酔状態に至る。

 「最初の段階でも、対人トラブルを引き起こす可能性が生じる。平衡感覚や反射神経に影響が生じれば、転倒や階段の踏み外しなどにつながる危険性が高くなる」と山上医師は指摘する。

 ウイスキーなどアルコール度数の高い蒸留酒を短時間に多量に摂取した場合はもちろん、人によってはよりアルコール度数の低いワインや日本酒、ビールなどでも泥酔状態に陥ってしまう。「アルコール度数が低いから」「大して飲んでいないから」などと油断するのは禁物だ。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 17:10
時事通信

パインアメかと思ったら穴がない...! 「パインアメラムネ」、もう食べた?

3/21(木) 17:00配信

東京バーゲンマニア

あのパインアメから新商品が登場しました。

パインアメを販売する「パイン」は、2019年3月18日より「パインアメラムネ」を販売しています。

ぶどう糖を80%配合

「パインアメラムネ」は、甘酸っぱくてフルーティーなパインアメがそのままラムネになったような商品です。口どけが良く、美味しさが素早く口いっぱいに広がります。

また、ぶどう糖を1製品あたり80%配合しているので、デスクワークなど、集中したいときにもおすすめです。

価格は税込108円。SNSでは、

「パインアメなのにラムネ......えっ? ラムネ? どんな味なんだろう」
  「見つけてしまって、うっかり買ってしまいました」
  「めっちゃ良きお味やん。口の中に入れたらすぐになくなる諸行無常感とほのかに残るパインアメの香りがたまらん」
  「さすがにパインアメラムネは穴を開けるわけにはいかんかったか」
  「ブドウ糖入りで、仕事中の糖分補給にもバッチリだわ」
  「パインラムネじゃなくパインアメラムネなのが良いですね」

といった声が寄せられています。

商品名にしっかり「パインアメ」が残っているのが良いですね。パインアメファンは買ってみては。

詳細は公式サイトで。

最終更新:3/21(木) 17:00
東京バーゲンマニア

一人でも、きっと世界は変えられる。僕がフリーランスで国際協力に挑む理由

3/21(木) 16:11配信

DANRO

今から5年前の春、大学1年生だった僕はフィリピンの首都マニラに滞在していた。

「就活で使える話題作りができればいい」。そんな薄っぺらな動機から参加したスタディツアー。そこで出会ったある一人の少女が、僕の人生を大きく変えた。(原貫太)

【写真特集】ひとりで暮らす人たちの部屋

ツアーがはじまり、最初の5日間はただ活動を楽しんでいただけだった。ストリートチルドレンに炊き出しを行い、スラム街の子どもたちにお菓子を配って写真を撮り、孤児院で折り紙を教える。日本のNGOが学生向けに実施する「お試しプログラム」としてはありきたりな、大学生のボランティアだった。

マニラ滞在最終日の昼。午前中に最後の活動を終え、僕は日本への帰路に就くため空港に向かっていた。

「楽しかった」「日本に帰ってもやれることを続けよう」。初めての海外ボランティアを終えた僕は、心地よい疲労感を感じながら、6日間の思い出を振り返っていた。

そんな時だった。渋滞に巻き込まれ、ふと窓から外を見ると、ボロボロのワンピースを着た7
歳ぐらいの小さな女の子が、渋滞で止まっている車の窓ガラスを叩きながら物乞いをしていたのだ。

彼女は裸の赤ん坊を抱えていた。顔は笑っていなかった。それまでに出会ったどの子どもよりも悲しく、みすぼらしい格好に見えた。

言葉が出てこなかった。「なぜこんな危ない場所で彼女は物乞いをしているの?」。そんな疑問が芽生えるとともに、「僕がやってきた活動はいったい何の意味があったのか」「他にも目を向けるべき問題があったのではないか」と、強い後悔に襲われた。

その時、自然と心の中に芽生えた言葉が“世界の不条理”。クーラーの効いた教室で、興味が持てない授業をダラダラ聞いている僕のような学生がいる一方、飛行機でほんの数時間移動した先には、危険を冒してまで物乞いをしなくてはならない小さな子どもがいる。

どうしてこんなにも世界は不条理なのか、アンバランスなのか。僕は空港に着くとトイレに駆け込み、涙をこぼしていた。

それからの学生時代、僕は駆け抜けるように「国際協力」を続けた。

学生団体を立ち上げ、貧困問題がより深刻とされるバングラデシュで、ストリートチルドレンの生活支援に取り組んだ。アメリカに渡って1年間国際政治学を勉強し、マクロな視点から世界が抱える課題を研究した。ウガンダに5カ月滞在し、元子ども兵の社会復帰支援に携わった。

大学4年生の時には就職の道を捨て、アフリカ支援のNGOを起業した。クラウドファンディングでお金を集めて南スーダンの難民に衣(医)食住を支援し、日本各地でアフリカの実情や国際紛争の解決を訴えて講演するなど、学生ながらバリバリ活動していた方だと自負している。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 16:11
DANRO

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事