ここから本文です
もう、ちょっと。ニュース、てんこもりにしようぜ。

書庫グルメ?おいしそうなもん。

記事検索
検索

全2453ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

注目は「羊肉」と「サケ」 横浜で北海道物産展開催へ

8/31(土) 12:30配信
カナロコ by 神奈川新聞

 そごう横浜店は9月3日から16日まで、「秋の北海道物産と観光展」を開催する。同店で最も人気がある催事で、弁当、総菜、スイーツ、野菜など約60店舗が出店する。

【写真で見る】売り上げ好調、百貨店の化粧品売り場 「私に合う」を提案

 今回は「羊肉」と「サケ」に注目し、ジンギスカン弁当、ラム肉のハンバーガーや、イートインでキングサーモン丼(会期前半)や鮭児(けいじ)握り(同後半)などを限定販売する。

神奈川新聞社

最終更新:8/31(土) 12:30
カナロコ by 神奈川新聞

簡単10分!40代男性の胃と心をつかむ激うまレシピ5選

8/31(土) 12:35配信

All About
◆40代男性が喜ぶレシピって?

体力にはまだまだ自信があるものの、この辺でちょっと身体に気をつけようかなと思い始めるのが40代ではないでしょうか。

ここでは栄養があって健康的で簡単に作れる、40代男性が喜びそうな料理を5つ選んで紹介いたします。

◆1. ホームベーカリーでこねる皮も絶品! 餃子

大人も子供も大好きな餃子は、皮が手作りなら尚更です。生地をこねる作業をホームベーカリーに任せ、できた生地を手でちぎって丸めてのばせばできあがりです。

▼材料33個分

・小麦粉 300g
・熱湯 200㏄
・塩 ひとつまみ
・打ち粉 適量
・餃子の具 適量

▼作り方

1. ホームベーカリーのパンケースに小麦粉と塩を入れ、箸でかき混ぜながら熱湯を注ぎ入れます。

2. 本体にセットして生地作りにあわせてスタートボタンを押して4〜5分、生地がなめらかになればスイッチを切って取り出します。

3. 生地を細長くのばして手でちぎって丸めます。※1個14〜15gで33個できる。

4. 手の平でギュッと押しつぶして、麺棒でのばします。

5. 餃子の具を包んで焼けば、絶品手作り餃子が完成します。

◆2. 切って炒めるだけ! サイコロトンテキ

塩と卵白でコーティングした豚肉を、ニンニクと一緒にフライパンで炒めて、タレをからめるだけです。簡単に作れてボリュームがあって、ご飯がもりもり食べられます。働き盛りのご主人にぴったりの料理です。生野菜をたっぷり添えてください。

▼材料2人分

・豚の肩ロースブロック 250g
・ニンニク 4〜8片
・卵白 小さじ2
・塩 ひとつまみ
・ブラックペッパー 少々
・オリーブオイル 大さじ1

▼タレ

・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・醤油 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1/2
・バター 5g

▼作り方

1. 酒、みりん、醤油、砂糖、オイスターソースを混ぜておきます。

2. ニンニクは皮をむいて2つに切ります。豚肉はスジ切りして、肉叩きで叩いて2cm角のサイコロ状に切ってボウルに入れ、塩と卵白を入れ、手でもんでまぶしつけます。

3. フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて軽く炒めて片側に寄せ、豚肉を入れてブラックペッパーを振って、転がしながら焼きます。

4. 肉に八分通り火が通ったらタレを1/3加えてからめ、煮立ったら1/3加えてからめ、残りを加え、最後にバターを加えてからめます。

5. お好みの生野菜を器に盛り、肉を焼汁ごと盛り合わせます。

1/2ページ

最終更新:8/31(土) 12:35
All About

料理が苦手な人こそ試して!味つけがキマる調味料の配分

8/27(火) 20:50配信

ESSE-online

暑い夏。少しでも料理を時短化して火に接する時間を減らしましょう。
冷蔵庫収納家の福田かずみさんは、冷蔵庫保存する調味料を「合わせ」にすることで料理の時短化を図っているのだとか。今回は、「冷蔵庫に置いておきたい合わせ調味料」について伺いました。

お料理が苦手な人にもおすすめ。合わせておくと便利な調味料

料理をスムーズにするための時短テクニック。今回は料理の味つけで使う調味料について紹介します。

たとえば、肉ジャガ。
甘辛味が人気の日本の代表的なお総菜ですね。味つけには、しょうゆ・みりん・酒・砂糖を使うことが多いと思います。

調味をするときは、毎回それぞれの調味料を出して計量し味つけをするのですが、ときには味が決まらず、甘すぎてしょうゆをたしてみたり、今度はしょっぱすぎて甘みをたしてみたり。
そんなこんなで、毎回味が違う…ということも。

そこで、よく使う甘辛味の調味料はあらかじめ合わせておき、冷蔵庫に常備しておきましょう。

●基本の合わせ調味料と甘口合わせ調味料のレシピ

まずは、「基本の合わせ調味料」を紹介します。

【材料】
・しょうゆ 180ml
・みりん 180ml
・酒 180ml

続いて「甘口合わせ調味料」のレシピです。

【材料】
・しょうゆ 180ml
・みりん 180ml
・酒 90ml
・砂糖 大さじ5

こちらの調味料は、ただ合わせるだけ。煮きる必要もありません。
砂糖を入れた場合は、溶けるまでよく振ってください。

基本の合わせ調味料は、すべて1:1:1になっています。
甘みは、みりんのみですので、ほんのり優しい甘さ。
甘口合わせと比べると酒の量が多く、とくに煮物系の料理に向いています。
一方、甘口合わせは、しっかりと甘さを感じられる配合になっています。

●甘口合わせ調味料を使った鶏の照焼きレシピ

では、ここで「甘口合わせ調味料」を使って鶏の照焼きをつくってみましょう。

【材料(1人分)】
・鶏もも肉1枚
・ゆでたブロッコリーとニンジン(お好みで)
・甘口合わせ調味料 大さじ2

1/3ページ

最終更新:8/27(火) 20:50
ESSE-online

特売肉が超ジューシーになる「漬け込みタレ」の黄金比

8/30(金) 15:46配信

女子SPA!

 特売肉、おいしくなります。

 スーパーで手軽に買える肉と言えば、「豚肉の小間切れ(もしくは切り落とし)」。これって、どちらかというと、おいしさよりも値段を優先させて選んでいますよね。でも、このリーズナブルなお肉が、焼肉屋で食べるような「本格味」に仕上がったら・・・、夢のようですよね!

⇒【写真】市販の焼き肉に、酢とごま油を加えるだけ!

 そこで今回は、手頃な豚小間を使うのに、コク旨&ふっくらジューシーに仕上がる、“超美味・漬け込みダレ”の簡単コツをご紹介したいと思います。

ポイントは、市販の焼肉タレを「ひと工夫」するだけ

 肉をむやみに焼いて、“硬くなった”、“パサついた”経験をしたことがある方は少なくないでしょう。そもそも肉が硬くなる原因は、肉を構成する「たんぱく質」が、加熱によって凝固・収縮しすることによるもの。そしてたんぱく質に保持されていた水分が分離してしまって、肉汁として流出してしまうことで、パサパサ感が出てしまいます。

 つまり、これらを逆手に取れば、なるべく肉を硬くしないような工夫ができるはず。その手法は大きく分けて3つに分類されます。

①たんぱく質の「保水性」を向上させる

⇒「塩分」を加える、「pH」を調整する

※pHとは、水溶液(物質を水に溶かした液)の酸性・アルカリ性の程度をあらわす単位

②たんぱく質の変性を遅らせる

⇒「砂糖」を加える

③たんぱく質を分解して、凝固・収縮を抑える

⇒野菜などに含まれる「たんぱく質分解酵素」を加える

 今回は①と②を重視することに。そして、この環境をなるべく簡単に作り出すために、市販の「焼肉のタレ」を使うことにしましょう。

 そうです、タレには砂糖や塩分がすでに入っていますから、これをベースにして、足りない要素を加えていけばOK。pHを酸性に傾けるために「マリネ」という手法を使うことにします。

肉を「マリネ液」で漬けて焼くだけで、仕上がりが激変

「マリネ」とは、酢やワインを加えて味付けをすることで、肉のpHを酸性側に変化させて、たんぱく質の保水性を向上させる料理法。そもそも焼き肉のタレは、焼いた肉の“つけダレ”として調合されているものが多く、“漬け込む”ことや“加熱調理”を重視・想定したものではありません。そこで、タレに「酢」を加えることに。また、加熱中の水分流出を防ぎながら、風味やコクを与えてくれる「ゴマ油」を追加すること(タレにはすでに入っているものも多いが、もう少し加える)も、今回のポイントになります。

【結論】市販の焼肉タレに、酢とゴマ油を加える!

 分量としては、焼肉のタレ:ゴマ油:酢=3:1:1の割合。例えば、肉量が300〜500gくらいの場合は、焼き肉のタレ:ゴマ油:酢=大さじ6:大さじ2:大さじ2が適量です。

 ゴマ油は、焙煎されたゴマから絞られた「茶色いタイプ」のものを。酢は、米酢の他、リンゴ酢などのフルーティーなものも良く合います。そして、実際に漬け込むのは、とってもカンタン。ビニール袋に肉と調味料をすべて加えて、よくもみ込むだけ。手も汚れません。



 急ぎの場合は、30分〜1時間常温に置くだけでも、それなりの効果がありますが、最もオススメなのは、前夜に作って冷蔵庫保存する方法です。ちなみに、先述の③を実践したい場合は、生生姜のすりおろし(スパイシーに)や、リンゴのすりおろし(フルーティーに)を加えると良いでしょう。

 焼くときの火加減は、少々強めの中火くらい。弱火過ぎると、焼くまでに時間がかかってしまい、肉汁の大量流出につながります。

 はい、焼き上がりました。食べてみると、食感の違いは明らかで、やわらかくてジューシーさを堪能できることでしょう。気になる方は、是非一度お試しください!

 ちなみに、お肉は豚小間切れでなくとも、牛でも鶏でもOKですよ。

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

女子SPA!

最終更新:8/30(金) 15:46
女子SPA!

<スターバックス>リンゴの新作フラペチーノ発売 グリーンとピンクでカラフル&キュート

8/31(土) 9:30配信

毎日キレイ

 「スターバックスコーヒージャパン」の新商品でリンゴを使ったドリンク「グリーン アップル ジェリー フラペチーノ」と「ベイクド アップル ピンク フラペチーノ」が8月30日から販売されている。リンゴの品種や、調理方法、アレンジが異なり、グリーンとピンクのカラフルでキュートな見た目が特徴。

【写真特集】インスタ映え必至! スタバのミラノ発の人気ベーカリーが超おしゃれ

 「グリーン アップル ジェリー フラペチーノ」は、グリーンアップルのゼリーと、シャキシャキした果肉の食感が楽しめる、甘酸っぱく爽やかでクリーミーな味わい。「ベイクド アップル ピンク フラペチーノ」は、ほのかにシナモンが香る焼きリンゴのような味わいとなっている。

 ともにトールサイズのみで価格は580円(税抜き)。全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)で9月19日まで販売。なくなり次第終了する。

最終更新:8/31(土) 9:30
毎日キレイ

全2453ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事