N.K.DANCE日記

N.K.DANCEラボラトリーでの日々の記録

全体表示

[ リスト ]

Can't stop dancin'2014

2014年12月11〜14日

青山劇場にて

4日間6回公演が無事に終演いたしました。

関係者の皆様、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

大勢の名倉ファンにあたたかく包まれた青山劇場でした。

ご来場いただいたお客様からは大きな歓声と拍手とエネルギーを

以前一緒にステージで踊ってきた、先輩や同期、後輩達も遠方から、

そして、数日間舞台裏を支えて下さった多くの方々が

お手伝いをしながらも、ダンサーへエールを送り続けてくれました。

皆さんのお気持ちが、どんなに心強かったことでしょう。

本当に感謝の気持ちで一杯です。

そして、観に行きいたくても来れなかった方、

頑張って下さい〜♪と応援してくれました。おかげで頑張れました!


○○○

観に来れなかった子達が「お話しして!」と言うので書き記す事にしました。

私が留守の間も彩子先生のお話もキチンと聞きレッスンに励んでいてくれたようですね。

子供達も成長しました。


〜オープニング〜

客電が落ち、ミラーボールが回り出し、緞帳がキラキラと輝き、期待に応えるかの様に

緞帳が上がり、客席からは大きな拍手があがりました。

力強く立つシルエットが映る逆階段から、

ざ〜っと舞台のセリが大きく動き、逆階段が正階段へ。

ダンサー全員の表情までが見える正階段はぐっとこみ上げるものがあったと聞きました。

こちらからは、逆階段からセリが上がって行くと2階席の3席目くらいの高さです。

客席からの大きなあたたかいエネルギーが伝わってきました。

曲中でセリの階段から駆け下り、力強く踊るシーンでは客席から拍手も聞こえてきました。

袖にはけると、若手ダンサー達が次々と出てきて激しく踊ります。

目にも留まらぬ早さで、全身をフルに使って踊る一糸乱れぬ群舞。

激しく踊ったダンサー達がす〜っとセンターに集まり袖に散っていった後、

センター奥に1人、優しい光に包まれた、凛と立つレイ子先生。

先ほどの激しさとはガラッと変わり、静寂であり強さと愛としなやかさなを兼ね揃えたシーン。

若手ダンサー達も徐々に増えて、最後は気持ちが1つに、さらなる未来に向かっていました。

とてもドラマティックなオープニングでした。


オープニング他、2時間、様々な作品がどんどん沸き上ってくるかの様・・・

客席では前のめりになり、足を踏ん張ってしまい、筋肉痛だと聞きました。

あっと言う間の夢の時間だったとも聞きました♪


○○○


気持ちが押さえきれず書きました。。

大目に見て下さいね。

名倉加代子先生、青山劇場ならではの素晴らしい演出、
素敵な音楽でエレガントでカッコ良く品のある振付で踊らせていただきました。
リハーサルから愛あるご指導、本当にありがとうございました。
そして、ステージ上で舞う姿を毎回袖から拝見させていただきました。
ダンサーとしても大変尊敬しています。レジェンドです!
日々、ご自身に対しての厳しさは、ステージであのように舞うためだと痛感しました。

スタッフのみなさん、リハーサルから本当にありがとうございました。
素晴らしい照明、音楽、美術、小道具、
舞台稽古で初めて本物を見て感動し気持ちもさらに上がりました。
青山劇場のセリ、大転換。毎回張りつめた緊張感の中で行う作業。
そのプロ魂が一度も事故を起こさず、客席を沸かせました。

Sカンパニーの先生方、先輩方の踊りに対する姿勢、
作品に対する表現の仕方を身近で学ばせていただきました。
今回、出演されなかった先輩が、裏をしっかりと支えてくれました。
気持ちまで支えていただき本当に感謝しています。

後輩達、自分たちで毎晩リハーサルを重ねて良く頑張っていました。
私たちも通ってきた道ですが、本当に本当によくやったと思います。
みんなの真摯な姿に脱帽しました。

将太君もプレッシャーと戦いながらも大変良く頑張りました。
平塚からみんなが楽しみにしていて応援してくれました。
将ちゃんのファイトはみんな大喜びしていました。

そしてN楽屋のみんな〜、劇場入りから千秋楽まで、ありがとうございました。
ステージで踊った後、ほっとする少しの時間、
みんなとの楽しいおしゃべりでとても癒やされました。

終演後にスタジオまで荷物の搬入をしてくれたり、なかなか出来ない事も
引き受けてくれました。

本当にありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。


○○○

今回、先輩方と一緒の作品に出演出来る機会を与えて下さった師匠に大変感謝しています。
先輩方の踊る姿、背中を見て学んでいく中で、踊りに対する厚い気持ち、作品への取り組み方、
名倉ジャズのテクニック、衣装の着こなし方、ステージでの居方・・・。
自分との差が大きく凹んだ事も確かです。
しかし、一つ一つの作品を理解して気持ちを込めて踊りました。

キャンストを終えた今、今まで漠然としていた目標が少し見えてきました。
日々のレッスンで名倉ジャズのテクニックを確実にして
人としての感性を磨き、表現力の引き出しをもっと増やしていきます。

CAN'T STOP DANCIN' 2014 
青山劇場と大きな愛に包まれた、とてもあたたかな、とても良い公演でした。
ありがとうございました。

info@nkdance.net

この記事に


.


みんなの更新記事