ここから本文です
いつもココロは桜満開♪
〜サッカー大好き♪セレッソ大阪+セレッソから世界に羽ばたいた選手を応援する日々のあれこれ。。。

書庫全体表示

期限付き移籍決定

ここのところあまり自宅でゆっくりする時間が無く、セビージャ戦も浦和戦もUPしていないな、何か少しでも…と思っていたところに2選手の移籍のリリースが飛び込んできました。

【丸岡満選手 V・ファーレン長崎へ期限付き移籍のお知らせ】
弊クラブ所属MF丸岡満選手がV・ファーレン長崎へ期限付き移籍することになりましたので、お知らせいたします。
なお移籍期間は2017年7月27日〜2018年1月31日までとなります。
■丸岡選手コメント
「この度、V・ファーレン長崎に期限付き移籍をすることになりました。僕はユースからセレッソ大阪で育ち、2014年にはドイツへの挑戦もさせてもらいました。今の自分がより成長するために何が必要かを考えて、今回長崎での挑戦を決断しました。いつも応援してくださったサポーターの皆様に成長した姿をお見せできるように、本気で頑張ってきます」
 
満の移籍…これは納得というか、いつも気になる存在であった満を見ていて、正直一度外に行ってもいいのかな、と感じていました。

一応ドルトムントファンでもあるので、満がドイツへと渡った時はものすごく嬉しかったし、わずかな時間ではありましたがトップチームのピッチに立った時は言葉では表せないようなドキドキに包まれました。

でもセレッソに戻ってきてからは、その貴重な経験がいい方向に働いていないのでは?と感じ続けていたので、これまでの事は一旦箱にしまって新しい環境に身を置くことで何かが変わるのでは、いや変えなくてはいけないのでしょうね。

もちろん、クラブとしては簡単に手放そうという選手ではないと思うので、一回りも二回りも大きくなって帰ってきてくれる日を楽しみに待ちたいと思います。


【清原翔平選手 徳島ヴォルティスへ期限付き移籍のお知らせ】
弊クラブ所属MF清原翔平選手が徳島ヴォルティスへ期限付き移籍することになりましたので、お知らせいたします。
なお移籍期間は2017年7月26日〜2018年1月31日までとなります。
■清原選手コメント
「この度、徳島ヴォルティスに期限付き移籍することになりました。チームの力になれていなく、そして自分の力不足を感じ、新しいチャレンジを選択させてもらいました。ファン、サポーターの皆さん熱い応援本当に感謝しています。ありがとうございました。」 

こっちは…めちゃくちゃショックです。
少し前に(違うチームだけれど)移籍の噂が出た時から、覚悟はしないといけないと思ってはいたけれど、ものすごく辛い…。

もちろん、選手生命が短いサッカーという競技に移籍はつきもの。今のセレッソでは最も激戦区ともいえるポジションが戦いの場であるキヨがこの選択をしたことは何ら不思議ではありません。

でも、やはり何といっても彼のゴールでJ1に連れてきてもらった私たち。
いつも、どんな時も、ひたむきに一生懸命サッカーと向かい合っているキヨは無条件に応援したいと思える存在でした。だからこそ、懸命に頑張るキヨを「うちの選手」として応援し続けたかったです(セビージャ戦の時も、交代枠をすべて使い切った後もしばらくアップ続けていた姿に胸を打たれました…)。

サポーターの勝手な想いであることは十分わかっています。でも切なくて寂しい。

チームの将来はわからないけれど、でも同じポジションを競う選手層・30歳という年齢を考えると、果たして来シーズンは…と辛くなります。

もちろん彼らしく、誠実に・前向きに考え抜いて、プロとして決断した移籍なのだろうから、徳島で再び輝いてくれることを願うのみです。

2016シーズンのJ1昇格プレーオフ決勝で決めたあのゴールはきっとずっと忘れない。
いってらっしゃい。セレッソ大阪 No18 清原翔平。
イメージ 2
実は私のカメラにはとてもたくさんの清原くんが。
ついついカメラを向けたくなる選手。舞洲でのものが多いのでアップできないなぁーという感じなのですよね。でももうしばらくは彼の写真が増えないんだな、と寂しいです。。。


  • 一応レンタルですが、もしかして片道切符なんでしょうかね?
    彼への感謝の気持ちはめっちゃ大きいし、彼には自分自身が納得いくサッカー人生を送って欲しいと思います。
    徳島、いまは調子いいみたいなので、ぜひ昇格していただいて来年J1で戦いたいです。

    呑完パパ

    2017/7/25(火) 午後 0:32

  • アバター

    ▼呑完パパさま
    どうでしょう。ただ「自分の中で二転三転したし、残る選択もあった中で(移籍を)決めた」と言っていたようなので現時点でクラブが「出す」という感じではなかったようですね。
    このチャレンジの後、クラブももちろん、清原がどういう選択をするのか。
    まだ私今も清原ロス状態ですが、今シーズン残りはDAZNで応援します。

    水玉9号

    2017/7/26(水) 午後 1:35

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事