ここから本文です
いつもココロは桜満開♪
〜サッカー大好き♪セレッソ大阪+セレッソから世界に羽ばたいた選手を応援する日々のあれこれ。。。

書庫全体表示

2017 JリーグYBCルヴァンカップ FINAL 〔埼玉スタジアム2002 入場者:53,452人〕

セレッソ大阪 2 - 0 川崎フロンターレ
[得点者]
前半 1分   杉本 健勇(C大阪)
後半45分+2 ソウザ(C大阪)
イメージ 1

ブログの存在を忘れそうなくらい、久しぶりの更新です、汗
昨日、11月4日はもちろん埼玉スタジアムへ行ってまいりました。

私自身J1チームとしてのセレッソが、いわゆる頂点というものを懸けた試合を見つめたのは過去4回。うち3回が現地で、でした。
それぞれどんなシチュエーションでも敗れて散るというのはこの上なくキツくて辛かったけれど、とりわけ天皇杯で敗れた時に、そのまま表彰式というのは何とも残酷なものだな、と思い知らされました。

準優勝というのは決して恥ずかしい結果ではないはずなのに、2チームだけが迎える表彰式という場では明と暗でしか無い。今回のルヴァンカップ決勝も試合後に表彰式が行われる。なのでその時を迎えるまではワクワクというより不安の方が少し大きかったかもしれません。

そんな色々をものすごくたくさん思いめぐらせての昨日でしたが、セレッソに関わる全ての人が経験したことのない幸せな結末でルヴァンカップを終了することができました。

健勇があんなに早くに先制点を決めてくれたおかげで、リーグNO1とも言える攻撃力を誇るフロンターレに対して守備に徹するプランに専念できたことが全てだったような気がします。
もちろん、一瞬でも集中が切れればやられてしまう、というドキドキとの戦いは観ている私たちにしてみれば生きた心地がしないというか、90分がとてつもなく長くてしんどかったけれど、アディショナルタイムに生まれたソウザの2点目から始まり、試合終了のホイッスル→表彰式→あとグダグダ…と、夢のような時間でした。

セレッソを応援するようになって20シーズン目。
正直なことを言えば、「いつかは優勝」を目指して応援をしてはいても、華やかな舞台で輝く選手と喜びを分かち合うというのは所詮叶わない夢なのかな、と思っている私がどこかにいました。もちろん、悪い時ばかりではないので「もしかして」がちらりとよぎる事もあります。でも、結局はそんな欲張りをしてもまたがっかりするだけなのかな…期待してもまた、悔しさと情けなさを諦めという箱にねじ込んで、気持ちを立て直さなければいけないのだろうから、なるべく考えないようにしよう、と。

でも、尹さんの監督としての力とスタッフの方々の支え、そして選手の頑張り。
叶わない夢ではありませんでした。

もちろん、セレッソに関わる全ての人が思っているように、これは通過点でこの結果以上に大切なのが「これから」。まだリーグ戦もまだ終わっていないし、天皇杯もある。セレッソ大阪がもっともっと魅力的なクラブへ進んでいくと信じて応援していこうと改めて思った、そんな2017年11月4日でした。

個人的にはソウザのゴール後にすごい勢いで駆け寄ってきたスタッフの方たちの姿と、シャケ&康太の喜びと感激に溢れた表情、そしてモリシとユンちゃんのカップを掲げる姿が忘れられません。

そして最後に。
川崎フロンターレは本当に強かった。
元々以前から好きなチームだったので対戦相手になることはとても複雑だったけど、でもその強いフロンターレに勝って優勝できたことは感激でした。
昨日があったから言うわけではなく、残りわずかとなったリーグ戦を獲って欲しいのだけれどな…心からそう願っています。


イメージ 2
ファイナルってこんなにも華やかなのか、と見入っていました。
イメージ 3

イメージ 4
開始1分(実際は1分になってなかった)とアディショナルタイムの得点ってあまり経験ないかもしれないですね。
イメージ 5
試合終了のホイッスルが鳴った時はちょっと頭が真っ白で「あ、写真」って感じ。
イメージ 6
TVでしか見たことのないこの光景。これがセレッソの選手だなんて、夢みたい!!
イメージ 7
あー、今思い出しても嬉しすぎる☆


今日カメラを確認したら、200枚くらい撮ってた…ちょっとびっくり。
ブレブレのも多いので(笑)、ぼちぼち確認しながらインスタに上げようかな。
ここのハンドルネームと同じ感じのアカウント名ですので、もし出会ったら覗いてみて下さい。




この記事に

  • 顔アイコン

    優勝おめでとうございます!
    水玉さんきっと喜んでいるだろうなって思いながら見ていました。
    セレッソが初タイトルだったなんて意外でしたが
    清武も帰ってきて戦力が充実した証なのかなって。
    新しい歴史を刻まれましたね、本当におめでとうございます。

    まさひろ

    2017/11/5(日) 午後 11:11

    返信する
  • 顔アイコン

    水玉9号さん、お久しぶりです!
    僕も埼玉スタジアムで感動的な場面に立ち会えました。みずたまさん、喜んでるだろうなと思ってましたよ(^-^)v

    昨年の雨のプレイオフ。あそこでの勝利があるから今があるんだけど、あの時、今年の光景は全く想像できなかった。

    でも、必死に勝利をめざして、走り、守り、泥臭く得点することの大切さを身を持って学んだからこそ、今年、尹監督の指導を受けとめることができたんだと思います。

    2年間の辛いJ2暮らしも無駄ではなかったと、今なら言えますね(^^ゞ
    本当に全てのことには、意味がある。

    それにしても、清原選手には、この舞台に立たせてやりたかったなぁ。

    これからも、たまにでいいから、コメント書いてくださいね! 削除

    [ しゅん ]

    2017/11/6(月) 午前 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    水玉さんお久しぶりです
    あまりにご無沙汰なので覚えていらっしゃらないかも

    ブログには時々お邪魔させてもらっていて、去年のプレーオフ後とか、尹ちゃんが監督に決まった時とかにコメントしようかと思っていたのですが、ついつい書き込むに至らず…

    遂にタイトル取りましたね!!
    私も埼スタに行っていました
    水玉さんもどこかにいらっしゃるだろうなと思ってました
    あの瞬間に立ち会えて本当に良かった!!
    勝ったら泣いてしまうかも、と思っていたけど、
    私の周りは笑顔の人が多くて、ひたすら喜んでいました
    帰ってから特番観たり、いろんな記事を読んだり、選手のコメント見てしみじみ実感してました
    康太のインスタ見た時が一番ぐっと来たかな

    今年のセレッソには本当に楽しませてもらっています
    尹ちゃんありがとう!スタッフも選手のみんなもありがとう!
    でも曜一朗が言うように、これが通過点となるように、この先たくさんタイトルをとれるように
    これからのセレッソをもっと応援していきたいと思った
    この数日間でした 削除

    [ せんじゅ ]

    2017/11/6(月) 午後 10:26

    返信する
  • アバター

    ▼まさひろさん

    やっとやっと獲れた!というタイトル。
    お祝いコメントありがとうございます。

    キヨもずーっと序盤から怪我で離脱していて、何とかギリギリ帰ってきてくれて嬉しかったー。

    でも本当に大事なのはこれから。何だかこっちの方が妙にプレッシャーだったりします(笑)

    水玉9号

    2017/11/7(火) 午前 0:17

    返信する
  • アバター

    ▼ しゅんさま

    お久しぶりです。コメントありがとうございます。

    本当に去年の今頃の私たちサポーターに「来年は喜び爆発することになるんだよ」と言ったとしても誰も信じないでしょうね、きっと。

    これまでのセレッソはいい年の次は悪い、を繰り返してきましたが、もうそこは繰り返さないように、今度こそ新しい歴史を刻んでゆきたいですね。

    そして、ほんと清原君もあの場で一緒に喜びを共有したかった。とても残念です。

    水玉9号

    2017/11/7(火) 午前 0:24

    返信する
  • アバター

    ▼せんじゅさん

    お久しぶりです。
    忘れてるなんてとんでもない!
    コメントいただいてすごく嬉しいです。

    私も優勝が決まったら絶対泣くだろうと思ってたんですが、涙より嬉しさと安堵感でいっぱいでした。

    今シーズンは大好きだった尹ちゃんが作るチームを応援できるだけで十分幸せだと思っていたんですが、それに加えてこんなサプライズをプレゼントしてくれるなんて!

    どんな情けなくてもずっと好きでいられるのがなぜなのか自分でもよくわからなかったのですが、ようやく報われたというか、やっと振り向いてくれたのかー、と感慨深いです。

    水玉9号

    2017/11/7(火) 午前 0:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事