ここから本文です
いつもココロは桜満開♪
〜サッカー大好き♪セレッソ大阪+セレッソから世界に羽ばたいた選手を応援する日々のあれこれ。。。

書庫全体表示


2018年明けて1月も半分が過ぎ、遅まきながら今年初の更新です。

思えばとにかく残留できれば、と不安でいっぱいのままスタートした2017シーズンでした。

結果
◆リーグ戦:3位
◆ルヴァンカップ:優勝
◆天皇杯:優勝

タイトルを獲れるなんて・元旦までシーズンが続くなんて・二冠達成なんて・ACLの出場権を手にするなんて…とにかくサプライズてんこ盛りのシーズンでした。

加えていうと
セレッソ大阪堺レディースが、2018シーズンなでしこ1部昇格決定!
セレッソ大阪堺ガールズが、2018シーズンチャレンジリーグ参入決定!
セレッソ大阪U-12 全日本少年サッカー大会 優勝!
本当に夢みたい。

天皇杯決勝は現地に行くことはできず、残念ながら自宅でTV観戦でした。
準決勝と同じく苦しい展開でしたが、同点に追いついた時点で「絶対に負けない」と不思議なくらい落ち着いた気持ちで観る事ができました。

実はルヴァンカップの時と違い、天皇杯は準決勝にコマを進めた時から何が何でも獲りたい、と強く思っていました。ACLのプレーオフ回避というのももちろんですが、何より天皇杯を獲ることでルヴァンカップのタイトルがまぐれではないんだ、チームが本当に力をつけて勝ち取ったんだと確認したい、そんな感じだったのですよね。監督や選手には失礼な話だとは思うのですが、やはりこんなにうまくいくなんてこれまで経験したことがなかったので(笑)

天皇杯の表彰式を観ながら、何より尹監督が指揮を執るチームでタイトルを獲れたことが心から嬉しいな、と胸がいっぱいでした。
2002年1月1日に尹さんのゴールで追いついたものの延長Vゴールで敗れたあの試合。
あの時の同点となったPKを決めたシーンが今でも忘れられず、あの悔しさがこの優勝で少し軽減されたかな、とかルヴァンカップの時とは違い、色々な事を思い起こしていました。

ただ、天皇杯を決勝まで戦ったおかげでオフは2週間!
シーズンが終了した実感があまり無いまま明日からは2018シーズン。
で、今日所属選手の去就が全て出揃いました。

1  GK:圍謙太朗 →アビスパ福岡へ期限付き移籍
2  DF:松田陸
3  DF:茂庭照幸
4  DF:藤本康太 
5  DF:田中裕介
6  MF:ソウザ
7  MF:関口訓充 →契約更新せず
8  FW:柿谷曜一朗
9  FW:杉本健勇 
10 MF:山口蛍
11 FW:リカルド サントス
13 MF:丸岡満 →V・ファーレン長崎→レノファ山口へ期限付き移籍
14 DF:丸橋祐介
15 MF:木本恭生
16 MF:水沼宏太 →FC東京より完全移籍加入
17 MF:福満隆貴
18 MF:清原翔平 →徳島ヴォルティス→ツエーゲン金沢へ完全移籍
19 FW:澤上竜二
20 DF:酒本憲幸
21 GK:キム ジンヒョン
22 DF:マテイ ヨニッチ
23 DF:山下達也
24 MF:山村和也
25 MF:山内寛史
26 MF:秋山大地 
27 GK:丹野研太
28 DF:温井駿斗 →栃木SCへ完全移籍
29 DF:舩木翔
30 MF:大山武蔵
31 FW:山根永遠 
32 GK:アン ジュンス →鹿児島ユナイテッドFCへ期限付き移籍
33 DF:椋原健太 →サンフィレッチェ広島→ファジアーノ岡山へ完全移籍
34 MF:阪本将基 →鹿児島ユナイテッドFCへ完全移籍

35 MF:沖野将基
36 MF:斧澤隼輝
37 DF:森下怜哉
38 MF:西本雅崇
39 MF:庄司朋乃也 →ツエーゲン金沢への育成型期限付き移籍期間延長
40 FW:岸本武流 →水戸ホーリーホックへ期限付き移籍

45 GK:茂木秀
46 MF:清武弘嗣
47 FW:米澤令衣
   FW:前川大河 →徳島ヴォルティスへの期限付き移籍期間延長
   DF:池田樹雷人 →バンコク・グラスFC→愛媛FCへ完全移籍
   GK:武田博行 →東京ヴェルディ→完全移籍

◆新加入
 GK:永石拓海 →福岡大より加入
 FW:中島元彦 →セレッソ大阪U-18より加入
 FW:山田寛人 →セレッソ大阪U-18より加入
 FW:安藤瑞季 →長崎総合科学大学附属高等学校より加入
 FW:片山瑛一 →ファジアーノ岡山より完全移籍
 FW:高木俊幸 →浦和レッズより完全移籍
 FW:ヤン ドンヒョン →浦項スティーラーズより完全移籍 
 MF:田中亜土夢 →HJKヘルシンキより完全移籍 
 MF:チャウワット ヴィラチャード →バンコク・グラスFCより期限付き移籍
 MF:魚里直哉 →関西学院大学より加入

トップチームでいうと、関口が満了以外はほぼ全員更新。
関口はもしかして、と思っていた選手であるので大きな驚きという感じではありませんでしたが、今日現在まだ次の所属の発表が無いところがとても気になります。どこかと話が進みつつあるのであればよいのですが。

去就が若干心配だったソウザやシャケ・康太あたりが無事更新でホッとしました。

そして清原・椋原・武田の3選手はやはり、帰ってくることはありませんでした。
私は選手の移籍に関しては「そういうものだ」となるべくドライに考えるように努めていますが、清原くんに関しては徳島へ移籍した時にちょっとそういう割り切りができずしばらく凹んでいました。なので予想はしていたとはいえ今回戻ってこない事はとても寂しいのですが、金沢へ復帰となり、そこはとても嬉しい。かつてのエースであってもまた1からのスタートとなるのだろうけれど、でもピッチで躍動する7番の姿を楽しみにしています。

正直主力はそれ程抜ける選手はいないだろうとあまり心配はしていませんでしたが、U23を主戦場としている選手たちはどうなるのか…フロントの各選手の評価はどうなのか、シーズン中からとても気になっていました。
阪本くんが契約満了。シーズン中から友人とも「どうだろう」と常々気にしていた筆頭でした。トライアウトに参加もしていましたが、鹿児島への加入が決まり一安心。
最も驚いたのは温井。完全移籍なのですね…。
岸本やジュンス辺りの期限付き移籍組は、経験積んで大きくなって帰ってきますように。

そして加入選手。
一番の補強は尹体制の下、主力選手の残留+水沼の完全移籍。これにつきますね。
あとはヤン ドンヒョンや高木俊幸・田中亜土夢選手がフィットするか、とか。
片山瑛一選手がどれだけできるか、U23で戦ってきた選手がどれだけトップに食い込めるか、でしょうか。個人的には斧澤・米澤あたりに期待しているのだけれど、どうでしょうか。

他チームで驚きの移籍があったりなんかしておりますが、比較的静かな我がチーム。
だ、とにかく勝負の1年になる2018シーズン。もうホヤホヤ気分は完全に一掃されて今は再びドキドキの方が大きくなっています。
でも今シーズンをしっかり戦いきることができれば、クラブとしては1つ上の段階に進めるはず。そういう意味で不安はありつつも楽しみなシーズンの幕開けでもあります。

心を桜色に染める日々がもうすぐやってきます。
本年も引き続きよろしくお願い致します。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事