ここから本文です
いつもココロは桜満開♪
〜サッカー大好き♪セレッソ大阪+セレッソから世界に羽ばたいた選手を応援する日々のあれこれ。。。

書庫全体表示

記事検索
検索
J1 第18節 〔キンチョウスタジアム 入場者:16,759人〕

セレッソ大阪 2 - 1 柏レイソル
[得点者]
前半41分 武富 孝介(柏)
後半16分 杉本 健勇(C大阪)
後半25分 ソウザ(C大阪)

レイソルは強かった。
最後の最後まで力強く、バランスも良く、今シーズン生観戦した試合の中で最も相手の脅威を感じた一戦でした。

だからでしょうか、この一戦に勝利し、「
暫定」という文字の付かないJ1首位に立ったのですが、わくわくホヤホヤは何故か全く沸いてこない。それ以上に何だか身が引き締まるような「気を抜けないぞ」という思いが益々強くなった。そんな感じです。

もちろん、前半戦あまりに悔しい敗戦を喫した相手にあれだけボールを支配され攻められてもなお諦めずに結果逆転勝利をおさめたことはとても嬉しいですね。

この試合は、今や今季のセレッソの顔ともいえるトップ下山村がなかなか活かせず、観ていてストレスが溜まる展開でした。ただこれからは対戦するチームはどこもまずそこを狙ってくるだろうから、きっと難しい試合が多くなるのだろうな、と。

そんな苦しい展開でしたが、後半10分頃、柏の大きなチャンスであったシュートをジンヒョンがビッグセーブ。
そして後半16分にセレッソは2枚替え。

曜一朗⇒澤上
陸⇒たなゆう

球際や対人に強い2人。納得の交代だったわけですが、この交代の直後CKのこぼれ球をゴール前でわちゃわちゃの末健勇が押し込み同点!

バクスタからはこの様子がよく見えたので一瞬の事でしたが、まるでスローモーションを観ているような感じがしました。

そして後半25分には水沼のクロスにソウザがワンタッチで合わせ、何とも気持ちよくゴールに流し込んで逆転!!!

今思えば、ですが、ジンヒョンのセーブから何かが始まったような、そんな気がしています。ボールの支配率もレイソルの方が明らか上回っていましたが、1つのプレーで流れが変わり、その流れを逃さず捉えて白星を引き寄せたセレッソ。

逆転してからの20分。
昨シーズンであれば胃がひっくり返ってしまうんじゃないか、という感じでしたが、今季は(もちろんドキドキはするけど)きっと選手たちが踏ん張ってくれるはず、と思える事がなにより嬉しいですね。
まあアディショナルタイムに続けざまにCKを与えた時は「勘弁してくれ」と思いましたが(笑)
イメージ 2

次はセビージャ戦を挟み、浦和レッズ戦@ヤンマー。
2節(3月)にこてんぱんにやられ、絶望的な気もちにさせられたチームをホームに迎えます。

あの時から4か月余り、たっぷり出された宿題の正解をきっちり示せる試合にしなければ、と今から身が引き締まるような思いです。
次勝てば、すべてのチームから勝ち点をあげることにもなります。だから、というわけではないけれど、とにかく4か月間で成長した姿をしっかり示せるそんな試合になりますように。


J1 第17節 〔キンチョウスタジアム 入場者:14,305人〕

セレッソ大阪 3 - 1 FC東京
[得点者]
前半21分 ピーター・ウタカ(東京)
後半12分 杉本 健勇(C大阪)
後半18分 松田 陸(C大阪)
後半38分 ソウザ(C大阪)

イマイチだ…と思いながらの前半。案の定先制された時はああやっぱり、というのと、今日こそはマズいかも、と少々焦りましたが、ハーフタイムに一体どんな魔法を使ったのか?はたまたものすごいカミナリを落としたのか?wとにかく見違えるような修正でチームを生き返らせた監督。
イメージ 4

結果、派手なゴール3発で逆転!勝利!
イメージ 2
これは超ビックリした陸のゴール後

いやいや興奮しましたよ。
とりあえずヘトヘトですが、これから少なくとも3日間は順位表のてっぺんにチーム名があるという、嘘みたいな幸せを味わえるんですね。

でも、ほやほやはしていません。やはり私たちは挑戦者であるという事に変わりはないし、まず目標は残留だから、1つ1つ、ですね。

そうそう、今日は真司もスタジアムに来てくれて乾と並んで観戦。
イメージ 1

で、Jリーグ公式もUPしてくれてた動画…試合を終えて引き上げる選手を2人が満面の笑顔とハイタッチで迎えているシーン、を帰りの電車で何回も何回も観てました(乾のかわいらしさに降参な私でしたー)。

試合後の周回・写真撮影の後に、キヨへ向けたメッセージを掲げて再度写真撮影。
キヨのチカラに少しでもなればいいな。
イメージ 3

帰宅してスポーツニュースをいくつか見ましたが、今のところ柏-鹿島の試合しか確認できずー(笑)さあ、いまからやべっちに集中です♪



今日で折り返し


またかなり久しぶりの更新です。

通常再開したい気持ちもあるのですが、一度更新しない習慣がついてしまうとなかなかw
ただスタジアムでは少し写真を撮ったりもしているので、これまで見るだけだったインスタにかなりなスローペースではありますが、ちょこっとUPしたりしています。もし偶然に出会うことがあればよろしくお願いします。

さて、5月初旬に更新してから、はや2ヶ月近く。
今日は17節。この一戦で折り返しなのですね。いやあっという間です。

前回の更新は日立台で黒星くらった後でしたが、その後

ルヴァン  1-0 ○ VS 新潟
11節   5-2 ○ VS 広島
12節   0-3 ○ VS 大宮
ルヴァン  1-0 ○ VS 神戸
13節   1-2 ○ VS 神戸
14節   4-0 ○ VS 新潟
15節   1-1 △ VS 清水
天皇杯   2-0 ○ VS 新潟医療福祉大学
16節   2-4 ○ VS 仙台
ルヴァン  0-2 ○ VS 札幌

負けておりません。

リーグ戦で好調を維持しているというのももちろん嬉しいのですが、加えてルヴァンカップを負けなしできてるとういうところがもうたまらない!のですよね。
基本的にリーグ戦とは先発入れ替えて予選を戦い、さあPO、尹さんどうするの?と思っていたら、見事に先発11人入れ替えで適地に臨むというその男前な決断に俄然こっちも闘志が沸いて、28日の札幌戦は画面越しだったけれど、ものすごくチカラが入りました。

今のメンバー構成であれば先発やベンチから外れても仕方ないとしか言いようがないのかもしれないけど、でももどかしいというか、ピッチで観たい!と思う選手たちがとても気持ちのこもった試合をしてくれたことに感激。そしてPO第2戦がぐっと戦いやすくなったことも嬉しくて、あの試合の後はなかなか興奮冷めやらないというか落ち着かなかったですね。

そんな好調さはとても嬉しい事なのですが、そんな中、ようやく復帰した清武が仙台戦で怪我をしてしまい、全治8週間。またの離脱です。
もともと怪我が多い選手だな、という印象はありましたが、色々な経緯を経て戻ってきた中、結果を出さなければいけないという重圧や、日本代表が大事な試合を控えている今の時期に離脱することの大きさを考えると、どれだけきつい現実なのか、と。私の想像なんてはるかに超える辛さや悔しさがあるのだろうと、胸が痛いです。
セビージャ戦も迫っていて、親善試合と言えどもそこにおける自分の存在の必要性も感じていただろうし、神様はなんて意地悪なんだろう、と。
ただ、曜一朗や蛍が「キヨのためにも」と言っているように、キヨが戻ってきた時、純粋にサッカーを楽しめるような、いいチーム状態のままでいてほしいし、私たちも、ゆっくりキヨの回復を待ちたいと思います。
イメージ 2

U-23の事は気になるし、思うところもあるけれど、チームとして色々な側面があるだけに難しいですね。とりあえず、昨日の相模原戦・ラストプレーのショックにしばらく呆然としてしまいました。
もったいない、とかあと一息、とも言えるけれど、でも満だからこそ、あそこは決めてほしかったな、というのが正直な気持ちです。


さてさて、そろそろスタジアムへ向かう準備をします。
イメージ 3
今日も試合後はこんな笑顔に会えますように!
イメージ 4

10節を終えて

久しぶりの更新です。
仕事で少し立場の変化やなんかがあり、バタバタしていたこともありますが、毎試合終わる毎に思うのは「尹さんありがとう」ばかりでw、これ以上何を書けばいいんだ、って感じだったんですよね。

リーグ戦は10節を終了し、4勝2敗4分で7位。
もちろん、勝てた試合をモノにできなくて悔しいと感じた時もあるけれど、でも最下位からスタートした私たち。正直私的には予想よりずっといい序盤です。
  1節 1-1 △ VS ジュビロ磐田
  2節 1-3 ● VS 浦和レッズ
  3節 1-1 △ VS コンサドーレ札幌
  4節 1-0 〇 VS サガン鳥栖
  5節 2-0 〇 VS 横浜F・マリノス
  6節 1-0 〇 VS 鹿島アントラーズ
  7節 2-2 △ VS ガンバ大阪
  8節 1-1 △ VS ヴァンフォーレ甲府
  9節 2-0 〇 VS 川崎フロンターレ
10節 0-1 ● VS 柏レイソル

開幕前、日程が発表された時、5〜7節は連敗する可能性が大?下手したらその後も10節までずるずるいってしまうかもしれない…とか超ネガティブな心配もしていたのですが、ほんと監督や選手に土下座したいような感じ。
もちろん選手たちの頑張りもそうなのですが、何より昨シーズンとほとんどメンバーの変わらないチームをこんな早くに生き返らせてくれた尹さんに感謝しかありません。

しかし、まだ今だにスタジアムでベンチに居る監督がユンちゃんだなんて信じられなくて、試合のたび眺めては幸せだわーとしみじみしております。

昨日の柏戦の黒星があまりに勿体なくて、でも試合後の監督や曜一朗・健勇のコメントを読むと、きっと次はやってくれるはず、という気持ちになれる。こうい気持ち、ここ2〜3シーズンはなかなか生まれてこなかったな、と。

尹監督と一緒にもっともっと強くなりたい。
人間ってどんどん欲張りになってしまう生き物なので、謙虚な気持ちを忘れないよう、でもようやく長いトンネルから抜けたチームがどういう成長をしてゆくか楽しみにスタジアムへ行きたいと思います。

イメージ 2


J1第4節 〔キンチョウスタジアム 入場者:13,086人〕

セレッソ大阪 1 - 0 サガン鳥栖
[得点者]
後半25分 山村 和也(C大阪)

イメージ 1
J1に復帰し、リーグ戦初勝利。
嬉しさ爆発というより、やっと普通に呼吸ができるようになったという感じ。
プレーオフで昇格したからといって、そんなに縮こまる必要はないのだろうけど、でも何となく堂々とJ1だ!と胸を張れず不安いっぱいのままここまできていたので、この勝利にこの上なくホッとしています。

この試合はまずアクシデントからのスタート。
開始早々にヤマがまさかの負傷交代。
足を痛めた瞬間は見ていなかったので、いきなり何で?とかなり焦りました。
急遽ピッチに立つこととなった木本。正直大丈夫か…と不安でしかなかったのですが、それをあっさり覆してくれました。
山村のゴールのお膳立てもして(世の中的には清武からの〜と報じられているけれど)、ある意味この試合のMVPは木本。こういう場面で若手が存在感を出し活躍してくれるというのは本当に嬉しいものですね。
イメージ 3

鳥栖は加入したばかりのコロンビア代表・イボルバ選手が即スタメンで、さあどうなる?とビビッていましたが、やはりまだチームにはフィットしておらず助かりました。威力はありそうだしこれから怖い存在になるのでは、と思うので早いうちに対戦できてよかったというのが正直な感想かな。
そしてやはり最も警戒していたのが豊田選手の一発でしたが、見る限り決定的なチャンスを作らせずに抑える事ができた、これが本当に大きかったな、と。

もちろんセレッソも、流れの中からの得点をモノにできなかったというのが引き続き今後の課題として持ち越しではあります。ただ先制した後は、相手の交代カードに合わせ素早くメンバーチェンジをし(陸→田中裕介)、最後は万全でない清武→アグレッシブにボールへ行ける大地でクロージングでき、ドキドキしつつも安心して観れていたような気がします。
イメージ 4

まあ最後の最後にこの試合唯一ともいえる心臓に悪いシーンを見せられて、試合終了のホイッスルが鳴ったのに呆然としてたのだけど(笑)

イメージ 5

試合終了後は、鳥栖の選手との久々の再会するシーン、そして鳥栖サポーターの方々の待つアウェイゴール裏へ向かうシーン、と尹監督をずっと眺めていました。
クラブの在籍期間はセレッソよりはるかに長いサガン鳥栖、サポーターの皆さんも懐かしさと同時に複雑な思いもありながらこの試合を観戦されていたのでしょうか。

イメージ 6
(左:豊田選手がちょっとブレブレ… 右:趙選手とはKリーグ→Jリーグで対戦ですね)
イメージ 7
イメージ 8


さてインターナショナルマッチデーで来週はリーグ戦もお休み。蛍と清武はすぐにUAEへと出発したようですが、代表選手がリーグ戦に不在で…とういう複雑な思いにならなくていいというのも久しぶりの事で嬉しい!

ヤマの怪我が全治3週間と発表されてしまったけれど、中断期間が入ったことは幸い。ダービー辺りに戻ってきてくれれば嬉しいのだけど、まだシーズンも始まったばかりなので焦らず完治させることが優先ですね。
イメージ 2

4節終了して1勝1敗2分。
最下位からのスタートでどこまで上がれるか。挑戦のシーズンはまだまだこれからです。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事