ここから本文です
いつもココロは桜満開♪
〜サッカー大好き♪セレッソ大阪+セレッソから世界に羽ばたいた選手を応援する日々のあれこれ。。。

書庫全体表示

記事検索
検索
J2 第20節 〔キンチョウスタジアム 入場者:10171人〕

セレッソ大阪 1 - 0 東京ヴェルディ
[得点者]
後半8分 リカルドサントス(C大阪)

四連勝、という東京V戦を終えてからの一週間はテンパるくらい仕事が忙しかった上に、どことなくスッキリしない勝利だったのでずっと心のどこかにズンと重石が乗ってるような感じでした。

ようやく待ちに待った玉田が先発したけれど、今のセレッソの(監督がやろうとしている?)サッカーではなかなか活きないのかな、とか。ソウザは勝利への貢献度は確かに高いけれど、でも真ん中でゲームを作るタイプではないので、結果して個人的に観たいな、と思うサッカーにならないのだろうな、とか、色々考え込んでしまいました。

ソウザと山村が基本路線だったボランチですが、もともと個人的には何とかタカがスタメンに食い込んでほしいと願っていた私。そこへ蛍復帰という想定外の戦力が加わることになり、監督はどういう風にこの飽和気味のボランチを使いこなすのだろう、と気になっていたところ、報じられたタカの移籍か?というNEWS。そしてその報道の通りあっという間に名古屋へ行ってしまう事が発表されました。

タカの現在地で言えば、移籍という選択は仕方がないというか、その先がJ1だから尚更よかったと言えるのかもしれないけれど、でもやはり残念というか大切なものを手放してしまうことになってしまったという思いを捨てきれません。

私はどちらかといえば助っ人外国人選手に対しては淡泊というかそこまでの思い入れができないタイプなので(ジンヒョンはもはや外国籍選手とは思えないけれど)、いくら「今」活躍してくれてもいづれは居なくなってしまうと思ってしまうので、日本人選手…中でも下部から育ってきた選手が育ってチームを支えてほしいという気持ちが強いのですよね。
その中で育成型クラブとして「選手を売る」のであれば、それぞれ選手がレベルアップできそうな海外のチームなら気持ちよく送り出せるのだけれど。戦力外という選手であれば仕方ないけれど、そうではないタカが日本の他チームへ移籍してしまうというのは辛いし、これでみんながハッピーなのだろうかと複雑です。

でも、もう決まってしまったことは仕方ない。
完全移籍という現実をまだ受け入れ切れてないのですが、今はタカがグランパスでレギュラーポジションを掴むこと。サポーターのみなさんに愛されることを願うしかないですね。
私の友人は、移籍が決まってからは「いつかは戻ってきて欲しい」と言い続けていますが、グランパスがそう簡単に手放さないよ、って位の選手になってほしいとも思っています。

先程発表された熊本戦のスタメン。
いきなり蛍がスタメンで山村がベンチ。
先日舞洲で観た紅白戦でも、蛍の存在感は素人目にも際立っていたので、ああやっぱりな、と。
ソウザとの組み合わせがどうなのか、そこが気になるところではありますが。

震災後、熊本で初のホームスタジアム開催となる今日の試合。
色んな想いが交錯する一戦にはなりそうですが、でも勝負には負けたくない。
自宅から熊本に気持ちを送ることにします。
現地観戦のセレサポのみなさん、よろしくお願いします。


J2 第19節 〔キンチョウスタジアム 入場者:8,464人〕

セレッソ大阪 3 - 2 徳島ヴォルティス
[得点者]
前半25分 杉本 健勇(C大阪)
後半 4分 ブルーノ メゲネウ(C大阪/PK)
後半24分 渡 大生(徳島)
後半28分 ソウザ(C大阪)
後半32分 長谷川 悠(徳島)

これまで勝った試合もロースコアばかりだったので2-0になった時は「よし!」と気合が入ったけれど、でもまたもや心臓痛い試合になっちゃいました。

…と、毎回毎回こんな試合の感想ばかりでいい加減飽き飽きしてきたので、今回はそんな試合展開でも何とか凌いで勝利。勝ち点3GET!よかったー、という事でまあいいか。


あとは、あんまりうまく撮れてませんがちょこちょこ撮ってた写真と感想を。

イメージ 1
前節岐阜戦で、J200試合出場となったマルにご家族から花束。
初めて見るマルの奥様のなんと綺麗なこと!!
ゴラセレでマルも言ってましたが、Jrはほんまにマル似〜(笑)

定期的にいらっしゃるゆるキャラちゃんの中では一番かわいい♡と思ってるなっぴーちゃん。
12番を背負っての写真撮影でした。バクスタからはそのお顔が見えないのが残念。
イメージ 5

この日濱ちゃんはベンチスタートでした。それにしてもほんとに変わんない。
イメージ 2

私、なんとなく試合前のこのシーンが好きでいつもガン見しています。
清原くんが一生懸命手を伸ばしてるのが何ともかわいいー。
イメージ 3

その清原くん、早々に負傷してしまいました…。
おでこのあたりに出血でもあったのか?この後頭をテーピングぐるぐる巻きにしてピッチに。頭にテーピングというと康太のイメージだわ、康太ごめんね。
イメージ 4

この試合、お3人はここから。
イメージ 6

ブルーノのPKシーン。
こちらはやり直しになった1回目。リカちゃんが動いちゃったってことだったのかな?
イメージ 7
で、2回目。
イメージ 8

この試合、なぜかひろみがご来場。
一体誰を?何を?観に来ていたのかしら…。
イメージ 9

試合後、ベンチ外の選手やU23の選手が降りてきました。
イメージ 10
そして、引き上げる選手を迎えるのは
イメージ 11
スペインからお越しの練習生とキャプテン
イメージ 12
そしてキャプテンは
イメージ 13
あ、やっぱり!
イメージ 14

試合後のインタビューが終わるのを待つキャプテン
そして
イメージ 15

やっぱり行きました。アウェイゴル裏。
行かへんかったらなんかこっちが辛くなる、って思ってたからホッとしました。
イメージ 16
一ケ所だけではなく、移動して
イメージ 17
ぼかしを入れたのでここではわかりにくいのですが、この写真に写る徳島サポータのみなさんのほとんどが笑顔で、それがとっても嬉しかったです。

今週になり、どうやら曜一朗のギブスが取れたみたいですね。
焦らず、でもやっぱなるべく早くピッチに戻ってきてほしいな。


蛍のこと

夜、徳島戦を終えて帰宅した頃、公式から正式に蛍のセレッソ大阪復帰が発表されました(あ、山口蛍選手・ハノーファー96からの移籍加入、ですね)

少し前から「復帰」が報じられ、正直複雑な思いで色々なことを考えていました。

シーズン途中に違う国のリーグに加入するという難しさに加え、移籍先のハノーファーは降格争い真っ只中。なかなか結果が出せないまま代表の試合で大怪我を負い、離脱。
そして2部降格が決まり、チームメイトで仲良しのキヨは移籍決定。酒井選手も移籍濃厚と言われている中、2部だと通訳が付かないのかな…もしかしたら他の国へのレンタル移籍でも示唆された?とか…etc
そんな中、結局私の行きつくところはただただ「残念」それだけでした。
せっかく掴んだチャンス。そこでまだ成功も失敗もしていないじゃない、と。

復帰の発表と共に掲載された蛍のコメント。
それに加え、今日行われた会見で語ったという蛍の言葉。
更新された蛍のブログ。

何度も何度も読みました。
そして改めて思ったのは、これは蛍の人生なんだ、という事。

残念だとかそんなことは勝手な私の感情。
自分の生きるその道を自分で選択して、その選択を受け入れた場所があったという現実。
もちろんその選択を批判する人はたくさんいて、その理由もわからなくはないし、それだけ蛍に期待していたからこその失望でもあるのだろうけれど、でもこれまでそんな人生懸けるような挑戦をしたことがなく、本当に小さな世界でしか生きてきていない私が批判できるようなレベルではないな、と。

この選択に至った蛍に失望して「もう応援する気がしない」という人はごまんと居るだろうし、批判をされるという現実は避けられないことだろうけれど、蛍だってそこは十分覚悟の上でこの選択に至ったのだろうから、もうあまり余計なことは考えずにサッカーに専念して欲しい。これが今の私の素直な気持ちです。

そしてこれからは、自身の選択が正しかったのかどうか自分に対する答えを出すため、そしてこのことでたくさんの方の力と大きなお金が動いたという現実としっかり向き合ってピッチに立ってゆけば。
彼のサッカー人生なのだもの、それでいいのではないでしょうか。

多分、自分を表現することが人一倍苦手な蛍。
この先もずっと、おそらく彼の本心を知ることはないだろうけれど、でもここ数年ずっと続いているであろう苦悩を乗り越えたその先に、心から笑顔になる瞬間と、今回の選択が間違っていなかったと思える結果が待っていますように。

J3 第13節 〔キンチョウスタジアム 入場者:1,337人〕

セレッソ大阪U-23 2 - 1 FC東京U-23
[得点者]
後半29分 橋本 英郎(C大阪)
後半34分 西本 雅崇(C大阪)
後半44分 生地 慶充(FC東京)

イメージ 1
前回のホーム、大分戦はスカパー!観戦だったので、5月1日以来の生観戦でした。
イメージ 4

FC東京の中島選手や室屋選手も気になっていて…ですが結局中島選手はトップの試合に帯同していて室屋選手のみ。室屋選手は先発出場でしたが、やはりうまかった。
テグさんもキンチョウに来てましたが、お目当ては彼の状態だったようで、交代で室屋選手がピッチを後にしたらテグさんもお帰りに。五輪は間に合うのかな?間に合ってほしいな。
イメージ 2

試合は、なかなかエフトーの守備を崩せず前半は手こずりましたが、本当によく頑張った!
一生懸命に走って走って。思わず力が入りました!

橋さんの流石ともいえるビューティフルなGOALで先制。
橋さん、このメンツの中では存在感がもう反則級でしたね。

そして、そのすぐあとの2点目。
まーぼーの相手DFをチンチンにするあのシュート!!すごかった〜!

最後の最後に失点したのは余計だったけど、一生懸命がピッチからガンガン伝わってくる気持ちのいい一戦でした。
こういうのをトップの試合でも観たい!
イメージ 3

そうそう、いつも気になってるU18の斧澤くん。
昨日はいつもに増してアグレッシブだったし、点を獲りたいって気持ちが溢れてたような印象でした。これからの成長がとても楽しみです(^^)

6月12日 @長良川競技場

日曜日、長良川での写真をばいくつか。

約一年振り。着いた時、雨は降ってなかったもののどんより曇り空。
イメージ 1

スタグル買って席に戻ろうとした時、こんなのが。思わずガン見。
イメージ 2
このPOPのクオリティーにもやられました。
イメージ 3
で、ひとつひとつがどんなのか、というと
イメージ 4
他にもいろいろなキャッチのがありましたが、わたくし、この14・風間選手のカッコよさにヤられてしまい、購入寸前のところでなんとか思いとどまりましたw
ただ、「このアメ美味しいんだって」とセレサポのご夫婦の方が教えて下さいました。
やっぱ買うんだった…。

この日はなんてったってシャケ♡
イメージ 5
アップに…いるいるいる!(^^♪
イメージ 6
ある意味この2人は特別枠。
イメージ 7
やっぱ嬉しいわぁ。

あ、そういえばこの試合には山本昌氏が登場!
イメージ 8
ご飯を調達して帰ってきたら何故か居た彼にびっくり。しかしおっきい。
この日はキックインもされてました。

そしてこの日はこれも外せません。
ジンヒョン初のゲームキャプテン♪
イメージ 9
このシーンや
イメージ 10
このシーン。
常に柔らかい笑顔で、ジンヒョンの人柄がよくわかる。

イメージ 11

イメージ 12
後半、玉田が準備!
イメージ 13
入った時の歓声はアウェイなのにすごかった〜
イメージ 14
そして康太もピッチに。
イメージ 15
岐阜のラモス監督
イメージ 18
試合終了。周回する選手たちですが、やはり健勇の様子が気になる…。
イメージ 16
そしてこの試合のヒーローインタビューはマル
イメージ 17
マル、J通算200試合☆おめでとう!ほんとにおめでとう☆


昨日いきなり流れた噂。
どれほど信ぴょう性があるものなのかはわからないけれど…
イメージ 20
やっぱりシャケは桜の右でもう一度輝いてほしい!

ハーフタイムのシャケチャント♪
あの時はこんな情報が流れるなんて思ってなかったのだけど。セレサポのシャケ愛はきっと届いただろうな、とこっちまでジーンとしてました。




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事