ここから本文です
いつもココロは桜満開♪
〜サッカー大好き♪セレッソ大阪+セレッソから世界に羽ばたいた選手を応援する日々のあれこれ。。。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

J1第22節 〔ヤンマースタジアム長居 入場者:32,711人〕

セレッソ大阪 4 - 2 浦和レッズ
[得点者]
前半 6分 杉本 健勇(C大阪)
前半 8分 杉本 健勇(C大阪)
前半18分 ズラタン(浦和)
前半27分 山口 蛍(C大阪)
前半35分 丸橋 祐介(C大阪)
前半46分 ラファエルシルバ(浦和)

イメージ 1
無事エルゴラもGETできました。仕事終わりだったのでお店のラス1。
販売している店舗がどんどん減っているような印象。毎回確保に必死ですw

土曜出勤だったので、定時で会社を飛び出してスタジアムへ。
ちょうどコンコースからバクスタに入ったところでキックオフのホイッスルを聞くというぎりぎり到着でした。

前節の勝利で首位に立ったとはいうものの、正直実感はあまりなく、それより何より3月4日の第2節でこれでもか、という位の力の差を見せつけられた相手。あの日から限りなく重い宿題を持たされているような感じがずっと心の隅にあったので、とにかく何が何でも勝ちたい!それだけでした。

試合開始して10分経たない間に健勇の2ゴールが決まりいきなり大興奮。
失点シーンはいただけなかったのですが(特に前半アディショナルタイムの失点。失点に至るまでの過程を目の前で見てて、大丈夫か?少し気持ちが緩んでない?と感じた直後だったのでなおさら)、蛍の男前なシュートと、締めはびっくり!マルのゴール。

すべてアカデミー出身の選手が決めたというのも嬉しくて、だからこそ絶対にこれ以上失点はしないでくれという感じでした。

後半終盤にマルが熱くなってしまった時に尹さんが懸命に阻止していて「誰か監督を抑えて!!」とドキドキしましたが、それ以外は「大丈夫、絶対いける」と思えました(笑)

浦和がスルガ杯出場のために前倒し開催された22節。
他のチームより1試合ゲーム数が多くなるからこそ、勝って勝ち点を積み上げておきたかったし、宿題をきっちり合格点でもって提出できたような爽快感がありました。

勝ち点も残留ラインと思われる40に達しましたが、まだ何も決まったわけでもなく何も得ていない。以前にも体験したこういう好調時には嬉しくて試合後何日もホヤホヤしていたのですが、今シーズンはそういう感じが一切ない。もしかしたら選手たちもそうなのではないかな、と想像したりしています。
あ、この勝利で今シーズン2戦2敗する相手は居ないという事が確定しましたね。
全チームから勝ち点を得る事ができるなんて、開幕前は予想だにしていませんでした。

次はダービーですが、まずは今日のルヴァンカップ。
清原くんが観れるはず!とずっと期待していただけに少々傷心気味なのですが、しっかり勝って次に進めるよう応援してきます。

そうそう、次のダービーに向けてお隣のサポーターのみなさんの煽りもなかなかのものになってきましたが、それに乗らず粛々とその日を迎えたいと思っています。

色々なことを考えておられる方もいらっしゃるようですが、あまり目立つ行動をすることで、クラブや選手に迷惑をかけてしまうというのはダービー1戦目のお隣さんのあの騒ぎで私たちが一番よくわかっているはず。
選手のプレーを力いっぱい応援する、それに専念することが最良なのではないか、と常々思っています。

ダービー後は一体何時にあの周辺を脱出できるのだろう、という憂鬱はありますが、行ってまいります。

特別なようで、いや特別ではない。1試合1試合積み重ねるそのうちの1つ。
桜戦士の躍動する姿を・笑顔を見たい、それだけです。


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事