小山公認会計士税理士事務所・文人を目指す小山登の独白

名を成すは常に窮苦の日々にあり・・・今の精一杯を・・・

全体表示

[ リスト ]

 
 
(みなし譲渡課税)

個人が無償で資産を譲渡した場合には、その譲渡に関する対価は受け取っていませんが

無償による資産の譲渡であっても一定のものについては時価で譲渡があったものとみなし

また、有償であっても、時価の二分の一未満で資産を譲渡した場合は、実際の譲渡価格ではなく

時価で資産を譲渡したものとみなして所得税が課税される場合があります

課税される場合とは

)/佑紡个垢訛M燭篁価の二分の一未満の価額による譲渡

限定承認の相続や限定承認の包括遺贈(個人に対するもの)

なお、個人(他人)に対して時価の二分の一未満の価額で資産を譲渡した場合は

みなし譲渡課税は行われませんが、譲渡所得が赤字の時は、赤字がないものとみなされます

(低額譲り受け)

身内から資産を時価より低額で譲り受けた場合は、時価(通常の取引価格)との差額に

贈与税が課税されます

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事