小山公認会計士税理士事務所・文人を目指す小山登の独白

名を成すは常に窮苦の日々にあり・・・今の精一杯を・・・

全体表示

[ リスト ]

 
4年程前・・・私の三男が中学校入学早々のことです

体育の授業で右手首を骨折しました

本来、短距離走のタイム測定の予定が時間の都合で高鉄棒の授業に変わったようです

この高鉄棒の下は砂場ではなく、また何の防御や保護用具も使われていなかったようです

三男は手首がグニャリと曲がり泣き叫んでいたそうです・・・

さて・・・学校はどのように対処したと思いますか・・・

私は最近腹が立ってなりません

なんの経過説明も謝罪もないのですよ

それで、文書による説明を求めたのですが・・・無視されてます・・・教育委員会もです

治療費の支払いは受けましたが・・学校内の事故により生徒児童に治療費が生じても

学校は何の傷みもありません経費の負担もありません

学校安全会(保険制度)とか称する団体が負担するからです・・・

こんな制度があるから学校は責任を感じないのではないでしょうか

皆さんどう思われます・・・







下の文字をクリックしてください、喜びます・・・

閉じる コメント(4)

顔アイコン

娘が小学校5年の時に回旋塔っていう鉄棒から落ちて顔面強打に擦過傷。見た目かなり派手な怪我でした。
救急車で大きな病院に連れて行かれて入院1週間。
脳波の測定から始まって手厚い治療を受けました。
坦任は他校勤務のご主人と2人で早速お見舞いに来てくださり、そのごも何回も足を運んでクラスメートの手紙やら絵も持ってきて娘を励ましてくれました。
結果は怪我以前の状態に戻りましたが心にも何の傷も残りませんでした。
地域によって、学校によってこんなに差があるんですね。
驚きです。何とか対処したほうがいいですね。

2009/9/16(水) 午前 10:12 安寿 返信する

顔アイコン

安寿さん

コメントありがとうございます
やはり授業中に教師の指導上の手抜かりで大きな事故を起こすと
校長や教師も保身に走るのでしょうね・・・

日頃、人権の命の大切さ等を大きく打ち出しているが、これらは自分たちに都合の良い人権であり命の大切さなのでしょう・・・

2009/9/16(水) 午後 3:59 公認会計士 小山登 返信する

アバター

今年の4月、自転車で下校中のお兄ちゃんが事故を起こしました。(学校からは怪我をした連絡はありました。)

http://blogs.yahoo.co.jp/takumitomoya/15482904.html

幸い怪我もほとんどない状態でしたが、窓ガラスは割れてしまい、父も個人的にそのお宅へ謝罪に行ったのですが・・・「学校側が直してくれるから、気にしないでくださいね。」とのお言葉を頂き安心して帰宅しました。もちろん、学校にもお礼の連絡をしました。

それ以降学校からは何の連絡もないままでしたが、数日後「学校から預かった」と、お兄ちゃんぁからガラスの請求書を手渡されてビックリ。
そりゃ修理代は払いますけど・・・、何の相談も連絡もなしに業者へ依頼して修理代の見積も経過報告もなし。相手方に「下校中のことなので学校側で責任を持って直します」って伝えたんじゃないのか??「学校側」じゃなく「「保護者に連絡して、早急に修理依頼します」が正解じゃないのか?

お兄ちゃんの不注意での事故でしたが、未だ学校への不信感は残ったままです。

2009/9/16(水) 午後 4:11 [ しんぐる父(改名) ] 返信する

顔アイコン

拓己智也さん

何よりも・・・けがが軽くて良かったですね・・・
言葉の行き違いは・・・信頼関係に影響しますからお互い注意せねばなりませんね・・・

2009/9/17(木) 午前 10:17 公認会計士 小山登 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事