小山公認会計士税理士事務所・文人を目指す小山登の独白

名を成すは常に窮苦の日々にあり・・・今の精一杯を・・・

全体表示

[ リスト ]

ちょっと違うのですよね・・・

よく子どもや孫に贈与した・・・とおっしゃる方がいますが

あげる(贈与する)ということは

まず・・・あげた人に渡すと言うことですよ

お金や預金を贈与したと言いながら・・・贈与した預金の通帳等を渡さずにいる

あげた人に贈与したことを伝えていない・・・これでは贈与したことになりませんよ

そのうえ、使っている判子も贈与した人の通常使っている判子と違う(当然ですね)

こんな場合、贈与は成立していないと判断されます



贈与するなら贈与した相手に対し

1.贈与した旨伝える
2.贈与した相手に管理を任せる
3.当然、判子も贈与した相手の判子を使う
4.贈与税の申告をする

相続税の調査で問題になることを避けるには当然のことでしょう




下の文字をクリックしてください、喜びます・・・

この記事に

閉じる コメント(4)

勉強になります。
…が 私の親にも私にも
贈与するほどのお金が…無いヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
宝くじたあたればなぁ♪

2009/10/19(月) 午後 7:41 taka 返信する

顔アイコン

Takaさん

当たればいいですねえ・・・内緒にして
独り占め・・・が一番良いでしょう・・・爆・・・

2009/10/19(月) 午後 8:38 公認会計士 小山登 返信する

顔アイコン

ん?ん?と、少し考えました。。。。(笑)
そのとおりですね〜☆
小山せんせらしい真面目さですねぇ♪
そういうのは多いですよね。困ったものですね。

2009/10/19(月) 午後 10:15 set 返信する

顔アイコン

set1さん

コメントありがとうございます

あげたつもり・・・では通用しないのですよ・・・

あげるなら・・・本当に相手にあげないと・・・ね・・・笑

2009/10/20(火) 午前 0:32 公認会計士 小山登 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事