小山公認会計士税理士事務所・文人を目指す小山登の独白

名を成すは常に窮苦の日々にあり・・・今の精一杯を・・・

音楽・民謡・寮歌・他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

飛騨の高山で

世界最大級の和太鼓の音を体感しましたが・・・

凄い迫力ですね・・・体の中まで響きますよ・・・

凄いものですね


イメージ 1



下の文字をクリックしてください、喜びます・・・

この記事に

開く コメント(0)

 
久方ぶりに

特養にいる父を見舞う

多くの入所者の皆さんが唄っていた歌・・・

むせぶ心よ・・・はかない恋よ・・・

踊るブルースの・・・切なさよ・・・

淡谷のり子が唄っていた

別れのブルースですね

心を揺さぶる・・・歌です・・・


私も覚えて・・・カラオケのレパートリーに・・・ 







下の文字をクリックしてください、私のブログランキングがわかりますよ・・・↓


この記事に

開く コメント(2)

 
いただきました

関西大学歌集CDです・・・

カラオケ付きです・・・

校友会に出席する前に・・・

これで練習しよう

イメージ 1

「O」さん、ありがとうございました・・・




下の文字をクリックしていただければ喜びます



この記事に

開く コメント(2)

○修行を積むぞ・・・

 
この文章は

日本公認会計士協会近畿会の会報「近畿CPAニュース」2009年2月号に掲載されたものです

参加者を募る箇所のみ削除して掲載します



「修行を積むぞ」

小山 登


そのドアーを開けるときは、不安と緊張の極みであった。
午後3時から約2時間のウオーミングアップを済ませ、ビールを飲み体も充分温めて待っていたのだ。酒の力をも借りて一気に、そのドアーを押したのである。
店の中にはまだ人はまばらであった、幹事役に挨拶をし、奥のテーブルに通され、待つこと10数分、何人かのメンバーが次々と到着する。
料理も出され、酒も出てしばらくは歓談が続いた。
そしてついに始まった。再び緊張感で体のこわばりを覚えた。と書きたいところであるが、お酒を飲んで良い加減にリラックスしている。
司会者から初参加の私に、ご指名が・・・。
それでは、まず名刺代わりに、とおもむろに告げる、その曲名は「君恋し」・・・なんと古くさい歌だろうか。でも、私の世代の唄う歌としては定番であると思う。
そして、次は・・・同じく初参加の若い人たち。
この人たちの唄う歌は、私たちの世代とは全く異質なものであり、聞くことは出来ても、唄うことはほぼ不可能・・・である。
でも、彼らは彼ら、私たちは私たち。
それぞれの「持ち歌」を思う存分唄って、食事もお酒も鱈腹いただき、あっという間にお開きとなった。
次回も絶対参加するぞとの決意を胸に帰路を急いだ。
以前から「カラオケ部」の存在を知ってはいたが、なかなか参加する勇気が出なかった。
でも参加すると、もっと早くから来ておけば良かったと痛切に感じる。
2008年は残念ながら紅白歌合戦に呼ばれなかったが、このカラオケ部で修行を積めば・・・
紅白出場も夢ではないぞ・・・これは本当に冗談ですよ・・・

イメージ 1



下の文字をクリックしてください私にポイントがつきます・・・お願いいたします



この記事に

開く コメント(8)

 

テーマ曲の変更・・・

私が唄う歌のことですが・・・

今まで一番好きな歌・・・というか

よく唄っている歌なのですが

「影を慕いて」・・・ですが

これを変えようと思います

「愛の賛歌」です・・・

曲のイメージが全く違い

今までの演歌とは様子が違いすぎますが

これを今から聴いて聴いて・・・

カラオケボックスで繰り返し練習して・・・です

歌詞が良いですね

「固く抱きあい、もえる指に髪を絡ませながら、愛しみながら・・・」最高ですね・・・

誰のために歌うのか・・・聞かないで・・・恥ずかしい・・・

それは我が愛妻のためですよ・・・爆笑・・・

この記事に

開く コメント(39)

開く トラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事