小山公認会計士税理士事務所・文人を目指す小山登の独白

名を成すは常に窮苦の日々にあり・・・今の精一杯を・・・

税務・会計・監査

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年度も 今日で終了です

公認会計士の研修(継続的専門研修制度)による私の取得単位数が

今年度は 100単位となりました

必要最低限の年間取得単位数は 20単位です

三年平均で 40単位以上の取得が求められています

昨年度は 82単位 一昨年度は 70単位でしたから

今年度はすごく勉強したことになります

この年齢でまだ研修会を受け続けてます

あまり居眠りもしませんし

頭の体操 刺激を沢山受ける・・・ぼけ予防ですね



下の文字をクリックしていただければ、喜びます・・・




この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

 

今年度の税制改正大綱では産業競争力強化の観点から
生産性向上設備投資促進税制が創設され
中小企業等では機械等の取得価額の全額の償却(即時償却)が
認められに至った 
ただ適用が平成26年1月20日以降の取得分からであり
原則として最新型の設備機械等であること等が条件である 
また生産ライン等については生産性の向上について
経済産業局の確認を得ることが条件となっている

試験研究費についても試験研究費の増加額に係る税額控除拡充された
従来、増加試験研究費に5%を乗じた金額の税額控除であったのが
増加試験研究費に30(増加割合が30%未満の場合は増加割合)
を乗じた金額の税額控除になった

これらの改正は・・・赤字企業には何ら恩恵がない
儲かる企業と儲からない企業の格差が広がりそうだ

それが狙いであろう・・・儲かる企業にどんどん儲けてもらう
産業構造・経済社会構造を変える目的があるのだろう


 




下の文字をクリックしてください、喜びます・・・






下の広告は当方と一切関係がありません・・・無視してください・・・

この記事に

開く コメント(0)

収入が公的年金のみで(他の所得が20万円以下の場合も)

年収400万円以下の人については確定申告が不要になりました

一方で地方税の申告が必要になる人も多くいます

しかし、現行の地方税の電子申告システムは個人の市民税等に対応していません

税務申告ソフトが無くても・・・うまく処理できるサイトが有りましたので

紹介します・・・大阪市のホームページです




 




下の文字をクリックしてください、喜びます・・・






下の広告は当方と一切関係がありません・・・無視してください・・・

この記事に

開く コメント(2)

有期契約社員を取りまく労働環境が劣悪なことによる労働相談件数や職場でのトラブルが増加しつつある一方で
非正規社員は労働者の約三分の一を超えて増加の傾向にあり契約社員や派遣社員が増加しつつある
このようななかで有期契約社員(有期労働契約)の無期労働契約への転換が要件を満たせば自動的に行われることとなった
この転換の条件は継続して5年以上の契約期間があれば労働者の申込みにより自動的に転換が行われることとなる
今後、有期労働契約が5年を迎える前に、多くの非正規労働者がいわゆる雇い止めになるのではないかと懸念されている


下の文字をクリックしてください、喜びます・・・

この記事に

開く コメント(0)

  

法人の7月決算分の電子申告で・・・データの読み込みエラー・・・

地方税の別表6の9が読み込めません・・・と・・・

ソフトの製造元に尋ねると

別表の様式が変更されたが 地方税の電子申告の改訂作業が遅れていて

11月まで別途送付か PDF化して添付する必要があるそうです

ちょっと・・・ちょっと・・・これは不便ですね・・・ 




下の文字をクリックしてください、喜びます・・・






下の広告は当方と一切関係がありません・・・無視してください・・・

この記事に

開く コメント(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事