ドイツパン・菓子勉強会

                  



                  ドイツパン・菓子勉強会連絡板


1.平成20年6月19日にスタートいたしました表記勉強会のご連絡をいたします。
2.このブログは、連絡板にて同会のインフォメーションをお伝えするだけであり、書き込み、メール返  信は出来ません。
3.この件の問い合わせ、連絡は、下記勉強会事務局へ郵便かFaxでお願いいたします。
  事務局への電話連絡、また事務局所属、専修学校日本菓子専門学校へのメール送信は、
  ご遠慮願います。
  〒158−0093、東京都世田谷区上野毛2−24−21
  専修学校日本菓子専門学校内、ドイツパン菓子勉強会事務局宛 
  Fax:03 3700 8292
  ※氏名、住所、Fax番号を明記願います。 


新規入会希望手続き。
1.勉強会入会申し込み希望者は,当会幹事会の承認が必要になります(会則)。
  入会まで以下の流れとなります。
  入会希望者は、氏名、職業、住所(郵便番号記載)電話番号、Fax番号を記載し、上記当会
  事務局へ郵便かFaxで入会申し込みをして下さい。
  現会員の推薦者か紹介者がいる場合は、その方の会員番号、氏名も記載下さい。

2.事務局は、当会会則により幹事会に新規会員入会を諮ります。幹事会で入会承認を得られましたら、
  事務局より、年会費納入に関する連絡及び会専用入会申込書を郵送いたします。
  また、幹事会で残念ながら入会不可の決議がされた場合は、その由ご連絡を申し上げます。 
3.入会希望者より入会申込書受領(写真添付)年会費振込(正会員・準会員6,000円、企業会員
  30,000円)確認が出来ましたら、会員番号、会員名簿、平成22年度総会資料、その時点で
  の会よりのご案内を郵送いたします。以後、随時会よりのご連絡を郵送にて行います。
※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。郵便かFaxでご連絡下さい。

 
平成23年6月21日第4回定時総会報告と講演会、懇親会報告
 1.総会報告
6月21日(火)午後4時より日清製粉株式会社錦町本社7階会議室で開催。
   午後4時開催・司会進行:事務局長・秋田 勝
  (1)倉田 博和会長挨拶
  (2)会議成立要件発表(秋田事務局長、発表)   
     出席会員数50名。委任状出席者78名。計128名
     6月15日現在、総会議決権保有正会員93名、企業会員28社・68名、計161名。
     委任状を含めた会員の過半数の出席を持って会議成立(会則9.総会) 
  (3)議長選出。出席者より自薦他薦を司会者より尋ねる。司会者一任にて会長を推薦
     出席者の承認を得る。
  (4)総会議事録署名人選出
     倉田議長より出席者に井上幹事に署名人を依頼することを諮り、承認される。
  (5)議長より以下の議事録で進める発言。
     第1号議案 平成22年度事業報告の件       
     第2号議案 平成22年度決算報告の件
     議長指示にて秋田事務局長両議案を説明。
     竹谷監事より監査報告をする
     議長より両議案の審議を諮り承認される。
     第3号議案 平成23年度事業計画の件 
     第4号議案 平成23年度予算(案)の件
     議長指示にて第3号議案、明石幹事より説明。
     議長指示にて第4号議案秋田事務局長説明。
     議長より両議案の審議を諮り承認を得る。
     第5号議案 その他の件
         。蕋癸瓧達p2012の件。山崎副会長説明。
         会則、会則補足規定変更、追加の件。秋田事務局長説明。 
     議長第5号議案の審議を諮り承認を得る。
     倉田議長、議案の全てを速やかに審議され原案通り承認されたことに感謝し、
     議長を降りる。
     秋田事務局長平成23年度定時総会終了を宣言し、滞りなく総会を終了する。
     
2.講演会報告 
  午後5時00分より、NPO法人、食育研究会MoguMogu理事長、松成容子講師による
  「現代日本人のための食環境を考えた食教育」をテーマに1時間講演。受講会員は熱心
  に講師の熱弁を聴く。
3.懇親会報告  
   総会終了後、会場を株式会社日清製粉錦町本社地下食堂に移し、午後6時00分
   大村幹事司会で開催。井上幹事の開宴の挨拶。
   お祝いの言葉:株式会社日清製粉東京営業所次長、葛西 正和氏
   出席者55名は、個々楽しい懇親の場を持ちました。また、新会員2名の自己紹介
   も行った。
   午後8時、終了。
 
平成22年度活動内容
 第3回定時総会・講演会・懇親会。シュトーレン・X’masアイテム講習会。ドイツ菓子と
 パンのバラエティー講習会。MOBAC SHOW2月17日、18日デモンストレーション。
 (年度内予定)製パン技術者の配合表の書き方、考え方講演会。ibaCup日本1次予選。
        企業見学会。ドイツ菓子とオーストリア菓子講習会。
        6月・第4回定時総会
                                               MOBAC SHOWにおけるドイツパン・菓子勉強会のデモンストレーション
  平成23年2月幕張メッセで開催されました、日本製パン製菓機械工業会主催のMOBAC 
  SHOWにおいて2日間、当会はデモンストレーションを行った。
  2月17日:当会幹事大村氏をチーフとして、明石幹事、倉田会長及び当会会員より公募で
        選ばれた、大島氏、高木氏、原口氏、平野氏、渋谷氏、田村さん、高田さん
        の皆さんが、多数のドイツパンを製作した。
平成23年度活動予定
  9月:企業見学会、講演、懇親会(企業会員、キリン協和フーズ株式会社協力)
     地方における菓子・パン講習会(平成22年度神戸講習会に続き第2回講習会)
  10月:ibaCup日本代表選手2名決定最終選考会
     シュトーレン及びX’masアイテム講習会
  11月:パン・菓子講習会
     ibaCup代表選手トレーニング
  12月:ibaCup代表選手トレーニング
  2月:講演勉強会
     ibaCup代表選手トレーニング
  3月:2012年9月ドイツ、ミュンヘンibaCup応援ツアー発表
     店舗見学ツアーと懇親会
  4月:ibaCup代表選手講習会
  5月:ibaCup応援ツアー参加募集開始
  6月:第5回定時総会、講演会、懇親会
  ※以上は、予定であり月日の変更、内容の変更は有る。

平成23年度7月現在ドイツパン・菓子勉強会会員数
  正会員、準会員95名、企業会員27社。 
 


4.平成23年度活動
  。昂遑隠監キリンビール工場見学会。
   当会企業会員キリン協和フーズ株式会社協力による、キリンビール生麦工場見学と講演(ビール
   用ホップとパンの歴史、パン用ホップ種の商会、等)と懇親会。参加者32名。
 
 ■隠扱遑隠夏ibaCup決勝コンペテイション開催(会場・日本菓子専門学校)。
   10月11日午後、12日終日、一次予選通過選手6名による決勝。
   決勝出場者:大村田(マイピア)長岩崇之(オーベルニュー)渋谷則俊(冨士屋)
         渡邉裕之(タンドルマン)山崎弘樹(アンデルセン)樋口達也(デイジイ) 
   審査委員:審査委員長・山崎豊。審査員・倉田博和、鈴木信明、江崎修、井上克哉。 
   外部審査員:根岸靖乃(パン技研)高江直樹(東京製菓)大橋哲雄(Mオリエンタルyと右京)
   決勝結果
   出場選手はベストを尽くし、スバラシイパンを製作、審査委員も審査に苦労された。
   結果、大村田氏、渡邉裕之氏、2名が日本代表選手として選ばれた。
   2名は、2012年9月ドイツ、ミュンヘンで開催されるiba展示会において、第3回
   ibaCupの日本代表選手として出場する。
   ※決勝大会終了後、表彰式、懇親会を開催。懇親会は、40名の参加者で開催された。
  
 10月19日札幌製パン講習会。
  札幌のベーカリークラブN43とタイアップの講習会。当会では年1回地方において当会企画
  の講習会を開催している。昨年開催の神戸講習会に引き続き本年度も開催。
  講師:明石克彦講師(ブロートハイム経営、当会幹事)江崎修講師(カフェヴィィーナローゼ
  経営、当会幹事)。受講者数49名。
 

 ぃ隠扱遑械影講習会
  埼玉県蕨市の株式会社愛工舎製作所の会場をお借りしての講習会。
  講師:大村田講師(マイピア、当会幹事)森野彰講師(愛工舎営業管理部研究室長)
  講習氏品:ホッヘンブロート、ツオップ、焼きドーナツのバラエティー、ガトーショコラ、etc。
  受講者数:44名。
 
 ィ隠鰻遑横稿講習会予定
  講師:山崎豊講師、高倉美香講師、伊藤雅大講師。
  講習テーマ:シュトーレン及びX’masアイテム+ドイツパン 
  会場:株式会社愛工舎製作所。
  ※受講希望当会非会員の方は、愛工舎HPでご確認下さい。





  





 
    


 
   
   


 





   



                             

.


みんなの更新記事