琵琶湖のなまずの独り言・・・

琵琶湖のなまずも意見を言ったりします、生意気に政治や経済なんかもね

全体表示

[ リスト ]

イメージ 11

しまなみ海道と道後温泉でまったり

ブログを更新できなかったのは、突然思い立って、しまなみ海道をチャリで走ってきたのです。何故今か、と言うと、関西汽船の大阪〜今治寄港ルートが5月31日で無くなると言う事で急遽、行こうと思い立ってしまったのです。

しまなみ海道をチャリで走るには尾道から入るか、今治から入るかですが、私は瀬戸内を船でのんびり下って、早朝、今治に着いてそこから走り始めるのが好きなのです。時間的、金銭的なことから鑑みてですが。で、そのルートが無くなる当日にギリギリで行くことにしました。急に思い立って、天気を見て、晴天、よし行こうと決めて、速攻するのが自分の性格、まあ、そこは気楽な暇人ですからね、なんたって〜〜(笑)。

イメージ 1



で、大阪南港を日曜の夜に出て、翌日、6月1日(月)早朝5時50分に今治着。
イメージ 2


写真は、ご来光と朝日に輝くフェリー、サンフラワーコガネでございます。
イメージ 3


二等船室の大部屋で5600円なり、JRより遥かに安上がり。ネット予約ならこの2割引です。

で、今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」でクロスバイクを借りて、いざ出発。いつもは折り畳みの愛車ですが、流石に長距離はまともなチャリを使いたいので、借りました。料金は1日500円、乗り捨て代金が1000円です。

ついでに書いておくと、しまなみ海道は全線、約70km、大小7つの橋が瀬戸内海の島々を繋ぐコースで、実にサイクリングに適していて、全線、自転車兼歩行者道路が備わっていて、かつ途中の休憩所、標識、乗り捨てステーションなどすべて完璧で、実に最高のサイクリングコースです。絶対お奨め、金は掛からないし、健康的、気分爽快、ただし、天気次第ですけどね。

イメージ 4



イメージ 5


イメージ 6

海の緑、空の青、木々の新緑と海風の心地よさ、鶯が鳴いて陽光に照らされたコースは、爽快そのもの、実に素晴らしいの一語に尽きます。車で飛ばして行き過ぎるには余りにもったいない、チャリで途中、景色を堪能しながらのんびり走らないと本当にもったいない道です。

私は写真を撮り、寄り道して、昼寝して、もう気ままなポタリングです。



イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


アップダウンが有りますが、端から見るほどチャリで登るのは大変では有りません。後になり、先になりして、70過ぎの爺さんチャリーダーが5人で走っておりました。民宿で一緒になりましたが、お一人は何と広島の原爆を体験していると言う高齢のお方です。まあ、それくらいの運動量です。ちなみに私は50過ぎてからチャリを始めて、しまなみ海道は今年で二回目です。一度行ったら病み付きです。

途中で、余りに海の緑がステキでついつい船に乗ってしまいました。なに、競技ではないし、好き勝手にコースを替えて行き当たりばったりに風任せに行くのが自分の流儀ですので構わないのですよ。

イメージ 10


で、生口島から尾道までショートカットして船で行きました。着いたらお昼、尾道でラーメンを食べて、早速、観光です。

尾道ラーメンは有名ですが、入ったのは地元の人がお昼の定食を食べる安めの食堂、500円でしたが結構旨かったです。

私、けちなので、観光地の高いレストランには入りません、入るなら絶対に地元の人の行く店です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事