What do you think about?

祝 東京オリンピック2020

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

9月1日

9月1日は大抵の学校が2学期の始業式。
ボクもあの日の朝、アメリカから帰国して早速登校の日。
NHKの7時のニュースが始まり、音楽のあと森本アナウンサーがいきなりの臨時ニュース。


ニューヨーク発アンカレッジ経由ソウル行KAL007便がカムチャッカ半島で行方不明だと。
KALはその前にもロシアの戦闘機に撃たれ強制着陸をした事故もあり、またかと思ったのと同時に
今回は撃墜やなと自分なりに思っていました。
始業式そうそう嫌なニュースだったことを思い出しました。

さて学校では世界史の清水睦夫先生の独壇場。

9月の世界史の授業はソビエト一色だったような。

同志社香里

『週刊ダイヤモンド』「息子・娘を入れたい学校 2015」のランキングでなんと1位にランキングされているではないですか。びっくり。選ばれた基準などそのあたりの詳しい事情はわかりませんし、そもそもランキングに入ったからどうだと騒ぐようなことではないと思っていますが、実際にこうやって出てくるとちょっとね。
イメージ 1

ボクは大昔の卒業だから今のカリキュラムで習っている訳ではありません。
でもあの当時学校で習った英語(Patterns $ Drills)、現校長の福田先生や松本先生による
半ばシバキ上げ英語教育法、独自の理論を強制的に押し付け、近代〜現代歴史のみを中心に、
帝国ロシヤ〜論、ルネッサンスはなかったと断言してた清水先生の世界史・・・今の年齢でも役に立ってる
知識・スキルには感謝かな。自由な校風に私服だったこともね。
京都市内にある井筒ホテルに1泊して来ました。
場所は河原町三条交差点西側の通りを四条方向へちょっと下がったところにある元オフィスビルです。

イメージ 1建物自体築約20年ってところでしょうか。おそらく河原町通商店街の本屋さんと文房具屋さんがそろって店をビルに建て替えたんだと思います。当時は地階(現在足マッサージ屋)の右半分が本屋さん、左半分が文房具屋さんだったような気がします。

そして階段上がった1階にはアメリカン・エキスプレスの旅行部(TSO)が入居していて、2階につながるらせん階段が当時ありましたがその面影は今はありません。
ホテルのフロントは階段上がったところの扉入ってすぐ右にカウンターがあります。

今回ボクが宿泊した部屋は訳ありという文言のある部屋で、このフロントの裏にあるエレベーターの右隣のスペースに設けられた客室でした。1Fには2部屋ありました。

エレベーター近くの部屋で人通りがあることによる騒音などがあること、窓があってもほとんど日が差さない部屋であることで訳ありなのでしょうが、素泊まり客には関係ありません。

もともとホテル用に建てたビルでないため、部屋のレイアウトは歪です。水回りも当然あとで設置していることもあり客室のフロアより幾分高く設置されており、バリアフリーではありません。



イメージ 2

扉からベットのあるところまで少し距離があります。左側にエレベーターの壁があります。エレベーターの音など全く気になりませんでした。
その他部屋はこんな感じです。照明の関係でjホテルの部屋にはあまり思えませんが。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


楽天トラベルでこの時期(15日土曜日1泊)税込みの¥10,000でした。こんなもん?

ボクが搭乗する飛行機の出発時刻までまだ時間が十分あったので、旅客ターミナル東館まで徒歩で移動し、
メルセデスベンツの車を展示しているところにあったお店(Eggcelent Bites http://eggcellent.co.jp/top/ )でお昼を食べることにしました。
てっきりハンバーガーかと思っていた食べ物は、野菜たっぷりに目玉焼きが挟んであるバーガー?でした。
これにオニオンリングとコーラで約1300円でした。結構なお値段で。

イメージ 1

2015年8月 東京電力

ちょとご無沙汰してしまったブログですが、本日アップデート。大した話題ではありませんが。

利用期間 07月14日〜08月12日

使用量  487KWH
支払金額 ¥14,331
契約アンペア 50A

前年同期464KWHだって。猛暑のためエアコンフル稼働のおかげか。
東電の事故以来電気代が約30%値上げしていることもあって結構な負担だなあ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事