ここから本文です
yasの優遊自適
今年の秋も百名山に登坂予定

書庫全体表示

記事検索
検索

全1308ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本日、佐渡島にて「2019佐渡国際トライアスロン大会」が開催されました。
…と言うかコレを書き込んでいる時間も多くのアスリートたちがゴールを目指して己と戦っています。
ATYPE 海での水泳4㎞ バイク190㎞ ラン42.2㎞
日本選手権 B・RTYPE 海の水泳2㎞ バイク108㎞ ラン21.1㎞(RTYPEは3名1チーム)
以上の競技を制限時間内で完走する。
今年はBTYPE・RTYPEは18:30迄にフィニッシュしていない場合は足切りとなっております。
毎年、義妹がこの競技に出場しておりますが今年もATYPE完走しました。
しかもエントリー1079人中で200位以内にゴール。
毎度ながら本当に凄い人だと思う。
チョット尊敬しています(笑)

トトロの森へ

イメージ 1
県境を越えると車窓から見える田圃に水が張られていない
田植えは、もう少し先なのだろうか?
イメージ 2
米坂線に乗る事一時間半弱の910今泉駅に到着するが列車交換の為15分間の停車。
この列車交換の時間の間に何か出来ないだろうか?
ということで、とりあえず車両の写真を撮ったりしている。
イメージ 3
9:56米沢駅に到着。
考えてみたら態々終点の米沢まで来なくても一つ手前の南米沢駅で下りた方が早かった。
とりあえずDOLOMITIを組み立てて米沢駅から米沢城跡の前を通って県道2号を進みます。
イメージ 4
ズッと直進して行くと巨大な笹野一刀彫のお鷹ポッポが!「デカいなァ」と思って見上げていたら後からお婆ちゃんに声をかけられた。
「…来たね」何を言われたか判らないが「新潟からです」と答えたら通じた様で「そうかね」と言われた。
「トトロの森って此処真っ直ぐで良いのですか?」と聞いたら「真っ直ぐだ」と言われたので「ありがとうございます」とお礼を言って先に進む。
イメージ 6
その通り真直ぐ進んで行くと段々標高が上がって行くが、その内
道路標識の「天元台」まで10㎞を切った。
「確実に道が違うなァ」と船坂安産地蔵尊で
Uターンして元の道を下って行く。
イメージ 5
胸高幹周5.5m・高さ20mの南原の大栗という栗の大木まで戻って来た時に道を歩いている女性がいたので「トトロの森」迄の道を聞いてみた。
「直ぐそこのT字路を左折し、携帯の電波塔を過ぎて十字路があるので其処を右折して直進」との話。
左折して電波塔を越え直進して行くと最上川が…何だか嫌な予感。
それでも直進して行くと何かイベント事でもあるのか警官が田圃の真ん中で交通整理をしていた。
車が来ない事を確認阿して「トトロの森」を聞いてみると「来た道を戻って最上川を越えて最初の十字路を左折して只管直進すると看板が出ている」と説明された。
イメージ 7
最上川沿いの直江石堤を眺めて十字路を左折し緩い登りを登って行く。
米沢の人は「トトロの森」を余り広められたくないのかな?
愚直に直進して行くと看板があり、何とか「トトロの森展望台」に到着できました。
イメージ 8

三ノ倉高原ひまわり畑

イメージ 1
東北最大級のひまわり畑が喜多方に有ると聞いていた。
イメージ 2
聞く話ではその株百万以上。
イメージ 3
先日伺った津南のひまわり畑の倍以上の規模という事になる。
イメージ 4
夏のスキー場をひまわり畑にしたというが規模のイメージが付かない。
イメージ 5
8月17日に行ってみたらコレが凄かった。

イメージ 6
家に帰ってPONに写真を見せたら
イメージ 7
「私も行きたい…連れて行け」と脅され、25日に再来訪。
イメージ 8
昼間に行くと平日でも込むというので早朝スタートで8時過ぎに到着。
イメージ 9
それでも結構人がいて私の停めた駐車場は満車に近い状態でした。
イメージ 10
向日葵は太陽の方を向くと言いますが、中には他所を向く奴も。
イメージ 11
休日には周辺道路が渋滞すると聞きます。
イメージ 12
スキー場に在るので山の斜面が畑になっていて向日葵に飲み込まれそうな。
イメージ 13
17日に観た畑の上の畑が満開になっていました。
イメージ 14
周辺が全て向日葵なので感覚がおかしくなって来る。
イメージ 15
本当に向日葵三昧の体験をさせて頂きました。

旧白根市一周

イメージ 1
25日は暇でしたので何気にTCRで中之口川の土手を走りました。
彼岸花も咲き出して綺麗です。
イメージ 2
開通前の橋を見ながら中之口川沿いから信濃川沿いを走る旧白根市を一周すると程よい距離を走れるだろうと思い付いた。
イメージ 3
月潟の電鉄跡のサイクリングロードには栗の毬のトラップが!
イメージ 4
月潟駅跡でかぼ電と記念撮影
イメージ 5
新飯田の商店街のお茶屋さんで「ヒマラヤピンク塩ソフト」を食べた。
ピンクっぽいヒマラヤ塩がしょっぱくて甘さが引き立つ。
イメージ 6
結構熱々とした雲が空を覆っていたのですが、穴が開いていた。
イメージ 7
途中の小須戸でランチ!と思っていたのですが、お祭りでしたのでランチは家までお預けとなりました。
一週は58.05㎞で大体猪苗代湖と同じくらいでした。
家に帰って食べた明太スパ(スーパーの特売品で¥198)が非常に美味しかった。

トトロの森へ

イメージ 1
yahoo画像より
「となりのトトロ」はスタジオジブリの長編アニメーション作品で
19884月に全国公開された。
因みに同時上映は「火垂るの墓」でした。
現在の埼玉県所沢市が舞台で時代背景は昭和30年代前半。
母の療養の為に田舎に引っ越して来た家族の子供が変な生き物「トトロ」と出会う物語。
イメージ 2
Yahoo画像より
何で見たのだったか「トトロの森」という物がある事を知りました…が、スッカリ忘れておりまして、何かの切欠で思い出したのでYahoo検索してみると、何とお隣の山形県米沢市に在るという。
そう言えば昨年、米沢牛を食べに行ったではないか!
同じ様なルートで行けはしないかと調べてみると何とかなりそうなので、早速GWの代休である515日に実行したのでした。
胎内市に在るJR坂町駅は自動車で我が家から1時間強の距離にある。
しかし、此処へ行くには日本で一番交通量のある新々BPをラッシュ時に通らねばならない。
確か前回も一時間半前に家を出てギリギリだった事を思い出し、もう少し余裕をもって6:00にスタートしたのだが、早速事故渋滞に巻き込まれた。
イメージ 3
交通事故は、それを見ようという野次馬根性がさらなる渋滞を作る。
焦りつつも事故を起こさない様に裏道を駆使して、それでも間に合わなかったら他を走ろうと色々考えながら走ったら何とか5分前に到着。
慌てて駐車場と米沢までのチケットを購入してDOLOMITIを担いで4番線ホームから電車に飛び乗る。
イメージ 4
何とか乗り込んだ途端に7:42発米沢行の列車は走り出した。
今更ながら持ち込んだ荷物のチェックをして何とか人心地就く。
イメージ 5
車窓からは日本一の清流になった事もある荒川が流れている。
今回も乗客が少なかったので四人掛けのBOXシートに陣取らせて頂いた。
この路線では何かイベント事でもない限り、そうした方が邪魔にならない様だ。
以前あった運転手?乗務員?もそう言っていた…因みにこの列車はワンマンです。
イメージ 6
前方右手に見える雪を被った山は飯豊山でしょうか?
素晴らしい山だと聞くので何時かは登ってみたいなあ。

全1308ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事