ここから本文です
yasの優遊自適
今年の秋も百名山に登坂予定

書庫遊び

記事検索
検索

全208ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

三ノ倉高原ひまわり畑

イメージ 1
東北最大級のひまわり畑が喜多方に有ると聞いていた。
イメージ 2
聞く話ではその株百万以上。
イメージ 3
先日伺った津南のひまわり畑の倍以上の規模という事になる。
イメージ 4
夏のスキー場をひまわり畑にしたというが規模のイメージが付かない。
イメージ 5
8月17日に行ってみたらコレが凄かった。

イメージ 6
家に帰ってPONに写真を見せたら
イメージ 7
「私も行きたい…連れて行け」と脅され、25日に再来訪。
イメージ 8
昼間に行くと平日でも込むというので早朝スタートで8時過ぎに到着。
イメージ 9
それでも結構人がいて私の停めた駐車場は満車に近い状態でした。
イメージ 10
向日葵は太陽の方を向くと言いますが、中には他所を向く奴も。
イメージ 11
休日には周辺道路が渋滞すると聞きます。
イメージ 12
スキー場に在るので山の斜面が畑になっていて向日葵に飲み込まれそうな。
イメージ 13
17日に観た畑の上の畑が満開になっていました。
イメージ 14
周辺が全て向日葵なので感覚がおかしくなって来る。
イメージ 15
本当に向日葵三昧の体験をさせて頂きました。

24時間テレビ

今年も24時間テレビが行われています。
毎年コレを見ていて思う事は障害者や難病を抱えている子供達の生きるという力・気持ちのなんと強い事か。
そして親子の絆の強さ。
以前こんな事をアップした事がある。

<親の思い>
五体満足で育っている子供をもつと
子供のいない人をうらやむ事がある

切って縫って体に傷を持つ子供をもつと
元気で普通の子供をうらやましく思う

一生ハンディの残る子供をもつと
一時の治療ですむ子供をうらやましく思う

余命宣告されたり子供の死んでしまった親は
ハンディが残ってでも生きている子供をもつ親をうらやましく思う

子供ができない親は
産める親をうらやましく思う

腹の底から大笑いしているそんな時もよいけれど
私は、いつも微笑んでいられる一日一日、瞬間瞬間を大切にしたい

子供は誰にとっても宝です。
ただ、取り扱いが非常に難しい。
時折、本当にどう扱えば良いのか解らなくなって、イライラして、激高してしまう事もあるでしょう。
子育ては後悔の連続だとも聞きます。
私たちの様に、その後悔すら出来ない、親になれない人もいます。
子供は世界の宝です。
親だけでは手に余る、だから周囲の人達と触れ合う事で育って行くのです。
そんな子供たちの姿を見て笑みや涙が零れるのです。
皆、頑張れ!頑張れ!!
君たちは可能性の塊なのだ。

そういえば、昨日私は24時間仕事をしていましたが、誰も「負けないで」とか「サライ」を歌ってくれなかったなあ。


先日、猪苗代湖へ遊びに行こうと思った際に、急に喜多方市の三ノ倉高原のひまわり畑を思い出した。
イメージ 2
何でも6.65haに百数十万本のひまわりが咲いているとか。
イメージ 3
R49の途中から山の中を通って喜多方市へ。
イメージ 4
到着すると既にすごい数のひまわりが見える。
イメージ 5
今後もひまわり畑を維持していただきたいので協力金の200円をポストに入れる。
イメージ 6
ともかく一面ひまわり!
イメージ 7
先日伺った津南のひまわり畑の数倍はありそうです。
イメージ 8
天気が良ければ喜多方市も眺望できるのでしょうが、この日は今一。
イメージ 1
急に寄ったので防虫対策も無く、ひざ下を三ヶ所もやられてしまいあまりゆっくりせずに帰って来ました。
次回はゆっくり見たいものですね。

旅の終わりに

イメージ 1
お土産を買いに再び榛名湖へ。
今年のGWは我が国初の10連休だからかGW後半の5日には土産屋の土産物が品薄になっていた。
仕方が無いので榛名富士の麓にある榛名湖温泉へ行って汗を流す事に。
巧く行けば土産物もあるかも知れない。
「榛名湖温泉ゆうすげ」に入ると売店に土産物が並んでいた。
とりあえず入浴料510円を支払い汗を流す。
洗い場にて頭を洗う親父を尻目に奇声を発しながらシャワーで洗い場を占拠する餓鬼がいた。
まるで猿山の若猿の様だ…て大して違わないか。
余りに良い子なので飴玉をあげようかと思ったが、寸前で父親の先発が終了した。
露天風呂では狭い湯船の中に大の字で浮かぶ餓鬼が…五右衛門風呂に用に、そのまま踏んで入ろうと思ったが睨んでいたら「お父さん…」と何処かへ行ってしまった。
早々に汗を流して風呂の前でPONを待っていたら同僚から電話が…
「明日、仕事を手伝ってくれないか…」
緊急事態でもあったので仕方がない…
全く、群馬の温泉では不快な思い出しかないなあ。
お蔭で風呂絡みの写真を撮り忘れてしまった。
因みに温泉はいい湯でしたし、設備も良かったと思います。
イメージ 2
その後、新潟に帰る道すがらに夕食を食べる為、暗くなって来た山道を延々と走り、みなかみ町。
時刻は19時を少し回ったところで、目的の五郎兵衛館に到着。
R17からも見える大きな看板に「五郎兵衛うどん」と書かれているが、店の名前は「五郎兵衛館」なのです。
締めにもう一つ上州名物を食べて行こうとこちらに寄りました。
イメージ 3
それは「うどん」
群馬も形態は様々なれどうどんが名物です。
で、私は「五郎兵衛うどん定食(1200円)」をオーダー。
こんにゃくやら、おでんやら上州名物のオンパレード。
実にしっとりとコシのあるうどんでございました。
写真を見ていたらまた食べたくなって来た。
こうして私の上州旅行は幕を閉じたのでした。


榛名神社

イメージ 1
榛名湖に来たら当然、榛名神社に寄らなければ!
イメージ 2
榛名神社の全容図
イメージ 3
最近は何処に行っても海外の人が多くて記念撮影ポイントは陣取られています。
イメージ 4
大岩の下に灯篭が。
イメージ 5
塔と狛犬
イメージ 6
トマトの碑
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
本堂は現在工事中です。
イメージ 10
御神体は大きな奇岩
イメージ 11
この岩が落ちる時が何時か来るのだろう。
イメージ 12
群馬県には奇岩が多い。
イメージ 13
奇岩があればそこを落ちる滝もある。
イメージ 14
もう少し時間があれば、ゆっくり見れたのですが15時位からの矢継ぎ早に見学でした。
因みに榛名湖迄の道は数日後に「第七回榛名山ヒルクライムin高崎」が行われたそうで、結構な数のロードバイクが走っていました。
中には押して登っている人も…

全208ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事