ここから本文です
Maniac Fishing Life
道具は一流、ウデは二流

書庫全体表示

記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久しぶりに…。

近ごろのフィールドの荒廃振りに辟易して、サボり気味になっていた雷魚釣行。
今日はいかにもな天気だったので、久しぶりに行ってみました。

イメージ 1


お目当てのポイントに到着すると、先行者こそいないものの、田んぼの代掻きが何箇所か入っていて酷い濁り。まあこの時期は何処でもこんなもんなので、諦めて魚を探します。

イメージ 2


今回のフロッグ。年々厳しくなって行くフィールド状況に伴い、カエルもどんどん小さくなっていきます(笑)

時刻はAM10時。この時間はまだ風も無いのでサイトで魚を探しやすい。しばらく待っていると、まあまあのサイズが出現。
早速目の前にフロッグを通すと、すぐ身体をくねらせて反応。喰わせのアクションを入れると、いきなり横から別の魚が!


イメージ 3


けっこう暴れましたけど、無事ネットイン。フロッグを横取りして来たのはこのチビ(笑)

「何してくれるねん!」

まあせっかく釣れてくれたので、とりあえずそのまま撮影してリリース。
ネットランディングだとこの辺は大変スムーズに行なえます。

イメージ 4


その後エリアを少し変えて、濁りの少なめなポイントに。待つこと30分。またしてもそこそこのサイズが出現!
上手い人ならこのサイズはスルーして、さらに大型を待つのでしょうけど、欲の皮が突っ張った誰かさんは、雷魚と見るや見境なくキャストしてしまいます(笑)

イメージ 5


なかなか口を使ってくれませんでしたけど、スペシャルテクニック(笑)を駆使して何とか喰わせました。

イメージ 6


思ったより大きかったので、メジャーを当ててみたら、70半ばでした。僕としては大型サイズでとても嬉しい一匹でした。

結局この2匹で満足してしまい、季節外れの暑さも相まってヤル気も無くなり、恒例の早々退散となりました(笑)

開くトラックバック(0)

OIKAWA from KURUME

本日僕宛の封書が届きました。差出人は我らがヒーロー、カムルチー古賀氏。

イメージ 1


開けてビックリ。丁寧なお手紙と共に、シャッドラップSR-7 PCオイカワカラーが入ってました!
地元のリサイクルショップで発見されたようで、僕がシャッドラップばかり使っているのをブログで見て、わざわざ送ってくださいました。

イメージ 2


シャッドラップのオイカワカラーは、大昔に買ったSSR-7しか所有していなかったので、大変感激しました。
最近ではこのカラー、全く見かけませんからね〜。

イメージ 3


とりあえず比較。
フックが付いていないですが、塗りは非常に良く似ています。ただ、スプリットリングがSSRはブロンズに対して、SRはメッキリングになっています。
このスプリットリングが純正だとすれば、おそらくSSRより新しい時代の物と思われます。

イメージ 4


側面の塗りは非常に良く似ていますが、背面は微妙に異なります。SRの方が薄いですね。

イメージ 5

イメージ 6


このオイカワカラー、あまり詳しくないんですが、どうやら87年頃から始まったらしいです。
唯一手持ちの97年ミニカタログにも掲載はされていますが、この頃は顔や胸ビレあたりにかけてかなり金色っぽい感じがして、今回の物とは微妙に異なる感じです。
今回のオイカワは果たして何年頃の製造なのでしょうか?

イメージ 7

イメージ 8


リップにはFinlandの刻印が入っていますが、特に黄変も無く綺麗な透明を保っています。

イメージ 9


手持ちのスプリットリングがブロンズ時代のSR-7は、未使用レベルの美品にも関わらずリップが黄変しています。
個体差かも知れませんが、スプリットリングの素材が変更された頃にリップの材質も変更されたのかも知れません。

イメージ 10


フックが無しでは寂しいので、とりあえず実釣用に交換して残っていた純正ブロンズフックを装着。このスプリットリングがオリジナルなら、元々はカドミウムフックが付いていたかも知れませんね。

ホントはフックやスプリットリングなんてどうでも良いんでしょうけど、何故か細かいところが気になってしまうのは悪い癖ですね〜(笑)

古賀さん、今回は素敵なプレゼントをいただきありがとうございました。
本音は実釣に使ってデカバスの画像でも撮りたいんですけど、潜り物はあっという間に即死する可能性大ですので、今回はコレクションBOXにて大切に保管させていただきます。

開くトラックバック(0)

令和初物

昨日はお昼を釣友M氏と食べに行き、その席で急遽釣行が決定。またしても某港へと行ってきました。

イメージ 1


相変わらず遅めのスタートなので、ポイントに到着したら夕方4時前(笑)
すでに天候は下り坂で、凄まじい暴風となっていました。

イメージ 2


令和の初物は絶対トップだと思い、先発はハトリーズウィゾ。
期待満々でキャストを繰り返すも、暴風で波立ちが酷くて、ペンシルではアピールが足り無さそう…。

イメージ 3


ポップRに替えてアピールをしてみますが、やはり反応無し。所々でバスと思われるの捕食が見られますが、プラグには反応ゼロ。

イメージ 4


この場所は藻刈りで発生したと思われる藻の切れ端が至る所に浮遊していて、トレブルフックに毎回絡むので非常に鬱陶しい。

イメージ 5

イメージ 6


しばらくしたら、M氏の後ろにニャンコがやって来ました。

「選ばれし者になったわ(笑)」

ニャンの為に一本釣ろうと気合いを入れるM氏。必殺のライトリグを駆使して令和初物を狙っています。

イメージ 7


少しダイブさせた方が良いかと、バンゴーに変えます。しかし藻が絡んで全然釣りになりません…。

イメージ 8


そうこうしているうちに、ニャンにも見放され(笑)

イメージ 11


雨も風もどんどん強くなって来て、橋の下でしばし雨宿り。

イメージ 9


しかしその後、急に風と雨が小康状態となり、いかにもな雰囲気に。

イメージ 10


最後はコレしかないでしょうと、前回も釣れたPoet7にチェンジ。これでダメなら諦めです。
スロープの際にロングキャストして、ワンアクション入れてポーズ。その瞬間、モワッと微妙なバイトが!

イメージ 12


マメ助ですけど、令和初物いただきました!超セコいですが、目標通りトップです(笑)

イメージ 13


同サイズをもう1匹追加。
M氏は手持ちのトップで最も小さなサミー65をキャストしていましたが、こちらにはバイトはありませんでした。やはり細長いシルエットが良いようです。

気が付けば6時近くになっていたので、タイムアップで終了しました。

今回は相変わらず卑劣な?手口で幼魚虐待となってしまいました。次回こそはオトナの魚を狙います。

開くトラックバック(0)

EF刻印の謎

イメージ 1


最近入手した5600C。なんの変哲も無い普通の赤ベロ。

イメージ 2


EF付きの黒ハイ。ニアミントクラスの美品です。

イメージ 3


フットナンバーは780600。5600Cとしては後期の個体です。しかし問題なのは販売刻印。

通常この時代の5600Cエビス物は、刻印無しもしくは3桁の刻印ですね。しかしこの個体はEFとだけ打刻されています。

イメージ 4


EFの刻印は、修理等でフレームを交換した際に、フットナンバー無しのフレームにエビスが携わった証として打刻される物だと考えていました。
しかしこの個体にはきちんとフットナンバーが刻まれており、その点において謎が深まります。

イメージ 5


以前の記事で、4桁の販売刻印を紹介したことがあります。8002と打刻された数字は80年2月の販売と推測されますが、これ以外の数字は僕の知る限り存在しません。

またしても憶測になりますが、EFという刻印は、数字を打刻するようになる以前の、最も最初の販売刻印ではないか考えています。
つまりEFの刻印は、80年の2月以前のわずかな期間のみ採用され、その後何らかの理由で80年2月から4桁の数字に変更、その後さらに何らかの理由で2桁の数字とアルファベットの組み合わせに変更、EF刻印は修理の際のみの使用に限定されたのではないかと想像しています。

もちろん全て憶測なので間違っているかも知れませんが、EFの刻印を持つ個体そのものが非常に少ないので、あくまでも想像の域でしかありません。ますます謎が深まる販売刻印ですね(笑)

開くトラックバック(0)

令和初投げ

昨日は令和の初投げに行って来ました。
本当は例の港に行く予定でしたけど、朝起きたら大雨だったので諦めました。

イメージ 1


昼前になって雨も上がったので、近場のデスリバーOEに向かいます。
G三よりは空いてるだろうと思って来てみましたが、やはり皆さん考えていることは同じで、バサーやらヘラ師やら、車を停める場所も無いくらい人だらけ(笑)

イメージ 2


お目当てのポイントに入れず、なんとか一台駐車スペースを見つけて適度な場所に入ります。
この雨でかなり増水しているので、日頃は底が見える岸際のガレ場を狙います。

イメージ 3


先発はログARB1200。岸際にタイトに落としてジャークとストップを繰り返しますが、そう簡単に食ってくるはずも無く…。

イメージ 4


少し潜らせようとDTNにチェンジ。岸際を丹念にトレースするもやはり生命反応ゼロ。

イメージ 5


そうこうしている内にまた雨がポツポツと降り出したので、車に戻ってレインウェアを着装。

イメージ 6


雨ならトップでしょうと、TTポッパーを結んで、護岸ギリギリを撃ちながら歩きます。

しばらくして、杭が出ているポイントでロングポーズを入れていると、いきなりモワッとバイト!アワセをくれるも見事すっぽ抜け(笑)

イメージ 7


ルアーサイズが大きいのかと思って、小粒なリトルダイナマイトにチェンジ。
このポッパー、サイズはチビですがかなり大きなポップ音が出せるスグレモノ。しかし残念ながらバイト無し。

イメージ 8


なにやらバタバタと騒がしいので振り返ると、なんと、カラスがスズメを咥えて捕食していました!
雛鳥かと思ったのですが、捕獲されたのは立派な成鳥。最近スズメも見かけなくなったと思ったらコイツらにやられてたんですね〜。オソロシヤ。

イメージ 9


その後雨足が強くなって来て、仕方なく切り札のフラットラップを投入。護岸際をタイトに攻めていきます。しかし痛恨のキャストミスでコンクリートにブツけてしまいました。

イメージ 10


「ヤバいッ」と思ったのですが、回収してみたらこの有様…。
噂では聞いていましたが、ホントにリップの取り付けが弱い(涙)今回身をもって痛感いたしました。

イメージ 11


雨に打たれて身体もタックルもびしょ濡れになって、ラパラも壊れ、すっかりヤル気を無くして退散しました(笑)

今回は哀しい令和の初殉職のみで、記念すべき初バスはお預けとなりました。次回こそ頑張りたいと思います。

開くトラックバック(0)

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事