ここから本文です
West Bloomfield II
前のブログ【West Bloomfield】の続きだよ〜!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

大師山 清大寺

 先週末 (7/19〜21) は「海の日」がらみの3連休。初日は名古屋でまったりし、2日目は早朝に出発し越前方面へ。

 この旅は連れが決めたもので、メインの目的は今庄近辺での28Kmトレイルランイベントに参加するため。

 順調に朝8時過ぎに現地に到着したものの、山には霧、空には暗雲、雷ゴロゴロ、時には稲妻が光り土砂降り☂

 車の中で待つことしばし。開催者のおじちゃんが下した決断は…「中止」!

 連れは「せっかく走る用意してるし…」と単独で走ることに。

 自分はまず6年半ぶりに【福井県立恐竜博物館】を再訪。

 続いて向かった先は…。

大師山 清大寺】。拝観料は500円。
(クリックで拡大します)
イメージ 1


イメージ 2


 こんなことが書かれています。
大門仁王像と廻廊

大門の左右に勇猛なお顔の仁王像が安置されている

この仁王像は中国福建省に於いて三年六ヶ月の日時を費やして漸く完成された

仁王像は中国天津の奥地の良質な樟で極めて入念に製作されたものであって見るからに頑強な仁王像であり、身の丈は二十六尺あります

この仁王像を遠く中国から福井県勝山の現地まで運んで来たのは中国天津港から海路船積みにして福井県三国港に陸揚げして大型貨車により漸く大門に仁王像二体を無事安置が出来ました

廻廊は大門を通るとsぐ越前大仏が参拝出来る様に大きな廻廊がニすじあって参拝者が雪や雨の場合でも容易に大仏を参拝出来る様に工夫してある

廻廊に使用された木材は樹齢千五百年以上の台湾桧の大木が惜しみなく使用してあり廻廊の柱は百五十二本立っており、また柱には節一つ無くその太さは廻り四尺以上の桧が使用されている

昭和六十二年五月

境内図。
(クリックで拡大します)
イメージ 3



こちらが仁王像二体。
イメージ 4

イメージ 5


大門から中門を。
(クリックで拡大します)
イメージ 6



中門にも二体の勇猛なお顔の像。
イメージ 7

イメージ 8


廻廊。
(クリックで拡大します)
イメージ 9


(クリックで拡大します)
イメージ 10


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事