ここから本文です
野良だから
虹の橋を渡ったにゃん子とプリンのお話 (fc2へ移転しました)

書庫全体表示

にゃんちゃんの命日

6月4日
にゃんちゃんとお別れして3年。

携帯の待ち受けは、未だににゃんちゃんのままになってる。

悲しい日を、いちいち覚えておく必要もないと思っている。

本当は、お別れした日じゃなくて
出逢った日や楽しかった日を覚えていたい。

でも、にゃんちゃんと出逢った正確な日を覚えていない。

(ずっとブログを見ていただいている方は、同じ話になってしまいますね)

以前住んでいた家は、古い戸建てのお家。
そこに引っ越して1年くらい経った頃だったろうか。
ある日、ヒョッコリ顔をだしたにゃんちゃん。

イメージ 5

動物は、飼うつもりはなかった。
いつかお別れが来るのが怖かったから。

でも日を追うごとに、にゃんちゃんに引き込まれていった。
イメージ 4

この子は、どこかのお家の子だったのかな。
近所の人に聞いても知ってる人はいなかった。
「この子ね、全然見たことないのよ。全く人に懐いてないしね。」

イメージ 3

はずれる首輪をつけては、落として帰ってきた。
検査をしても全く病気もなく、虫さえもいなかった。
そして避妊手術もしていたにゃんちゃん。

時間をかけてゆっくりゆっくりと絆が深くなった。
夜は、一緒の布団で寝て、昼もほとんど私の近くにいた。

お別れは突然。
にゃんちゃんは、家の前の野原に倒れていた。
全て私の責任だった。

完全室内飼いにする前ににゃんちゃんは、
事故で逝ってしまった。

ごめんね、にゃんちゃん。
でもね、とーっても愛してたんだ。
そのときはね、こんなに愛されて
こんなに幸せな子はいないとさえ思ってたよ。

濃くて幸せな日々を送れたんじゃないかと思わないと
前に進めなかった。

イメージ 2


にゃんちゃんと暮らして、
とってもジャラシ振るのが上手になったんだよ。
だって、外でいろんなもの追いかけているにゃんちゃんは
ちょっとやそっとじゃ遊んでくれなかったんだもの。

にゃんちゃんとの暮らしがあったから
きっとどんな子でもうまくやっていけると思った。
どんなことも乗り越えられると思った。

迎えた芽生は、手のかからない子だったけどね。

プッツリ切れて行き場を失ったにゃんちゃんへの愛情を
今、プリンと芽生にたくさんたくさん注いでいるよ。

にゃんちゃん、ありがとう。


大事な子を失った方たちへ

いつか必ず抜け出すことができる。
そして、その悲しみは無駄になることはなく
いつか、もしかしたらどこかで待っている子を
とっても幸せにしてあげられる力を持っているんです。


イメージ 1
   (芽生とプリン)


最後までお読みいただきありがとうございます。



  • 顔アイコン

    こんばんは(*^-^*)
    にゃんちゃんが虹の橋を渡った時
    母ちゃんどうなるかと思ったんだよ〜。
    それくらい母ちゃんの落ち込みようは
    すごかったもんね。
    しかしニャンコの力はえれ〜もんだな。
    プリンちゃんと芽生ちゃんが母ちゃんの心癒して
    くれてるもんね。
    きっと元気になった いや〜元気になり過ぎて
    飛び降りて足骨折するくらいの母ちゃん見て
    にゃんちゃんも喜んでるべ〜。
    ナイス!

    しのちゃんママ

    2015/6/4(木) 午後 10:12

  • 顔アイコン

    > しのちゃんママさん
    ご心配おかけシマスタ。
    ホント、自分でもかなりの落ち込みで
    復活できる気がしなかった。
    でも、やっぱプリンの力が大きかったかもね。
    元気になりすぎるのもアレだな・・・

    にゃん子の母ちゃん

    2015/6/5(金) 午後 1:48

  • もう3年が経ったんやね。
    でもやっと3年や。

    忘れたほうが良いって言うのもあるけど、そんなに簡単に忘れられへんよね。

    私も去年、ちゃーを保護してからやっとこたの事から解き放たれた?ような気がいしてるけど、でも忘れることは出来てないです。
    ただ、
    いい思い出になってきてるかなって最近は思ってる(^^)

    ぽち

    ここねみこ

    2015/6/6(土) 午後 8:10

  • 顔アイコン

    > ここねみこさん
    もう時が経つのを待つしかないよね。
    それが、1年なのか3年なのかもっとなのか。。。
    でも、いつかは抜け出せるもんね。
    みんなそうやって乗り越えてるんだなぁ。

    にゃん子の母ちゃん

    2015/6/7(日) 午後 4:22

  • 顔アイコン

    わたしもニャン♀ちゃんという猫を飼っていて、このブログにヒットしました。
    読んで涙がでました。主さんのにゃんちゃんかわいいですね

    [ ニャンの姉さん ]

    2016/6/2(木) 午前 6:54

  • 顔アイコン

    > ニャンの姉さんさん
    ありがとうございます。
    なんとなく不思議ですね、1年前に書いた記事にコメントをいただいた。そして明日は、4度目の命日です。
    前の記事を読み返して、また会いたくて泣いてしまいました…
    ニャンちゃんをいつまでも愛してあげてくださいね。
    ありがとうございます。

    にゃん子の母ちゃん

    2016/6/3(金) 午後 8:42

  • 顔アイコン

    お返事ありがとうございますm(_ _)m
    私の言葉違いでした…私のニャン♀ちゃんはもう天国にいって4月30日で3年たっちゃいました(T-T)4月ラストの日でシラスの日、釜揚げシラスが大好きだったニャン♀ちゃんにいまだ愛して会いたくて…主さんのにゃんちゃんとおんなじように庭に突然現れたんで共感しましたょ(^_^)これからもお互いのにゃんちゃんの冥福を祈りつつ、にゃんちゃんに愛を送り続けていきましょうね!(^_^)
    プリンちゃんと芽生ちゃん大切になさってくださいませ。\(^_^)/

    [ ニャンの姉さん ]

    2016/6/6(月) 午前 1:23

  • 顔アイコン

    > ニャンの姉さんさん
    あ、そうだったんですね(T T)ごめんなさい
    3年ですか… ついこの間のことですね。
    何年経っても思う気持はかわりませんよね。
    その子の穴は、やっぱり他の子ではなかなか埋まらないものです。ただいつまでも悲しんでることは、決して喜ばないだろうなと笑顔でいようと思います。

    にゃん子の母ちゃん

    2016/6/9(木) 午後 9:59

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事