らんどくなんでもかんでも 8

皆様、8年間本当にありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

【映画】八つ墓村 ケータイ投稿記事

 
 
1977年松竹
横溝正史原作
野村芳太郎監督
萩原健一(寺田辰弥)渥美清(金田一耕助)小川真由美(森美也子)
山崎努 (要蔵・久弥・庄左衛門(三役))夏八木勲(尼子義孝)

小学生の夏休みにテレビで放送されていたのを見てからずっとトラウマになった映画。
自分的には今まで見た中で3本の指に入る「ホラー映画」。


戦国時代、毛利との戦に破れた尼子義孝が7人の家来を連れて、
美作(今の岡山県北部)の山深い村に落ち延びてくる。
最初のうちは村人とうまくやっていたのだが、
やがて、毛利方の詮議が村まで迫り莫大な恩賞に目の眩んだ村人は落ち武者殺しを決行。
だまし討ちされた義孝は死の間際に呪いの言葉をのこす。
 
「この村の者を末代まで祟ってくれる」

その後村では奇妙な出来事が相次ぎ、祟りを恐れた村人たちは
野晒しになっていた武者達の遺体を手厚く葬るとともに村の鎮守とした。
そしていつの頃からか村は八つ墓村と呼ばれるようになった。
 
それから数百年の時が流れ、
昭和23年落武者殺害の首謀者多治見家を中心に、
数百年前の再来と思えるような殺人事件が次々と起きていく…

というプロローグなのですが、冒頭からおどろおどろしく人が死ぬわ死ぬわ。
多治見家の遺産相続人辰弥を迎えに来た老人がいきなり泡を吹いて死に、
辰弥の兄久弥も薬を飲んだ直後血を吐いて悶死、
その葬式の通夜で酒を飲んだ通夜客が泡を吹いていきなり頓死。

どうしてこんなことが…と思った矢先、怪しげな老婆が「祟りじゃあ〜!!」の絶叫。
「祟り」という言葉を一気に世の人に知らしめた台詞。
当時あったらその年の流行語大賞間違いなしでしょう(^_^;)

その老婆のみならず不気味なキャラが次から次へと。
多治見家の双子の老婆小竹と小梅。
子供の頃この双子の老婆が怖くて怖くて。
 
イメージ 1
 

その呪縛は名古屋が生んだスーパーアイドル金さん銀さんが登場するまで続きました。
極めつけは多治見家の先代要蔵の村人32人殺しの回想シーン。
白塗りの顔に頭に懐中電灯をつけ、日本刀と猟銃をそれぞれ両手に持って
次から次へと村人を残虐に殺めていく。
満開の桜が風で夜空に散っていく背景をバックに、
無表情でこちらに走ってくる要蔵は子供にはショックが大きすぎました。
 
 
イメージ 2
 
 

しばらくの間、部屋のカーテンを開けたら、要蔵が窓の向こうにいるんじゃないかという恐怖に
夜のトイレも我慢するほど。
 
イメージ 3


結局この話、多治見家の遠縁の森美也子が八つ墓村伝説を利用した
遺産相続目当ての連続殺人というオチなんですが、
萩原健一さん演じる辰弥が、鍾乳洞で小川真由美さん演じる森美也子が犯人だとわかると、
みるみるうちに小川真由美さんの顔が口の裂けた悪鬼のように変わっていくんです。
美也子の唸りのような泣き声のような声が、鍾乳洞に反響しながら辰弥を追いかけ、
これはこれでまた怖いんですが、
大人になって見ると、冷や汗を垂らしながら小川真由美さんから必死の形相で逃げる萩原健一さんは
違う意味でちょっと怖いものがあります(笑)

主人公がこのように大ピンチなのに、渥美清さん演じる金田一耕助は
「この事件はねえ、とても奥が深いんだよお」と寅さん口調で村人に事件の解説をしていて、
全く助けに行こうとしません。

結局辰弥は鍾乳洞の落盤でかろうじて美也子から逃れることができるのですが、
それがもとで多治見家本家は火事で焼け落ち灰燼に帰します。
焼け落ちる屋敷の中で、ひたすらお経を唱えながら火だるまになって死んでいく双子の老婆。

村が見渡せる丘の上からは、数百年前多治見家の祖先にだまし討ちされた尼子の亡霊達が、
会心の笑みを浮かべて、それを見守っています。
この時の夏八木勲さん演じる尼子義孝の表情が、怨みが強すぎて
本当に祟り神になっちゃったんじゃないかというような超怪演なんです。
その表情からは成仏とかそういうものは感じません。
自ら怨みの炎の中で火だるまになりながら、なお怨み続ける人間の業のようなものを感じます。
最後に流れる芥川龍之介の子息比呂志氏による八つ墓村のテーマ曲も印象的です。

この映画、人を惨たらしく殺めるシーンばかりが強調されますが、
怨みをつきつめた人間の行く末といいますか、
怨念を抱き続けることの虚しさみたいなものもちゃんと描いております。


夏のような暑さが戻った三連休にぞぞぞとしたい方はぜひご覧ください。
山崎努さんと夏八木勲さんの演技本当にヤバいです。
ついでに小川真由美さんも相当ヤバいです(^_^;)

 




 
 

閉じる コメント(16)

顔アイコン

もぞさん こんばんは!
紅顔の美少年のもぞさんを恐怖のどん底に陥れたこの映画は
戦前の津山30人殺しという事件がベースになっています。
タイトルも八束村(やつかむら)という近隣の村からヒントを得たそうです。
横溝正史が岡山に疎開していた時にこの事件の事を聞いて
興味を持ちこの小説を書いたそうですよ。
なんでこんなに知っているかというと
夫の実家のあたりのことだからです。
義父も義母もそうですが、このあたりの人は
「八墓村」のことは語りますよ〜!^^;
私もいっぱい聞かされました。
ベースになったそのおどろおどろしいその事件のことを思うと
映画がとても怖くなってきます!
ただ、「祟りじゃぁ〜」はなにか不都合があると
よく口走っていました〜!^^;

2011/9/16(金) 午後 8:08 [ keiko ]

顔アイコン

もたんもぞさん 等々、
八つ墓村にきましたか〜!たたりじゃ〜!(◎o◎)

この映画は見た事はないのですが、ケーブルで(また深夜に・・)
放送していた古谷一行さんの八つ墓村を体験しました。この原作がそもそも好きで、何だか夏になると読みたくなる本の一つです。
ホラーっぽさや鍾乳洞の冒険ありで・・。この鍾乳洞というのが
またいいですね。

でもこの話を私がゾゾ〜ッ!と思うのは
この32人殺しが戦争中に岡山の津山市で実際にあった事件を
題材にしたという所で・・。それを考えると人間って怖いなぁ・・・
とさらに怖さが増します。(^_^;)

2011/9/17(土) 午前 2:08 [ - ]

私にとって 金田一耕助は 石坂浩二さんなのですが・・・。
映画では 渥美清さんが 演じていらっしゃったんですね。
微妙に イメージが・・・^^;

金田一シリーズは 残忍なシーンが印象的ですが、どのお話しも 人間の業のようなものが描かれていて 深いですよね。
最後のお写真の 頭の懐中電灯?が、妙におかしい感じが・・・^^;

2011/9/17(土) 午前 3:05 ko-todo

keikoさんおはようございます。
実は以前keikoさんがご主人の実家に帰省する記事を書かれた時、ここって八つ墓村の舞台に近いところだよなあと思っていました(^^)

ご主人のお父様お母様はやはりご当地ということで八つ墓村の事おっしゃってたんですね。
「あれね、実は実話で本当に祟りあるから」って話じゃないですよね(^_^;)

2011/9/17(土) 午前 10:10 [ もたんもぞ ]

つげさん、この映画見たことないの?!
ガッパは見ていながらなんたる手落ち(^_^;)
ちなみにこの映画にも山本陽子さんは出演して重要な役回りをしています。
純の山本陽子さんと妖の小川真由美さんというところですね。

ぜひ見て欲しいなあ(^_^;)
内容的に地上波では今絶対見られないからDVDを借りるように(^_^;)

2011/9/17(土) 午前 10:17 [ もたんもぞ ]

ko-todoさんおはようございます。
渥美清さんはバナナを売りに来たのか事件を解決しにきたのか全くわかりません。バトル漫画でよくある解説役キャラです。
その様子だとko-todoさんも映画見たことないんですね。ぜひ一度見てみてください。自分が子供の頃陥った恐怖のツボがわかると思います(^_^;)
それにしても頭につけた懐中電灯が可笑しいですか(^_^;)あれが怖いんですよ。本当に怖いんです。

2011/9/17(土) 午前 10:27 [ もたんもぞ ]

初めまして、履歴から、おじゃましました。八つ墓村、こわいですよね。わたしは、テレビでみて、トラウマになりました。リメークされてますが、ぜったい、野村芳太郎監督作品のほうが、こわいです。金田一耕助の影が、薄いですよね。探偵なのに、事件を見物にきたような。
なぜか、レンタルになくて、見たいのに、見れない!

2011/9/17(土) 午後 4:35 Dango

Dangoさんはじめまして(^^)
おそらくある一定世代の人間はテレビや映画で見てトラウマになっていると思います。
ただ一度劇場で見てみたいです。映画館で見た人はさぞ怖かったでしょうね(^_^;)
ちょっとよもやま話みたいな記事を今日掲載予定なのでまた読んでみてください(^^)

2011/9/18(日) 午前 9:11 [ もたんもぞ ]

アバター

「八つ墓村」・・わたしはわかいころ横溝正史にどっぷりとはまっていたことがあります。角川文庫の真っ黒い表紙にまがまがしい絵が描かれていまして、かたっぱしから読みました。本棚も真っ黒になりました・・で、石坂浩二さんが金田一耕介を演じられた映画は全部見たのですが、この「八つ墓村」だけは石坂さんではなかったのでパスでした。「犬神家の一族」は昔のも最近のも見ましたが、石坂さん太られましたね(笑)市川昆監督も亡くなられてさびしいです。

横溝正史さん最初の「犬神家」には特別出演なさっていました!
それと横溝さんが疎開されていたのが、岡山の清音村の岡田というところ。
今は倉敷市になっていますが、わざわざ見に行ったりしたミーハーです(笑)岡山の北部には井倉洞という鍾乳洞もあり、岡山で書かれた作品も多いです。「本陣殺人事件」「悪魔のてまり唄」などなど・・
当時を思い出してなつかしいですが、渥美さんの映画は見ていないのです。原作はもちろん読みましたが・・いっぱい書いてしまってごめんなさい!

2011/9/18(日) 午後 4:34 花子

この映画のCMがあまりにも怖いので流れ始めると慌ててトイレにかけこんで耳をふさいでいました。
なので本編を見るなんてとんでもない!
未だに私はこの映画を見たことはありません。
たぶん、いえきっと横溝映画の中で一番怖い作品だと思います。

2011/9/18(日) 午後 5:33 morinomitu

花子さんの横溝作品に対する愛情思い入れをひしと感じました(^^)
花子さんお住まいの場所も物語の舞台から近いですもんね。その気になればすぐ行けますもんね。石坂金田一耕助は一番定番な感じですよね。
でもちょっと原作のイメージからするとハンサムすぎるかな(^_^;)

そんなこと言わず今回紹介した作品も機会あったら見てみてください。
ショーケンもなかなかかっこいいですよ。
山崎努さんと夏八木勇さんと小川真由美さんは怖いですけど。
でも花子さんから見ると少々漫画チックにうつるかも(^_^;)

2011/9/18(日) 午後 6:42 [ もたんもぞ ]

噂には聞いております。
CM冒頭「祟りじゃ〜」の絶叫で山崎努さんが満開の桜をバックに無表情で走ってくる絵。
見たかったなあ〜
morinomituさんがうらやましいです(^_^;)
よく考えるとお住まいも舞台と近いのでそういう怖さもあったんでしょうか?

でも今なら落ち着いて見れますよ(^_^;)たぶん

2011/9/18(日) 午後 6:50 [ もたんもぞ ]

顔アイコン

こんばんは。
もぞさん。
八墓村。ホラーに釣られて来ちゃいました。
横溝正史。。怖い癖に好きでいっぱい読みました。
金田一耕助のキャラ面白いし
ホラーである前に、よく考えてみるとこれ〜探偵小説です。
忘れるトコでした。
好きなのです〜推理小説。
そ〜いえば、もぞさんのブログに初めてお邪魔したのが
この話題でした。
これの続編の 「八墓村 おまけ」からでした。
ホラーに釣られるのは 全然変わらない私(笑)
今、ちょこっと見てきました。
ふふ、懐かしいな。桜の話、してました。
これからも ホラーネタ。。ヨロシクです(^^)

2012/6/6(水) 午後 9:25 [ ゆきまる ]

ゆきまるさん、八つ墓村からのおつきあいでしたね(^_^;)
1年に一度くらいたま〜に見たくなるんですよ。旧作の方ですが。
あの映像の桜はどこのものかなと、いつも思います。
真ん中に映っている白塗りに懐中電灯のおっさんが、ちょっと邪魔ですね(^^;)

2012/6/7(木) 午前 8:47 [ もたんもぞ ]

顔アイコン

これ、何度もリメイクされてますよね。
原作読んだ事は一度もないんですけど、要蔵の殺戮シーンはあの恰好と共にインパクトありますよね。色んなトコでネタにされてますし。
しっかし山崎努の白塗りの顔、サイコっぽさが滲み出てヤバそう・・・・(^^;A)。

御存知かと思いますが、戦前の津山三十人殺し事件がモデルになってて、地元じゃ長らくタブーだったとか。
それに史実上の犯人の都井睦夫(といむつお)と、八つ墓村とでは、凶行に及んだ動機も異なりますし。

2015/2/12(木) 午後 4:31 ZODIAC12

> ZODIAC12さん
原作とこの渥美清版の映画は結構内容に相違があるようでして、
原作は豊川悦司版の映画の方か近いそうです。
でも自分にとって八墓村といいますと、断然こちらの印象なんですよね(^_^;)

2015/2/13(金) 午後 2:47 [ もたんもぞ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事