崇教真光からの脱出

崇教眞光内部で生まれ育った生粋の二世組み手です。今まで巧妙巧みに隠されてきた崇教真光の実態を暴露するためにブログを書いています。
崇教真光の初級研修会でも習いますが、崇教真光では瞑想や座禅を組むと霊に憑依されやすくなる危険な行為だとして禁止しています。


なぜ禁止しているのか?

常に精神を緊張状態にしておくのがマインドコントロールの基本であり、組み手(信者)を不幸にするためです。
精神が常に緊張状態になると、脳がオーバーヒートして正常な思考が出来なくなり、客観的判断が鈍るのです。


崇教真光の組み手が挙動不審なのは、精神を落ち着かせる方法を禁止されており、全く知らないからです。


崇教真光の組み手や脱会者で社会生活や仕事がうまくいかない方は、教団から禁止されている精神統一をやってみてください。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

結論をいうと、私がそうだからです。


既にブログで公開していますが、私は極度の対人恐怖症と女性恐怖症です。


一般人に対しては対人恐怖症や女性恐怖症が出るのですが、
崇教真光の組み手(信者)に対しては、不思議と対人恐怖症や女性恐怖症が出ません。


これは、
○同じ崇教真光の組み手同志なら、露骨に気持ち悪がられたりしないため。

○崇教真光では、一般人を悪霊に憑依された汚い人種だと教えているため、一般人を気持ち悪く思うが、
組み手は清らかな選ばれた人達だと教えており、
組み手と一般人を完全分離する世界観が構築されているため(私は5歳の頃に完全分離する世界観が構築されていました)。

○組み手同志なら、思想信条や物事の考え方捉え方が同じであるため、相手が何を考えているのかすぐわかる。



私はこのような環境に生まれる前からいたので、
若くて可愛らしい恋愛対象となる女性であっても組み手であれば女性恐怖症はあまり出ませんでした。


ところが、一般人に対しては、露骨なほど対人恐怖症や女性恐怖症が出てしまうので、対人関係に支障をきたすのです。


これが、2世組み手が崇教真光を脱会できない原因の1つになっているのです。


2世組み手は、崇教真光によって『カルト性対人恐怖症』や『カルト性女性恐怖症』を発症させることで、
一般世間に適応出来ないようにされ、教団から抜け出せないようにされます。

そして、教団幹部志願(訓練部志願)しか道が無くなるのです。



組み手ならばご存じでしょうが、
訓練部志願した2世組み手の大部分が、
失恋や進学・就職に失敗したことが原因で訓練部志願しているのは、一般世間に適応出来ないためです。






一般人に対する対人恐怖症や女性恐怖症を克服するには。

今も試行錯誤の真っ最中ですが、
もっと一般人と触れあって(時には一般人の異性とのお付き合いも)、一般人は怖くないということを脳みそに刷り込んでいくしかないと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

最近、YouTubeで結婚相談所の動画を見ることがあるのですが、
コメントを見ると、とにかく結婚や恋愛できない人のことをやたらと馬鹿にしているコメントが目立つ。
中でも『30歳を過ぎても恋愛経験のない人は人間性に問題がある』などという低知能丸出しのコメントにはあきれるばかり。

コメントしている奴は、結婚・恋愛出来たが日常が満たされていないため、結婚・恋愛出来ない人を自分よりも格下とみなし、自分よりも格下の人間を馬鹿にすることで優越感に浸ろうとしているのかもしれない、可哀想な人だと思ってスルーしています。




結婚・恋愛なんて個人の自由だし、あえて結婚・恋愛をしない人もいる。


虐待されていたり新興宗教の家に生まれ育ったり、障害など本人の努力ではどうにもならないことが原因で結婚・恋愛出来ない人もいます。(私がそうですが)



太平洋戦争が終わってもなお何十年もジャングルに取り残された小野田寛郎さんや横井庄一さんが結婚されたのは50代になってからですが、
『30歳を過ぎても恋愛経験のない人は人間性に問題がある』のが正しければ、
小野田さんも横井さんも人間性に問題があったから50代まで結婚できなかったことになります。



私から見れば、
『30歳を過ぎても恋愛経験のない人は人間性に問題がある』などと書き込んでいる奴は、
小野田さんや横井さんのことを愚弄しているとしか思えないし、
そのような短絡的な思考しか出来ない問題ある人物だと見なしてしまいます。




余談ですが、
最近の結婚率が低下したのは、異性とのつきあい方がわからない人が増えたからだと結婚相談所の動画では言われていますが、間違っています。

実際には、お見合い結婚のシステムが無くなったため(かつては結婚の7割がお見合い結婚だったが、現在では結婚の9割が恋愛結婚)、
結婚するには恋愛結婚しか方法がなくなり、結果として異性とのつきあい方がわからない人は恋愛結婚出来なくなったのです。
いつの時代でも、異性とのつきあい方がわからない人は一定数います。


60代より上の人に聞いてもらえばわかると思いますが、
昔は結婚適齢期になれば周りのおばちゃんなどが『この人と結婚すればどうか』と半ば強引に進めてくるのが普通だったので、恋愛よりも結婚する方が簡単だったのです。
だから、昔はコミュニケーション障害だろうが発達障害だろうが女性恐怖症だろうが、よほど問題を抱えていなければ結婚出来たのです。


恋愛出来ない人は結婚出来ない世の中になってしまったことが、少子高齢化を招いてしまったと考えています。


だから、少子高齢化を解決するには、福祉政策と一緒にお見合い結婚を復活させることが重要だと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昔の日本人が全員結婚できた理由
最近の若者は「恋愛離れ」ではない
https://www.google.com/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/14106605/



昔の日本人が全員結婚できた理由を筆者が解説している

男性の交際率は変化がなく、最近の若者は「恋愛離れ」していないそう

かつては「お見合い」という社会的なマッチングシステムが機能していた

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本の大学生、北朝鮮観光で酔って暴れて一部弁償も帰国後はダンマリ
https://hbol.jp/186716




私から見れば、こんな状態で生きて帰ってこれたことが奇跡なんです。

よく殺されなかったなと思う。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事