崇教真光からの脱出

崇教眞光内部で生まれ育った生粋の二世組み手です。今まで巧妙巧みに隠されてきた崇教真光の実態を暴露するためにブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

集団健康度チェック
http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/GHI/index.html

合計点数が
50以下      普通
51〜79     やや不健康
80〜109    不健康
110点以上   非常に不健康  



かつて私が所属していた崇教真光の道場を集団健康度チェックに当てはめてみました。

イメージ 1
























































イメージ 2
























































イメージ 3
























































イメージ 4





















































イメージ 5





























以下は、崇教真光に「全く当てはまる3点」の解説を書いています。
「少し当てはまる2点」と「わからない1点」を加えると283点になります(平成28年4月11日時点)が、文章が増えるため省略しています。





2 規則の逸脱行為に対してメンバー同士での監視やスパイ行為を奨励する。
私がいた真光隊では、幹部が真光隊員同士を監視させて、何かあったら密告するように指示されました。


3 解決困難な因縁・呪い・危機などで不安や恐怖をあおって献金や奉仕・労働をさせたり、勧誘させたりする。 
初級研修会にて霊障の実例を挙げて恐怖を煽る。平成25年の初級研修会から霊障の実例が大幅に削られたのは、真光批判対策のためか。
http://photozou.jp/photo/list/3066690/8406942


6メンバーに対する傷害・致死・殺害が起きている。
医療否定による致死。かつて所属していた道場でも幹部が手かざしで病気は治ると指導して、亡くなられた方がいます。指導ミスによって亡くなった場合は、法的には少なくとも過失致死罪に問われます。http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E5%A4%B1%E8%87%B4%E6%AD%BB%E5%82%B7%E7%BD%AA

さらに、「不作為の殺人罪」に問われる可能性もあるのです。(まさに、ライフスペースがそうでした)
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/satujin.html


5 無視、侮辱、非難、降格、破門や追放などの精神的罰を受けさせることがある。 
私は月始祭御奉仕時に保安御奉仕をしたことがあり、諏訪という名前の派手な格好をしたおばちゃんがみ祭り中に本山敷地内に入らないように注意していました。このおばちゃんは教団から破門された方だと教わりました。


7 個人的に大切にしていたものを捨てさせたり、大切にしていた対人関係の縁を切らせる。
道場長が現在の会社社長と縁を切れと指導されたことがあります。結局真光と縁を切りましたが。


10 メンバーである証として、特殊な服装・物品を身につけさせる。 
御神紋・真光隊制服


13 「脱会すると不幸になる」「罰が下る」などの恐怖感が与えられる。 
http://photozou.jp/photo/show/3066690/201901913


15 自分たちの組織は外部から迫害されていると教えられている。 
インターネット上の真光に対する誹謗中傷は、地上天国を阻止しようとしている邪霊の仕業だと教えられる。


16 最初のうち、組織や代表者の名称あるいは接近した真の目的を隠して勧誘する。 
L・H陽光研究会と言われる偽装サークルを大学内に作って、統一協会でも問題になっている正体隠しの違法勧誘をやっている。
http://photozou.jp/photo/show/3041758/186848604


18 無力感や切迫した恐怖感などの危機的状況を煽った上で入会の意思決定を求める。 
初級研修会では、霊障の実例や霊層界の話で目に見えない霊の世界に対する恐怖心を煽り、火の洗礼という終末論でも恐怖を煽る。
 

20 集団的な熱狂状態や情緒的な興奮状態の中で入会の意思決定を求める。 
初級研修会の霊障の実例などによって、人によっては情緒不安定になる方もいます。


21 嫌がっていてもしつこく長時間拘束して根負けさせ、次の約束や入会の承諾を得ようとする。 
かつて所属していた道場の道場長は真光隊に対して、どんな手を使ってでも相手を騙すことになっても入信させることが相手の救われになると指導していました。


22 実際にはやめにくくなることを知りつつも、いつでも容易に辞められることを強調しながら勧誘する。 
お導きに際して、やめにくいことは言わない。陽光ライフにも自由に辞められると書かれている。


23 嘘をついたり、重要な情報を意図的に隠して勧誘する。 
上記のように、どんな手を使ってでもお導きしろと幹部から指導された。
真光隊では、つい最近までは入隊志願書だということを隠して「これにサインして」で本人が知らないうちに隊員になっていたということがザラにあり、真光隊訓練会にて隊長が「私が真光隊に入隊した理由は、嫁が入隊志願書だということを隠してサインさせられ、気づいたら勝手に隊員になっていたからです。」と豪語していました。


24 組織の正当性を信じさせるために演劇的な手法や仕掛けを使うことがある。 
8番のお浄め時の霊動http://photozou.jp/photo/list/3066690/8255201
真光隊の講義で渡辺方面司令(指導部長)が、「導士時代に街中で手かざしして霊動の様子を人々に見せつけて真吼え(勧誘)していたが、眉間の手かざしは毎回必ず霊動が出るわけではないため、霊動が出たフリをしてまで人々に見せつけていた。君達もそのような深い神向き心を発揮しなさい」などと指導されました。
崇教真光青年隊では、詐欺的手法すらも正当化されるのです。


32 家族からの面会や電話対応の要請は規則によって受け付けない。 
訓練部で訓練期間中の訓練生は家族からの電話には一切出れず、身内が亡くなっても葬式にも行けない。
奉斎部や内院(教え主の自宅)に配属された幹部は、配属中に外部や他の部署の者と連絡出来ないと、導士から聞いたことがある。おそらく、外部に絶対漏れてはならないことが行われていると推測されます。因みに二代教え主恵珠氏は現在認知症ではないかとネット上では騒がれています。



37 子どもに対する体罰が正当化されている。 
私も少年部の頃は行事や訓練会を嫌がって親から叩かれましたし、私が真光隊になった頃は、引きずってでも訓練に強制参加させることが救いになるという風潮がありました。


39 恋人や配偶者がいても、片方が入会すると、離婚ないし別離となることが多い。


41 子どもを強制的に組織の活動に参加させる 
真光隊少年部(10〜14歳)
現在では、3歳から真光隊訓練を受けさせるための「真光隊幼年部」があります。


43 組織活動のためにノイローゼやうつ病のような心理的障害や困難にいたるケースが普通より多いと思う。 
私自身、統合失調症を患っていました。
かつて所属していた真光隊では、余りの厳しさに隊員の半数近くがうつ病など精神疾患を患っていました。


44 本人が希望する治療や病院・医師にかかることができない。 
救い主は「手かざしで全ての病気は治る。医者は不要だ」「医者にかからぬ信念を持て」などと指導していました。現在表向きには医療を認めていますが、投薬は肉体毒化・手術は肉体を損壊した罪に問われるという教義自体が、病院にかかることを困難にしている。


45 入会条件を満たしていても組織の都合で入会を拒否したり延期することがある。 
重度の障害者は真光の評判を落とすという理由から組み手になることができないと幹部から聞いたことがある。


46 組織や個人に不都合が起こったら、必ず原因を不服従・不忠義といったメンバー自身のせいになる。 
これは何処の道場でも同じだと思います。


47 組織が決めた食生活をしないと死ぬとか重大な病になるなどと言われている。 
コカ・コーラを飲むと骨が溶け、マクドナルドのバーガーを食べると病気になると指導されました。
砂糖は言霊で「左倒」と書き、左側つまり霊が倒れて霊力が落ちて、憑霊されやすくなると教わる。因みに、右は水気、左は霊垂りと書くと初級研修会にて教わる。


49 断食や行などの過酷な修行を強要する。
真光隊教練。昔の教練は「血を吐くまで教練だ!」として全員倒れるまで走らされることがあり、少年部でも60キロ行軍をさせられたそうです。昔、教練中に発作を起こして亡くなられた方が出たため、現在は以前のように激しい教練は控えるようになり、真夏に行われていた訓練会が9月になったそうです。
しかし、訓練中に死者が出たことは一切表沙汰にはなっていません。


50 快癒に必要な医療行為でも、組織の思想によって制限や禁止が強いられる。  
上記のように、投薬は肉体毒化・手術は肉体を損壊した罪に問われるという教義がある。マインドコントロールされた組み手にとっては強制


51 長時間の修行や組織活動を無理に連続して心身に異常をきたす者がいる。 
私は統合失調症を患っており、現在も軽度の二重人格障害があります。


53 交通違反運転や危険な運転をせざるを得ない状態にある。 
かつて所属していた道場の幹部は、無茶苦茶なノルマを課すために睡眠時間が4時間なんてザラでした。
かつて所属していた道場の組み手は交通事故が多く、真光隊み役者の半分は何らかの事故を起こしていました。
私自身の体験ですが、あまりの眠気に運転中に反対車線を逆走して、対向車のライトでハッと気付いて走行車線に戻ることが数え切れないほどあります。
さらに、道場から車で帰宅途中、気がついたら道路のど真ん中で車が止まっており、警察官に起こされて職務質問されたことがあります。


54 嘘をついたり、文書を偽造したりといった詐欺や欺瞞行為もやむを得ないとする。 
どんな手を使ってでもお導きしろと幹部から指導された。
24番で書いているように、詐欺的手法すらも正当化されるのです。


55 やるべき課題が多すぎて、慢性の睡眠不足の状態にある。 
上記のように睡眠不足(1日の睡眠時間が約3時間くらいしかありませんでした)のために、よく仕事でミスしていました。


58 超常現象と思わせる幻覚体験をさせて組織の思想や理念を正当化させる。 
8番のお浄め時の霊動http://photozou.jp/photo/list/3066690/8255201


59 組織内での自殺者や自殺未遂者は普通より多く出ていると思う。 
私の知り合いにも自殺者はいます。


60 特定の食品・嗜好品の摂取を指示したり、禁止したりする。
コカ・コーラを飲むと骨が溶けると指導されますし、幹部から言われたのですが砂糖は「左倒」と書き、甘いものを食べると霊力が落ちて霊障がひどくなるそうです。


61 子どもに一般社会の基本的な規則・慣習や常識を身につけさせない。 
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/3760/1398717567/


62 現在の義務教育のあり方を組織の基本的な信条として否定している。
真光隊の講義では、 戦後教育は連合軍が日本人をダメにする為に押し付けた悪質な教育だと学び、教育勅語の教育現場への復活を主張しています。


64 組織外部の人々やその子供との交際は禁止あるいは制限されている。
真光隊の場合、男女交際は全て幹部に報告が義務付けられている。赤の他人である教団幹部にプライベートの報告を義務付けさせること自体が、社会通念上から見ると異常である。


65 個人の自由な読書は認められていない。 
真光批判している書籍は読まないように指導される


66 学校の行事参加や課外活動につき、一律に制限することがある。 
学校行事・仕事と隊活動がかぶったら、隊活動優先


67 自分の自律心を軽視するように教育をしている。 
自我は汚い我欲だとして否定


68 幹部やその子どもなどの特定のメンバーと、他のメンバーとの間に権利や待遇において差別がある。 
大道場長以上の上級幹部は身内に対しては、真光の基本的な教義である自虐教育をさせず、子や孫は社会人になるまで真光隊に入らせないなど明らかな差別がある。真光では医療否定がありますが、上級幹部の身内にはしっかりと医療をうけさせている。


69 科学的に判明している事実を否定するよう強要することがある。 
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/3760/1398717567/


70 子どもの意見や主張は一般にわがままと見なして耳をかさない。 
私の親がそうでした


71 組織やそのリーダーの意見や方針に対して反対意見を述べると制裁が与えられる。
かつて私がいた真光隊の場合、反対するとみんなの前で干されたり、嘘の噂を流されたりしました

 
72 組織を批判しているような出版物や放送、ホームページに接することができない。
真光では、インターネットを邪霊の張遼であり、真光批判を見たり信じると天変地異に生き残れないとして見ないように指導している。

 

74 組織目的の達成が第一優先であって多少の犠牲はやむをえないと教えている。 
真光隊がそうです。

76 組織内での仕事・活動とその場所(勤務地)に関して当人は拒否することができない。 
かつて私がいた真光隊では、み役を断ると上記のように制裁が与えられる


77 組織外での労働によって獲得した収入がほとんど献金となる。
盲信組み手は、借金を返さなくても奉納を優先させる
 http://blog.goo.ne.jp/omitamacrash/e/a3b2502fc02ad32aacfe44059175911b


79 組織が望ましいとする労働時間が長すぎたり、過酷である。 







Yahoo!ブログのシステム上、これ以上文字を書き込めないため、
集団健康度チェックには、崇教真光はこれだけ当てはまります② 
へ続きます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事