崇教真光からの脱出

崇教眞光内部で生まれ育った生粋の二世組み手です。今まで巧妙巧みに隠されてきた崇教真光の実態を暴露するためにブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

平成28年9月18日、崇教真光二代教え主岡田恵珠氏(神名は聖珠)が亡くなられたと組み手の間のみに連絡が回ったそうです。

しかし、教団は二代目教え主が亡くなったという重大事にもかかわらず教団による葬儀は行わないそうです。しかも岡田恵珠氏が亡くなったことを一般に公開していません。
崇教真光公式ホームページにも、恵珠氏が亡くなられたことには一切触れていません。
http://www.sukyomahikari.or.jp/information/index.html

初代教え主岡田光玉氏(聖凰師)が亡くなられた時は「みたまおくりの義」という葬儀を武道館を貸し切って大々的に行ったのですが。





なぜ崇教真光は岡田恵珠氏の葬儀を行わず、亡くなったことを公にしないのか。

これは私の推測ですが、
1.組み手から岡田恵珠氏のことを早く忘れさせるため。

2.崇教真光がマスコミ沙汰になるのを防ぐため。


1.はなぜと思われるかもしれませんが、三代目が「お代理」として表舞台に立った頃から、それまでの教えがかなり改編されているのです。
祈言集の内容が大幅に改編され、新しい祈言集が発行されたのもお代理が出てからです。今の祈言集は神歌が縦書きですが、昔の祈言集は神歌が横書きだったのです。さらに、新しい祈言集になってから追加された神歌や削除された神歌もあります。

これは法律違反や世間からのバッシングを避けるためだと思われますが、二代教え主が教えていた内容と乖離しているため、二代教え主がいた頃から組み手だった者から当時の教えを忘れさせ、「無かったこと」にする必要があるのです。

例えば、1980年代は「手かざしで病気は全て良くなる、医者に行くな薬を飲むな」という極端な指導が普通でしたが、今では「病院に通いながら手かざしすれば良いのです」と表向きだけは言うようになりましたね。まだ真光隊や一部の道場では昔ながらの教えを今だにやっているところもありますが。






2.教え主死亡という重大ニュースを公表すると、たちまちマスコミのネタにされてしまうから。

崇教真光内部では医療否定による不作為殺人や幹部組み手による暴行事件や自殺が多発し、犯罪組織さながらの状態になっています。
しかし、ここまで酷いのになぜ週刊誌に書かれないのでしょうか?
幸福の科学なんてチョットしたことですぐに週刊誌ネタになるのに。

それは世間から注目されないように水面下での活動を重視しているからです。日本会議と同じです。
現在、崇教真光では戸別訪問による真吼え(勧誘)はしますが、新聞やテレビに教団名がわかる広告は出さないのです。創価学会や幸福の科学が新聞や雑誌などメディアを使って売名行為をしているのと対照的です。
崇教真光でも1980年代までは創価や幸福の科学みたいに新聞広告を出して知名度を上げていましたが、1986年に医療否定死した組み手の遺族が教団を訴えたことが週刊誌に書かれたことがあります。
それから広告を一切出さなくなったのです。



週刊誌は正義の味方ではなく金の味方であり、どんなに重要な情報であっても世間から注目されないものは記事にしないのです。
創価学会・幸福の科学・統一協会は有名ですから、道行く人に聞けば半数は知ってらっしゃるでしょう。
しかし、崇教真光のことを道行く人に聞いても、十数人に一人しか知らないと思います。


崇教真光はどんなに悪口を言われても反論しないと言われますが、これは教団が弱いからでもぐうの音も出ないからでもありません。

反論すれば小学生のイジメと同じで週刊誌が面白がって余計に記事にするからです。創価学会や幸福の科学・統一協会を見ればよくわかりますね。




反論しないこと・世間一般(政治家は除く)に話題にされないことが崇教真光が生き残るための戦略なのです。





余談ですが、同じ真光系教団でありながら「世界真光文明教団」は崇教真光に比べると悪口に対する反論が多く、インターネットの利用を組み手に認めているなど組み手の締め付けが比較的緩いです。
教団の雰囲気は崇教真光はオウム真理教に似ていますが、世界真光文明教団は創価学会や幸福の科学に似ています。

文明教団が組み手にインターネットを認めているのは、崇教真光に比べると教団内のトラブルが少ないため、「世間からの粗探しやバッシングに教団が耐えられると考えている」からだと思われます。

世界真光文明教団は初代教え主岡田光玉氏が在命中の教えを守っています。岡田光玉氏在命中は「病院に行きながら手かざしをすれば良い」という教えだったのです。
真光裁判によって文明教団から飛び出す形で分派した「崇教真光」は、友森や松平や宇尾など上層部が過激思想を持った旧日本陸軍関係者で占められており、「御経綸が厳しくなった。手かざしで全ての病気は治る。医者は不要だ!」と教えるようになったのです。

しかし、初代の教え「病院に行きながら手かざしをすれば良い」が崇教真光では無かったことになっています。




の元組手さんのコメントによると、「今迄の功績を称えられたそうです、10月28日に本山において、「御霊送り(みたまおくり)の儀」が執り行われること、それは誰もが参加出来るものではなく組手(幹部)の代表者だけの参拝なんだそうです。」とありました。
つまり、組み手からのこれ以上の疑問噴出を抑えるために恵珠氏を一応は讃え、教団としての葬儀を簡単に行うことになったと考えられます。
しかし、一般組み手に葬儀への参加を認めないところから、恵珠氏のことを早く忘れさせたいという考えは変わらないと考えられます。
恵珠氏が「葬儀をしないでくれ」という遺言は残していないことは確かです。






このようなことを書くと、またkが感情論で叩くのでしょう。
私を批判するのは自由ですが、それなりに根拠を説明して欲しいですね。
根拠なき批判はネット右翼と同じですから、相手にしないことです。









http://blogs.yahoo.co.jp/no1_chiebukurofighter/36393023.htmlでも書きましたが、崇教真光はオーストラリアではオウム真理教の核兵器研究に加担したという疑惑があるのです




























thukouさんへの返信


コメントありがとうございます。

ハッキリ言って悔しいですよ。

今まで表向きには言いませんでしたが、あの方がなぜ二元思考なのか。それは脱会後も崇教真光からのマインドコントロールが続いているからだと考えられます。本人はマインドコントロールが解けたと思っているようですが。

だから、自分に反論する者や違う意見を全く受け入れられないのだと思います。

カルト宗教で行うマインドコントロールとは、信者に二元思考を植え付けることです。

これによって「善である崇教真光に反するものは全て悪である」という思考になるのです。

脱会後も二元思考が残っていると、「悪である崇教真光を批判する高丙文さんは善であり、高丙文さんを批判する者は悪である」となるのです。

脱マインドコントロールとは二元思考を解消することなんですが、あの方を見ると「崇教真光から創価学会へ乗り換えた者が、崇教真光のことを『邪宗だ』と批判」しているのと変わらないように感じます。


私が真光オタク宗教マニアなら、あの方は「井の中の蛙」です。

無知というのは怖いもので、崇教真光を舐めきっているから、身バレで教団批判という恐るべき事が出来るのでしょう。
 

崇教真光がなぜ批判者に対し訴訟を起こさないのか。訴訟を起こせばマスコミ沙汰になり、今まで隠してきた教団の秘密を暴露される恐れがあるから、だと私は考えています。
となれば、オウム真理教がやったみたいに、批判者を一人ずつ消していく可能性も否定できなくなります。

餃子の王将の大東隆行氏みたいにならないことを祈ります。

それに事故や自殺に見せかけるのは簡単ですから。海に沈めた遺体は犯人が自供するまで見つからないのが殆どです。

警察は面倒くさがりですから、事故や自殺と断定されたら捜査を打ち切ります。
上記リンク先の、美術部顧問は崇教真光の組み手だから余計に心配。

脅しのようになってしまいましたが、これが日本社会の裏側です。
 「日本が地球上で最も安全」なんて、私に言わせれば平和ボケです。

まあ、高度経済成長期やバブル期を経験した世代は、日本の没落を認めたくないのかもしれませんが、報道されないだけで昔からありましたよ。

崇教真光は今まで批判者を泳がしていたようですが、そろそろ牙を向ける時期に来ているように思います。
事件や事故を他山の石として捉えられる人が少ないのも、日本人の悪い部分です。あの方は危機管理が全く出来ていない。事件が起きてからでは遅いのです。





真光ロスト症候群女性とは私のことです。(私は男なんですが)

http://blogs.yahoo.co.jp/no1_chiebukurofighter/35513166.html
の記事です。

ただ、あの方は妄想だデタラメだと批判するくせに、どこがなぜデタラメなのか一切説明せずに、ただ単に批判するだけです。

私もあの方に「私のどこがおかしいのですか?」と連絡しましたが、音沙汰なしです。

つまり、感情論的に批判しているものと考えています。

根拠もなしに在日批判するネット右翼と変わりません。




ただ、あの方はお年寄りです。私達よりも人生を満喫できる時間が限られているのです。それに真光によって人生を20年棒に振っているのです。まあ、私は誕生から30年間棒に振っていますが。

だから、「自分は人様の役に立っている」という夢を見させてあげてもバチは当たらないと思いますよ。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんなこと書かれて悔しくないのですか

初めまして。
高丙文被害者の会の管理人のthukouと申します。


URLを本文に挿入するとエラーを起こして投稿できないようなので、わかりにくいでしょうが高丙文ブログ「真光による「不幸の連鎖の構成員たち」私の体験談」の記事名を記入して質問させていただきます。


「元教え主 恵珠様死去に関する教団のおかしすぎる対応」の高丙文のコメントですが、元組み手Tさんのことを真光オタク、宗教マニア、妄想などとバカにしているのですが、悔しくないのですか?
僕ならぶん殴りますけど。ネット上の相手だから無理か。


「真光ロスト症候群の女性?真光依存症かな?」に出てくる真光ロスト症候群の女性とは元組み手Tさんのことでしょうか? 削除

2016/9/27(火) 午後 6:46 [ thukou ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事