上田ダイゴのちょっとした事

マーベリックコア代表・上田ダイゴの日記的な覚え書き

元素記号ね(Pb)

2017.7.21

朝起きたら身体がPbでした。スーパーマンが透視出来ないレベルでPbでした。
そんな身体を引きずって向かった先は、もちろんトライアルの稽古場です。
本番まであと10日。悔い無き様に出来る事はすべてやります。やりますとも。

そしてそして、色々と正式アナウンスをしておかなくてはならない事案があります。
まずは先月、緊急事態で延期になったLOCKUP TALK 037。
希蓉美ちゃんの容態も快方に向かっているという事で、8/9(水)に開催いたします。
元気な希蓉美ちゃんとロックアップします。おたのしみに。
ちなみに、もし万が一、希蓉美ちゃんにドクターストップがかかった場合は、
急遽内容を変更する可能性がございます。
なので二朗さんには、なんとなくスケジュールを空けといて欲しいと願う次第です。
ていうか『ダイゴと二朗の演プロ』は定期開催したいんだよなあ。
あれは続ける事に意味があるコンテンツだと思うんだよなあ。したいなあ。

イメージ 1

2017.7.26(水)『ジャムコント』:MC

2017.7.27(木)14:00〜14:45ソラトニワ『即興ラジオドラマ ロックアップラジオ』:パーソナリティ
2017.8.1(火)『INDEPENDENT:17トライアル最終審査』:作・演出

2017.8.9(水)LOCKUP TALK 037『上田ダイゴ×西原希蓉美』:トークライブ

2017.9.15(金)〜17(日)ムーンビームマシンvol.10『月雪の娘』:出演

この記事に

2017.7.20

『第三回そそり1GP きました!大なり小なりサーカス』終了いたしました。
ご来場下さったみなさま、本当にありがとうございました。
神に与えられし溢れる才能を持て余した演劇人たちが、これまた神に選ばれし魅力を持つ
女性パフォーマーたちと創り上げた贅沢な時間、お楽しみ頂けたでしょうか。
これはどの世界でもわりとよくある話だと思うのですが、
天才が自分の才量を目安に『これくらいなら簡単に出来るだろう』と見積もったオファーで、
凡人がきゅうきゅうに追い詰められるというシチュエーション。
この現場が毎回まさにそうでして、今回も私はついて行くのに精一杯でした。
朝の小屋入りからぎゅうぎゅうに詰め込まれたスケジュールは、
私の体力と能力の限界をはるかに越えており、実は本番が始まって舞台に向かう際、
疲労の蓄積で足の指がつっており、人知れず痛みと戦っておりました。あ〜痛かった。
しかししかし、才能豊かな方々とご一緒させて頂いたおかげで、なにやら自分も
レベルアップした気がしたイベントでした。さあ、この気分のままトライアルやったるぜ。

イメージ 1

2017.7.26(水)『ジャムコント』:MC

2017.7.27(木)14:00〜14:45ソラトニワ『即興ラジオドラマ ロックアップラジオ』:パーソナリティ
2017.8.1(火)『INDEPENDENT:17トライアル最終審査』:作・演出

2017.8.9(水)LOCKUP TALK 037『上田ダイゴ×西原希蓉美』:トークライブ

2017.9.15(金)〜17(日)ムーンビームマシンvol.10『月雪の娘』:出演

この記事に

2017.7.19

今日から朝からジャムコント、途中抜けしてイベントのリハーサルというスケジュール。
ジャムコントはついに日差しがヤバい季節になってまいりました。
呼び込みは一回につき15分が限度。それ以上やったら確実に熱中症でぶっ倒れる。
そんなギリギリの状態でなんとかMCを3ステージ。それだけでもうクッタクタ。
そして途中抜けしてイベントのリハーサルのために天王寺へ。
明日7/20(木)に本番を迎えるそのイベントとは、そうです。アレです。
私に言わせれば『暇を持て余した神々の遊び』的イベント【第三回そそり1GP】です。
大塚宣幸、行澤孝、田村K-1、セプテンバー酒井、ファックジャパンという、
才能の塊の様な演劇人たちがよってたかって創り上げるオトナの悪ふざけイベント。
もちろん悪ふざけと言っても、そこは神に選ばれし者たち。
見応え十分の一流エンターテインメントイベントに仕上がっております。
私も明日ばかりはトライアルの事を一旦忘れて、凡人代表として尽力する次第です。
会場はあべのハルカス9Fの【SPACE9】。19:30開演です。お時間があればぜひ。

イメージ 1

2017.7.20(木)14:00〜14:45ソラトニワ『即興ラジオドラマ ロックアップラジオ』:パーソナリティ
2017.7.20(木)タウリン大学presents『第三回そそり1GP-きました!大なり小なりサーカス-』:MC

2017.7.26(水)『ジャムコント』:MC

2017.8.1(火)『INDEPENDENT:17トライアル最終審査』:作・演出

2017.8.9(水)LOCKUP TALK 037『上田ダイゴ×西原希蓉美』:トークライブ

2017.9.15(金)〜17(日)ムーンビームマシンvol.10『月雪の娘』:出演

この記事に

2017.7.18

今日はトライアル稽古からの火ゲキというスケジュール。
稽古場についたら昨日の私のブログを読んだ池山さんが、
『僕が僕であるために』はmiwaバージョンもありますよと聴かせてくれました。
女性ボーカルで聴くとまた新鮮。ええ曲です。んで、気合いを入れ直して稽古突入。
最終審査には二次審査と同じ作品『スイッチヒッター』で挑むのですが、
稽古をしながら台詞の細かい部分を微妙に調整しています。
ここ最近はある箇所に『今度は』という言葉を入れるか否かで悩み続けています。
初稿では入れていましたが、二次審査の稽古中に削り、そのまま本番に挑みました。
そして最終審査を迎えるにあたって、本当に削って正解だったのか再び悩んでいます。
文字にすればたった三文字ですし、この言葉のあるなしの違いが
はたしてお客さんにどれだけ影響を及ぼすのか、その効果は甚だ疑問です。
しかし、三文字あれば物語をひっくり返すだけの効果を生みだせる事は確かです。
こんな事で悩んでいると、つくづく脚本家ってトレジャーハンターなんだなあと思います。


2017.7.19(水)『ジャムコント』:MC

2017.7.20(木)14:00〜14:45ソラトニワ『即興ラジオドラマ ロックアップラジオ』:パーソナリティ
2017.7.20(木)タウリン大学presents『第三回そそり1GP-きました!大なり小なりサーカス-』:MC

2017.8.1(火)『INDEPENDENT:17トライアル最終審査』:作・演出

2017.8.9(水)LOCKUP TALK 037『上田ダイゴ×西原希蓉美』:トークライブ

2017.9.15(金)〜17(日)ムーンビームマシンvol.10『月雪の娘』:出演

この記事に

2017.7.17

本日もトライアルの稽古でした。昨今の関西小劇場界で問題になっている
深刻な稽古場不足の煽りを受けて、ここ最近の稽古は様々な稽古場を渡り歩いています。
今日はお久しぶりの芸創。やっぱり広い稽古場は有り難いです。
ただどうも最近、私も池山さんもイマイチ稽古に集中し切れていない感があります。
本番が近づくにつれて『勝敗』というものが重くのしかかって来ている様な感覚。
そんな気持ちに囚われながら芝居を創っているこの状況が不純に思えたりもして。
こういう時、尾崎豊原理主義者の私は『僕が僕であるために』を聴きます。
ドラマやCMでも度々使われているのでご存知の方も多いでしょう。
1stアルバムに収録されており、ミスチルのカバーver.も人気の名曲です。
この曲の感想はこのブログでも書いた事があるので割愛しますが(過去記事参照)
『僕が僕であるために 勝ち続けなくちゃならない』という言葉は、
いまの私たちの心情そのものなんだろうと思います。
最終審査まであと二週間、気合い入れ直して稽古します。押忍。

イメージ 1

2017.7.19(水)『ジャムコント』:MC

2017.7.20(木)14:00〜14:45ソラトニワ『即興ラジオドラマ ロックアップラジオ』:パーソナリティ
2017.7.20(木)タウリン大学presents『第三回そそり1GP-きました!大なり小なりサーカス-』:MC

2017.8.1(火)『INDEPENDENT:17トライアル最終審査』:作・演出

2017.8.9(水)LOCKUP TALK 037『上田ダイゴ×西原希蓉美』:トークライブ

2017.9.15(金)〜17(日)ムーンビームマシンvol.10『月雪の娘』:出演

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事