顕正会から日蓮正宗法華講へ移ったブログ

相談窓口→no_sleep502goal@yahoo.co.jp(自分) http://toyoda.tv/st.htm(全国)

文証集

すべて表示

血脈相承に信を取る大事!相伝された師に学ぶ大事!信心の血脈だけではダメ! ケータイ投稿記事

顕正会浅井会長による、 「国立戒壇の名称でなければならない」 「勅宣・御教書とは国家意志の表明」 「現在の御開扉は不敬」 「奉安堂は耐震強度が足りない」 などの主張は、浅井会長のみの独自の解釈です! つまり、大聖人の御書や歴代上人の御言葉ではそれを証明することはできません!! 日蓮正宗では、血脈付法の歴代上人に信を取っていくのが伝統であり、相伝であります! 同時に、不相伝の身延などの日蓮宗に対して日蓮正宗が正しいことを証明するためにも、戒壇の大御本尊様の御存在と共に、 大聖人様が「血脈の次第 日蓮 日興」と定められたように、血脈相承が必要不可欠となります。 つまりは、戒壇の大御本尊様と、血脈相承を受けられた御法主上人から離れてしまうならすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

顕正新聞平成31年4月5日号の中で、 副教学部長I氏は、 写真1、2枚目のように、 「賞与本尊の裏書き」について、 “『準じて』とは『なぞらえる・同等』の意であり、むしろこれは御遺命破壊に加担したことの証明であろう” と発言しております。 しかし、 「準じる」の意味を私が手持ちの辞書で調べ ...すべて表示すべて表示

3月度総幹部会の浅井会長講演の最終回&所感です! 日顕上人の「国主立戒壇」について、 『「ある程度」とは何事か。』 『何とも頼りない言い方、全く確信がない。はじめから逃げを打っている』 (写真1枚目。顕正新聞平成31年4月5日号) と浅井会長は言いますが、 そもそも ...すべて表示すべて表示

引き続き3月度総幹部会の浅井会長講演についてです! 『「時を待つべきのみ」とは、広布以前に建立することを堅く禁じられた御訓誡』 (写真1枚目。顕正新聞平成31年4月5日号) とあります。 「前以て建てて良い」は既に日顕上人が「言い過ぎ・はみだし」とされているので、これはともかくとして、 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事