顕正会から日蓮正宗法華講へ移ったブログ

相談窓口→no_sleep502goal@yahoo.co.jp(自分) http://toyoda.tv/st.htm(全国)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

顕正会浅井会長は、11月度総幹部会において、

「私は、今後五年以内、二○十九年までに、国債暴落・国家破産は起こると思っております。」
(写真1枚目、顕正新聞平成26年12月5日号)

と発言しました


しかし


浅井会長は、2・3枚目の写真のように、


「二○○五年までに発生ということは、ほぼ間違いないと思われる。まさに巨大地震と国家破産が、同じ時期に発生するのであります」
(写真2枚目、顕正新聞平成13年12月5日号)


「日本経済の崩壊時期ですが、早ければ二○○二年にも始まり、遅くとも二○○五年と思われる」
(写真3枚目、顕正新聞平成14年1月5日号)


と、現在より14年も早く経済崩壊が起きるという予測を立てていたのです


二○○五年は平成17年ですから、当時は「あと4年」ということですね


どうか真面目な顕正会員さんは、今回の浅井会長のこの発言を、変なふうには捉えないでほしいです(>_<)


つまりは、仕事はしっかりしてほしいということですね


もちろん顕正会においても、しっかりした幹部ならば、いくら浅井会長がこういう発言をしようとも、仕事はちゃんとするよう指導すると思います。

「セロリは何言ってんだ。常識じゃないか」という顕正会員さんもいらっしゃるとは承知しておりますが…


現実は、特に若い方などは、

「どうせ国家破産するなら、仕事はアルバイトや派遣でいい」

「年金は破綻するから払わなくてもいい」

と考えてしまう顕正会員が多いと思うのです


実際、ある女子部大幹部、K藤R子さんの、平成初期頃の発言では、

「私は独身で貧乏です。でも広宣流布は近いのですから、それまでは皆さんも私と同じように貧乏しましょう。」

といった主旨の指導があったと聞いたことがあります


平成初期にその指導を聞き、学歴がありながらもそれを真に受けて、仕事上のキャリアを積まずに、なんと20年以上もの長きにわたって、「とにかく時間の融通がきく仕事」を優先しながら過ごしてしまった方が、

今から2年前に自分に教えてくださいました(T_T)


もちろん、自分の所属組織においても、派遣社員やアルバイトを選ぶ人は少なくありませんでした(>_<)

現在でも、40歳を過ぎてアルバイト生活をしている、顕正会歴が長い男性顕正会員の話を聞いたことがあります。



ただでさえ、
「広宣流布は近い」と植え付けられている顕正会員さんが、

「あと4年で国家破産」と言われたら…

普通に考えれば、少なくとも仕事や財産への安心はなくなりますよね



これは、浅井会長の無責任だと思います

会長自らが、会員に勘違いを起こさせないよう、仕事はしっかりやるよう、その場で言うのが当然だと思います



浅井会長は今から約50年前、青年部長時代に、


「自分の商売がひっくり返っていたり、生活が乱れ借金だらけであったりしていては大使命が果たせるわけがない」

「いつでも憂いなく広布に斗えるように 職業は大丈夫か、商売は大丈夫か 身の用心堅固に」
(写真4枚目、冨士昭和39年10月号)

と、立派な発言をしております。



浅井会長の今回の、国家破産の具体的な時期まで言及する発言は、明らかに行き過ぎであり、無責任だと思います


顕正会員の視野を狭め、会合参加やビデオ結集や勧誘活動に目を向けさせ、仕事や家庭を二の次にさせてしまう内容だと思います


広宣流布への熱意・活動は、顕正会は日蓮正宗を上回るほどだと正直 思いますが、

視野を狭めて広宣流布に目を向けているだけであるならば、

それは自分は尊敬には値しません


カルト教団になってしまっていると思います

この記事に

閉じる コメント(9)

以前、一度書き込みさせて頂いた者です。今は正直、宗教アレルギーになってしまいました。せっかくコメント頂いたのにすみません。
高校生から顕正会で活動してましたが、就職は新卒で失敗し、数年間ほぼ無職状態でした。
しかし、「仏法で乗り越えよう」「宿命が出ているときだから、どんな時でも信心していこう」「仕事に執着するな」と言われましたが、「だったらお前ら仕事辞めろよ!」という気持ちでいっぱいでした(暴言ですみません)
鬱状態になって今に至ります。仕事はバイトすら受からなかったのですが、今のバイト先に勤め一年以上経ちます。
「宿命転換できたね」と言われましたが、正直、「信心していれば何があっても大丈夫」と、仕事は二の次にしているのが実態ですよね。長文失礼しました。

2014/12/21(日) 午前 7:47 [ - ] 返信する

顔アイコン

顕正会に不安定な職業が多いのは活動に時間がかかることも原因だと思います。
勤行に総幹部会、ビデオ放映、座談会、男子、女子部会、折伏など
やたらと時間がかかります。

そのためか、時間に余裕がある仕事を希望する人が多く、フリターや契約社員
が多くなります。
それなりに能力が高い人もいますが、時間に余裕がある仕事を希望するので、
就職せずに自営業や士業などをめざします、もともと資金力があるわけでは
ないのに無理に独立して、赤字になりやすいです。
体験発表でも大企業や官庁に勤めている人は多いですが、発表内容が
実態とかけ離れていて、正規職員でなく短期間で転職を繰り返す人は多いと思います。
専業主婦や実家暮らしが多いですが、必ずしも裕福な家庭でなくて家計が
赤字でも働きません。

日本の社会では長期で無職になると正社員での就職は難しく、ますます
不安定な職業を目指すことになります。やがて家庭不和、離婚、病気となって
どうやっても修復不可能、あとは奇跡がおきるか広宣流布以外に道はなくなってしまします。 削除

2014/12/21(日) 午前 10:45 [ 貧乏人 ] 返信する

>こげいちごさん

コメントありがとうございます!

そうですね。顕正会では建前上はさすがに、「仕事はしっかりやるように」としますが、

「折伏優先」「結集優先」「会合参加を優先 」「日曜勤行参加を優先」が現状だと思います。

しかし、これらを優先したからといって、彼らが言うように「必ず護られる」のかというと、やはり「人によりけり」となってしまい、「顕正会の活動と直結しているとは言えない」と皆が気づくものだと思いますね。


それから、精神の病は、自分がなるか、周りにそのような人がいなければ、本人の苦しみは理解できませんよね(>_<)

顕正会幹部の指導は、後輩を不安にさせたり、追い詰めたり、否定するような厳しい内容が多いです。
たとえ直結幹部の一人がこげいちごさんの鬱を理解してくれても、別の直結幹部が厳しいことを言ってしまう可能性は大だと思います。

そういう観点からも、顕正会はおすすめできませんね。

2014/12/22(月) 午前 7:19 [ セロリ ] 返信する

>貧乏人さん

コメントありがとうございます!

仰るとおりで、顕正会員は非現実的な奇跡を夢見ていると思います。

「広宣流布まで○○年」、「○○万達成まで○○年」、「大地震まで○○年」、「経済崩壊まで○○年」といった浅井会長の予言がことごとく外れている現状をしっかり受け止め、現実的に仕事や家庭を大事にしてほしいですね。


貧乏人さんが挙げてくださった以外にも、幹部になればなるほど、「後輩への面倒見」という時間が、どうしても必要となってきますよね。

平会員時代は仕事を変える必要はなくても、幹部となり後輩ができてしまうことで、やむなく仕事を変えざるを得ない方、家庭への時間を減らさざるを得ない方も多いのではと思います。

なので、そのように考えると、
在家だけではどうしても無理が生じ、

やはり「僧侶」の存在が、広宣流布には絶対的に必要となるはずだと、自分は強く思っております。

2014/12/22(月) 午前 7:36 [ セロリ ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。

私の所属していた組織には当時30代半ばにして「金なんて国家破産して紙屑になってしまうんだから貯金するだけ無駄だ」と言ってた者がいました。

その後、上長に「それは違う。何があるか分からないから最低限の貯えはしておいた方がいい」と言われてましたが。

まぁ、このように仕事はしてても貯金を疎かに考えている会員も多いかもしれません。 削除

2014/12/23(火) 午後 11:04 [ へな ] 返信する

>へなさん

コメントありがとうございます!
お久しぶりです!

30代半ばにして勘違いを起こしうる指導をしているということですから、やはり浅井会長に責任があると思います。

貯金どころか借金する幹部、なかにはいたって健康で真面目な幹部が自己破産したという話も聞いたことがありましたね。


真面目な顕正会員さんは終末思想を変に真に受けず、将来を見据えた堅実な生活をしてほしいです。

2014/12/24(水) 午後 9:03 [ セロリ ] 返信する

今回も素晴らしい内容でした。私自身も仕事を定時土日祝休みの仕事面接官に顕正新聞を見せ折伏する強信者を知り合いにいます報告受けました とにかく御守護頂きましょう。だけです 有り難いです 希有な団結です 中に入れて良かったと思います。もったいない限りです またコメント致します。今後もよろしくお願いいたします。

2015/8/22(土) 午前 6:03 [ GGDA19900810 ] 返信する

> GGDA19900810さん

コメントありがとうございます!

仕事の時間を少なくして、それ以外の時間をほとんど活動に回すような生活を5年、10年、20年と続ければ、そのツケは将来必ず出てくると思います。

仕事に時間をかけなければ当然お金は少ないですし、

友人・異性・家族との時間が少なければ、視野も狭くなり、人間としての成長も少ないです。

身体にも現れてくると思います。

結局は「この人みたいになりたい」「この人は尊敬できる」というような人間としての魅力も減るわけですから、
折伏のときに、いくら大感激の姿を見せたとしても、中身をいつかは見抜かれると思います。

信心に関する価値観はともかくとして、
顕正会員の、仕事や生活に対する価値観は、顕正会だけにしか通じないんですよね。
顕正会員のほとんどは、他人からみたら幸福ではありません。

浅井会長のいう、「間もなく亡国」がその通りにならない限りは、活動家顕正会員の、文字通り身を捨てた活動は虚しいんですよね。

GGDAさんは今は、活動が楽しくてしょうがない時期でしょうから、このメッセー

2015/8/23(日) 午前 6:51 [ セロリ ] 返信する

続き

このメッセージは伝わらないかな…(>_<)

2015/8/23(日) 午前 6:52 [ セロリ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事