顕正会から日蓮正宗法華講へ移ったブログ

相談窓口→no_sleep502goal@yahoo.co.jp(自分) http://toyoda.tv/st.htm(全国)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

写真は両方とも、顕正新聞平成31年1月5日号です!



上が浅井会長講演、
下が男子部総務の登壇、です。



この2人の発言・資料ですが…

「学会(員)」を「顕正会(員)」に

「顕正会(員)」を「法華講(員)」

に変えても、ほぼ合っていると私は思いました!



まず浅井会長の方。


顕正会員に対して、

「法華講員と話することさえ禁じている」

のは、顕正会組織こそ、ですよね!


最近になってようやく私も顕正会員さんと話せる機会が増えてきましたが、

それまでは顕正会員さん側が組織の先輩にひと度お伺いを立てたならば、法論はまずキャンセルでした。


また最近、たとえ実現の運びとなってきても顕正会員は、
特に男子部との対論で話を聞く限りでは、

「責任者は誰だ?」「責任者を出せ」

と言って、結局法華講員との法論からは逃げるケースがあったようです。


私は、法論の内容や決着後の責任の問題を持ち出してなかなか法論に入らないのは、

“逃げ”“無慈悲”だと思います!


志ある、慈悲がある顕正会員さんならば、

「目の前にいる法華講員を救いたい」
「正法に目覚めさせたい」

と思うものではないですか?


私は顕正会員を救いたいですし、正法に目覚めさせたいので、
責任とか決着後の条件なんかよりも、

「早く目の前の顕正会員さんと法の話をしたい」

と思いますが、

変でしょうかね?


責任問題を出さずに私と法論してくれた顕正会員さんもいっぱいいますが、

その人たちは間違っているんですかね?



それから、総務の方。


2番と似たように、私は顕正会現役時代、

「法華講員から何か資料を送られて来たら読まずに捨てるように」

と指示されました。


4番、5番は浅井会長発言とほぼ同じ。


そして8番ですが、

今は顕正会会館の職員は法華講員が会館に来たとき、
警察を呼ばずに漏れなく対応するようになったのでしょうか?

この登壇が顕正新聞に載ったからには、

今後法華講員が顕正会会館に行ったときも、

ちゃんとした話し合いが目的ならば警察を呼ばずに対応するんでしょうね!

それか先ほどのように、

「住職などの責任者以外とは話はしない」

などと無慈悲なことを言うのですかね。



まあいずれにしても、


法華講員と話すことを顕正会員が今後拒んだとしたら、それは少なくとも原則的には浅井会長の言うとおり、


「これはもう、自分たちが間違っていることを自ら認めている」


ということですね!!



私は、

「これまでもきっとそうだったのですね!!」

という感情的な挙げ足とりはしませんから、、


この記事を読まれた顕正会員さん、


お互いに自分たち自身で内容や決着に責任をもって、

私とお話しましょう!




バリバリの方からも、悩み相談をしたい方からも、
御連絡お待ちしております(^-^)
一歩踏み出しましょう!
もちろん秘密は厳守いたします。

09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事