顕正会から日蓮正宗法華講へ移ったブログ

相談窓口→no_sleep502goal@yahoo.co.jp(自分) http://toyoda.tv/st.htm(全国)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全162ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

写真1枚目は、「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」192ページ

写真2枚目は、「最後に申すべき事」58ページ

写真3枚目は、「大日蓮」平成16年12月号61ページ

写真4枚目は、「大日蓮」平成16年11月号33ページ



今回は、「国民の総意」というワードに注目してください



まず、平成2年に発行された、

「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」(写真1枚目)

では、浅井会長は「国民の総意」について、


【国民の総意は即国家意志】

【国立戒壇と同意】


と発言しております。

(ちなみにその後の、【ただし学会・宗門でいう「民衆立」とは…】のところは、“御遺命の戒壇”についてではなく、“正本堂”についての話にすり替わっています。)



しかし、

平成17年に発行された、「最後に申すべき事」(写真2枚目)では、

「国民の総意」についての見解がひっくり返ります


【国民の総意は即国家意志】

だったはずが、

【国家意志の表明という厳重の御定めを無視し背いている】

へと。


【国立戒壇と同意】

だったはずが、

【大謗法の根源】

へと、


まるっきりひっくり返ってしまってしまいました



いったいどういうことでしょう



この意味がわかれば、顕正会・浅井会長の洗脳が解けるかもしれませんね



これはすなわち、

平成2年の「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」の方が正しく、

平成17年の「最後に申すべき事」は、苦しまぎれの無理やりな批判なのですね



なぜならまず、

写真3枚目のように、日顕上人は「憲法改正」に触れているのです

「憲法改正」がされるのは、
「国会の議決」ですから、顕正会が叫ぶところの、
「御教書」ですよね

つまりは「国家意志」ですよね


それとも、顕正会員さんの中にはまだ、“天皇が出てきていないから”と納得できない方もいますか


それなら安心してください


実は、日顕上人は天皇も無視しておりません

写真4枚目のように、
「(“国主”を)国の上から人格的な意味を示すと、結局、天皇になる」
とちゃんと発言しているのです

つまりは日顕上人の戒壇論には、当然天皇も含まれるのでしょう。

ただし、現在は国民主権になっているので、戒壇建立のために天皇が裁可・決定はできない
(かといって現在において天皇中心の国づくりを叫ぶことは反社会的。)
それゆえの「国民の総意」なのでしょう。

(カッコ以外の同趣旨の日顕上人の発言が大日蓮平成16年11月号37ページにあり)



顕正会員さん、


浅井会長の言葉の勢いで惑わされてはダメですよ


こうしてちゃんと見ていけば、浅井会長が自語相違していること、おかしなことを言っていることがわかるはずです



浅井会長はどんな手段を使っても、


今までの戒壇論の解釈を180度ひっくり返しても、


顕正会存続のためには、


宗門を批判し続けなければいけないのですね


これこそ、「浅井先生の御心」ではないでしょうか



顕正会員さん、目を覚ましてください




ご相談・ご質問はお気軽にこちらまで
秘密は厳守いたします
09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日またしても、今度は女性顕正会幹部と法論することがありましたので、今回はそちらを書きます



今回の女性幹部は前回の頑迷な男性幹部とは違い、

お互いに話をゆっくり聞き合いながら法論が進みました。


驚いたのは、

「私は、学会・宗門・顕正会で喧嘩してる場合ではないと思う。早く団結して広宣流布を目指すべきだと思っている」

「私は顕正会を信じているからといって、ちゃんと外からも顕正会を見ている」

「私は浅井先生を崇拝しているわけではない」

「私は浅井先生の学会・宗門への批判は悪口とは思わない」

などとの発言があったことでした


話をするときも、聞くときも、女性幹部は真っ直ぐ目を見ていました。

純粋なんだと感じました



ただ、やはり、なんだかんだで「顕正会しか」「浅井会長しか」という気持ちは強いようで、、


こちらも感情を込めていくつか決定的な話をしたつもりでしたが、

残念ながら届かなかったようでした


もっともっと唱題をして、経験をして、勉強をして、

このような純粋な顕正会員に気付かせる力をつけたいです



ところで、今回のこの女性幹部は応援で来た方で、私も応援でした



きっかけは、

末端顕正会員さんによる、

「顕正新聞平成30年10月5日号の法華講絡みの部分を知り合いの法華講員に見せたい」

との思いでした。


これまた純粋な思いですよね



顕正新聞平成30年10月5日号は、

「学会員を救う特集号7」

となっておりますが、

学会員について書かれている部分は今までにも既に書いてきたことしかなかったように思います。


こういった、前回・今回のような、「法華講員を救いたいと願う顕正会員」は、

顕正会としては増えてほしくないのかもしれませんね


「一度は浅井先生を信じて、浅井先生の激闘を知る元顕正会法華講員。話せば必ず御遺命の大事に目覚める
無二の師匠は浅井先生以外おられないことに必ず再び気付く


このような思いの顕正会員は少ないんですかね



せめて、

「なんで顕正会をやめちゃったんだろう

「続々と顕正会員が法華講員になっていくのはなぜ

との気持ちになってほしいです




ご連絡、お待ちしております

09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

顕正会員とガチ法論! ケータイ投稿記事

久しぶりに顕正会員さんとガチ法論をさせて頂きました


元顕正会法華講員とわかって相手してくれる顕正会員さんは、邪教ながらも心は純粋で慈悲があるのだと思います


その方も毒が回っているのか、こちらの話を正面からは理解できず、聞き間違いもあり、話がヒートアップするにつれてだんだん話そのものも聞けなくなってきてしまったようですが、
法論が始まるまでと帰り間際は優しく紳士的でした。



さて、今回ですが…



相手方は「見せたいものがある」と、総幹部会のビデオの一部を見せようとされたので、

私は交換条件で、
「見るのにかかった時間のぶんだけ、遮りなしで話させてもらえるなら」
といったところ、
それが通りました


「総幹部会のビデオを見れば、浅井会長の指導を聞けば、元顕正会法華講員も何かを感じてくれるはず」

との顕正会員さんの思い、これまた純粋・正直ですね


私は既に今回の法華講関連の登壇内容はある程度知っていたのですが💦



ちなみに浅井会長は、今回強烈な法華講対策の登壇がありながら、

「私は法華講員を救いたい」

とは言わず、

途中から学会の話に変え、

「私は800万学会員を救いたい」

と発言しておりました


(浅井会長講演については今回の趣旨ではないのでここまでにします。)



私は、たっぷり時間を頂けたので、

・私が顕正会を辞めた理由
(100万以降伸び悩み。国立戒壇を言わなくても御遺命の戒壇目指して折伏してるから宗門は御遺命を破壊してはいない。
ニセ本尊疑惑。など。)

・御相承及び血脈の大事

・相承肯定→相承断絶発言


をたっぷりと話させて頂きました



その後は…


やはり激論でした!


相手の顕正会員さんは多少は私の話を聞く姿勢も見られたのですが、
理解まではいっていなかったようで、
私の力不足を実感しました。


また一つの話が出たとき、
お互いに「この論理展開に、この話にもっていきたい」との気持ちがすれ違って、
話が二転三転して、ややこしくなりました。


そして、いよいよ佳境に入ってきて、私も大声で破折し始めると、
さすがに話を遮って話を変えるようになりました。


やはり、一筋縄ではいきませんね💦


反省点は、

「もっと勉強」「もっと唱題」

ですね。

特に大事な御文をちゃんとそらんじて直ぐに言えなかった部分は反省しました。


場数も、もっともっと踏んでいきたいです?



最後に今回、

「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」
「最後に申すべき事」

の2書を、法論に向けて読み返すなか、

ブログネタにしたいことが2つ見つかりました


「国民の総意」に対する自語相違と、

「国立戒壇を捨てるために正本堂を建てた」への破折、

です



こうして書いておかないと、お蔵入りしてしまいそうなので書いておきます。

調べられてみれば、すぐに私がどんなことを書こうとしているかわかるかもしれません


今回はここまで。




ご相談・ご質問はお気軽にこちらまで!
09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp
no-sleep.jcksmk@ezweb.ne.jp
(携帯アドレスは、携帯メール、ヤフーメール、Gメールのみ)

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

9月度総幹部会にて、

顕正会→日蓮正宗→顕正会と籍を移された方の話が出たと聞きました❗


どのような事情があったのかとても心配です。

できれば直接お会いして、お話をじっくり聞いてみたいです。



それから今回はなんと、


日達上人の臨終の相について発言した登壇があり、

浅井会長もその発言に触れたとか


これは…


「もはや日蓮正宗に戻るつもりも、戻してもらうつもりも、顕正会浅井会長にはない


と言えるくらい重要なことだと思います


日達上人のお孫さんが御住職をつとめられている、日蓮正宗の妙通寺様では、

さっそくホームページで反論されたようです


https://www.myotsuuji.info/浅井会長は-細井日達上人の臨終は-ひどいものだった-と言っていますが本当/


こちらは、私の方からは、音声または新聞で確認しだい書こうと思います。




さて、ここで…


私が、ふと思ったことがあります


今回私は、顕正会に戻ってしまった方と直接お会いしたいくらいの気持ちがありますが、


顕正会員さんは、日蓮正宗へ行ってしまったかつての仲間・同志に、ちゃんと連絡をしましたか


ちゃんと真正面から話を聞く覚悟・勇気はありますか


今回のように、顕正会に戻ってくる人もいるのですから、


日蓮正宗に移ったその時点で、かつての仲間・同志に悪人のレッテルを貼って、連絡を避けるなどという無慈悲なことはせず、


ぜひ、慈悲の心で、「何があったんですか」と聞いてあげてみてください



それと、


顕正会は以前は、「学会員を救う特集号」の顕正新聞をシリーズ化して出しておりましたが、

「法華講員を救う特集号」は出てませんね


また顕正会員が、学会の会館に赴いて、学会の会館職員と法論したなどの登壇は、私は全く聞いたことがないのですが、


なぜか日蓮正宗に対しては、法華講員は避けるものの、よく寺院には行って御住職などと法論していますよね


良く考えると、変ですね



それか、


いよいよ今回の総幹部会特集号から、

「法華講員を救う特集号」

を出すのですかね


せっかくの日蓮正宗への対抗ネタが今回出たのですから、


今後は法華講員からも逃げずに向き合いましょうね


顕正会員さんからの連絡、コメント、お待ちしております
09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

顕正会第5女子部の方、第74区の方は、
幹事および区長をされていた方が何故、

顕正会に疑問を持ち、
あれほど浅井会長が批判している宗門に移られたのか、

たいへん知りたがっているのではないでしょうか??


そのきっかけの一つ、

SOPH…さんブログでアップされた、

元第5女子部幹事・74区長とU総務との面談記録を、

引用・拡散させて頂きます?
(その後、私の感想を書きます)


<第5女子部幹事・74区長
  // 編・燃える御主人&SOPH...>


9.20の除名処分となる数日前の9月某日、
顕正会本部のU田総務と
大宮駅近くの某喫茶店にて2人で密会致しました。


私(第五女子部幹事)は、

「かつて浅井先生は、
”還御を祝し奉る記念大会”において、
『平成25年までに1000万人達成』
を宣言したが全く叶わず。


その後において、
大幅下方修正した目標である
「平成26年までに300万人」すら達成できず、
知らぬ間に目標は200万人に大幅ダウン──
戦いは遅々として進まず。


さらに、その実状たるや
入信者の過半数以上が外国人であり、
私は浅井先生がいらっしゃる内に
総会員数6000万人だとか、天生原まで4キロの道のりを御供する、
などということは夢物語であり、到底叶わぬ幻想ではないですか」

という旨を、U田総務に伝えました。


内容が内容なので
総務は怒り、即刻除名処分も覚悟しましたが
総務の方からは意外にも


【区長、今更?
 私なんてとっくの昔からそんなこと思っていたよ。
 確かに浅井先生がいらっしゃる内は無理かもしれないよね。
 城衛さんの代かもしれない】

と言われました。


また、わたしが御本尊様の疑惑につき──

「顕正会は勝手に
 御形木御本尊を印刷している可能性が濃厚です。
 いけないと思う。
 自宅拠点の総数を想像すると、数が足りない」


と指摘すると、総務は


【う〜ん……いまは非常事態だから
浅井先生に『使命・資格が移ってる』から、
万が一浅井先生がやっている(印刷している)としても、
ご遺命を曲げた宗門が下付するよりはいいんじゃない?】

と、仰天の内容を発言されたのです。
これはわたしの中では
「顕正会版の本尊であってもが仕方ない」
との内容に映りました。


御本尊の件に関しては

「最近の自宅拠点用の御形木御本尊は
あまりに紙が真新しく金ピカでおかしい」

と伝えると、総務は

【修理したりすることがあるらしいから
 綺麗になってるだけかもよ】

と、恐らくは上層幹部で
共有されていると思われる定番文句を言ってきました。


大量にある御形木御本尊を、
時間と費用をかけて全て修復しているとは考えにくく
私の疑念は全く晴れませんでした。


何よりこの面談において総務は
私の発言を一言も諌めることはなく
上層幹部を含む顕正会全体で
既に御形木御本尊に対する動執生疑が渦巻いていることを
痛感させていただきました。


わたしは

「U田総務・・・・
 顕正会が本当に間違っていたらどうするんですか?
 皆これだけ人生かけてやってるのに・・・・」

と言うと、U田総務は

【わたしは苦じゃないから、楽しいから大丈夫】


等と耳を疑う放言をされました。

信仰の根幹である御本尊に晴れぬ疑惑があり──
組織には生活苦等で苦しむ多くの後輩たちがおり───

人を率いる立場にあって、みんなを慮る心が無きことに
悲憤がこみ上げてきました───


その旨を強く指摘すると総務はサスガにまずいと思ったのか

【でも浅井先生は正しいし顕正会は正しいから】

と苦笑いしながら言われるのみで、
本気になって私を責めれない姿こそ
総務自身も奥底には疑念を懐きつつ───

「確信」という隠れ蓑で
組織に連なっているのだと思った次第です。


今回この内容を御伝えしたことは
何も総務が憎いからなどという理由ではなく、
早く総務も正信に目覚め大石寺に帰伏し
唯受一人・血脈付法の猊下様の下、
正しい広宣流布と成仏の道を歩んでほしいと念願する
赤誠の思いからだけです。


願わくば一日も早く正信に目覚められ、
共に戦うことが叶いますことを
心よりご祈念するものであります。

以上です




《ここからセロリの感想》

総務さんの返答、特に私は、

「顕正会が本当に間違っていたらどうするんですか?」

のところの、

【私は苦じゃないから、楽しいから大丈夫】

が酷いと思いました。
ふと出てしまった本音なんでしょうね。

やはり、大勢を束ねる立場の長として、多くの人の人生を巻き込むことへの責任感は、絶対に持っていなければいけないと思います!

要するにそれだけ【薄っぺらい確信】【薄っぺらい気持ち】なんだと言えてしまうと思います。

総務ならびに第5女子部の方々、第74区の方々、
及びこのブログを読まれている顕正会員さんはしっかり考えてほしいです!!


ちなみに、

もし私が今回の顕正会女子部総務の立場になったとしたら、
前半の部分に関しては、ほぼ同じように答える他はなかったように思います。

私の場合、「100万達成」後に弘通が伸び悩んだ時点で、
「浅井会長存命のうちの広宣流布はたぶんない。せいぜい宗門復帰だ」
という気持ちでした。

ただここは一つ意外だったのは、そういう、浅井会長存命中の広宣流布達成を全く確信していない人でも総務になれるんだな、ということでしたね。


御本尊に関しても、

「浅井先生は松本日仁尊能化もしくは顕正会の味方をする僧侶から、御形木御本尊の原版を譲り受けていたのかも」

と思っておりました。
(絶対有り得ません。またその後、日布上人御形木御本尊が拡大化されたことを自分の中で確信して、「原版譲り受けてたとしてもダメだ」との気持ちになりました。)

きっと後輩から尋ねられたら、何らかのそのような言い訳で返していたと思います
(って言っても、顕正会時代に後輩を持ったことはごくわずかでしたが)


つまり、普通に考えたら、

反論の余地はないんですよね?


それから私自身、平成23年の脱会の頃に、顕正会が間違っているとの確信に立ったのは、

・偽本尊疑惑
・宗門は御遺命を曲げていなかった

が大きかったですが、


組織の先輩への気持ちに関しては、平成18年頃の体験から既に、

「顕正会の長の人は、一人一人の人生よりも数字が大事なんだ。というか、一人一人の宿命に付き合う余裕はないんだ。なのにリスクのある折伏(身内・仕事関係の人など)をさせようと言ってくることもあるんだ。その後の反発へのフォローはしてくれないくせに。」

という気持ちで冷めていました。

その後組織が変わり、折伏(勧誘)を強要しない先輩のときもありましたが、

そのときは逆に「軽さ」を感じて、本気で「お応えしたい」という気持ちにはなりませんでした。


私の感想は余計だったかもしれませんが、

私と同じようなところが引っ掛かっている顕正会員さんはいませんか??



もし今回、初めて私のブログを読んでくださった顕正会員さんがおりましたら、

ぜひ過去の記事も読んで頂きたいです




ご相談・ご質問はお気軽にこちらまで!
秘密は厳守いたします。
09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp
no-sleep.jcksmk@ezweb.ne.jp
(携帯アドレスは、携帯メール、ヤフーメール、Gメールのみ)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全162ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事