Gena(ジーナ)の飲んだくれ太腕繁盛記

健康であれば大抵のことは気合いと根性で乗り切れる!

全体表示

[ リスト ]

「ビリギャル」

昨日、シネコンで「ビリギャル」を観ました。
もうじき終映になるのか、今週は1日1回しか上映が有りません。


投稿サイトに掲載された実話を書籍化しベストセラーとなった「学年ビリのギャルが1年で偏差値を
40上げて慶應大学に現役合格した話」を、ドラマ「あまちゃん」の有村架純が金髪ギャルに扮して
映画化。
名古屋の女子高に通うさやかは、偏差値30の学年ビリという成績。
見かねた母に塾へ通うことを提案され、入塾面接で教師の坪田と運命的な出会いを果たす。
金髪パーマに厚化粧、耳にはピアス、極端に短いミニスカートというギャル全開なさやかに面食ら
う坪田だったが、さやかの素直な性格に気付き、ふたりは慶應大学への受験合格を約束すること
に。
偏差値30のギャルが、偏差値70の慶應大学現役合格を果たすまでを、笑いと涙で描いていく。
監督は「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」「ハナミズキ」などを手がけた土井裕泰。
(映画.comHPより抜粋)

映画を観たブロ友さんの誰しもが高評価していたので、上映されるのを首を長くして待ってました。
この地では先月中旬から上映されてます。

この映画、落ちこぼれ女子高生の「ど根性物語」かと思いきや、違うんですよ。
確かに主人公のさやかは成績が超低空飛行している女子高生なのですが、そのさやかを支える
塾講師坪田との「師弟愛」、娘を信じる母親の「親子愛」が描かれています。
何度学校に呼び出されても、娘を信じてかばう母親。
自分が「できないから」と「諦めた人生」を送ってきたから、娘には諦めずにいろんなワクワクする
ことをやらせてやりたいと思っています。
さやかの通塾を、週3コースから週6コースに増やすために、母親はパートの時間を増やす。
夜勤もするようになり、さやかの妹が食器洗いなど家事を手伝っていた。
普通ならば「お姉ちゃんばっかり、ひいきして!」とスネルが、妹も姉を応援している。
母親の育て方が良かったんだろうな。
普通ならヒガミますよ。

父親は長男をプロ野球選手にしたくて、長男に掛かりっきりである。
さやかと妹のことは妻に任せきりで、気にもかけない。
ただダラダラと生活していたさやかが、母親に勧められて塾に行き、講師の坪田と出会ったとこ
ろから、一気にストーリーが進みます。
坪田がさやかのやる気を引き出し、次第に学力が上がってきます。
一緒に遊んでいた友達も、さやかが勉強に集中できるようにと受験日が終るまで、距離を置く
ことにします。
皆がさやかを応援するのです。
さやかは何度か壁にぶち当たりながらも、受験日を迎えたのでした。

愛情表現が不器用な父親(田中哲司)、出来の悪い生徒を「クズだ!」と罵る担任教師(安田
顕)、根気よくさやかを指導する塾講師(伊藤敦史)、娘のワクワクすることを見つけてやりた
くて、娘を応援する母親(吉田羊)、皆が熱演してました。
感動作品でした。
胸がスッとする、かなりお勧めの映画ですよ。

来年の日本アカデミー賞、助演女優賞は「あん」樹木希林と、「ビリギャル」吉田羊の一騎打ち、
じゃないかしら?

只ね、誤解無いように言うと、さやかは「ビリギャル」とは言え、私立中学を受験して入学し、
エスカレーター式で進学した高校のビリなので、映画の中のセリフ「小学4年程度の学力」で
は無いと思います。
多分「小学6年生程度の学力」はあったのでは?


閉じる コメント(17)

これはぜひ観たかった作品です
でも映画館に行く時間が作れないのでDVDで見ることになると思います

2015/7/5(日) 午前 10:21 [ 猫姫 ]

素晴らしいよね。
子供に見せたい作品かも。

2015/7/5(日) 午前 10:45 yume

顔アイコン

猫ちゃん、痛快さもあるし、感動的でもあるし、かなりお勧めよ(^o^)丿
DVDが出たら、観てみてね^^

2015/7/5(日) 午前 10:57 Gena

顔アイコン

yumeさん、思いの外「感動作品」でした。
教職に就く人には特に観て欲しい作品かも?
職業教師に成り下がっている教師VS生徒のやる気を引き出す塾講師の対決も
見どころの一つです^^

2015/7/5(日) 午前 11:01 Gena

顔アイコン

ついに、でしたね。

さやかの有村架純、吉田羊、伊藤淳史など出演者がよかったですね。
父親も、最後には、いいところあるじゃん、でした。

試験会場で、お腹を壊して・・・は一時はどうなるかとハラハラでしたが・・・。

エスカレター式の学校も、大変かも(笑)。

2015/7/5(日) 午前 11:52 fpd

fpdさん、やっと鑑賞できました♪
俳優が皆、好演してましたね。
父親は愛情表現が不器用な人で、一途に突き進むんでしょうね。
だから、長男以外は目に入らない感じで…。

受験シーンはハラハラしました。
やはり普段と違うものは、飲食しない方が良いのかも?

夫の弟の娘が今年、私立中学に入学しました。
エスカレーターで大学まで進めます。
まあ、成績が悪すぎると進学できませんが…。

2015/7/5(日) 午後 1:14 Gena

顔アイコン

これは、子どもや教師よりも、まず親が見るべき作品です。
どんなことがあっても、わが子を信じる強い愛情を持ち続けた吉田羊の母親を見習うべきです。
TB、お返しします。

2015/7/5(日) 午後 2:55 ぴくちゃあ

ぴくちゃあさん、ひたむきに娘を信じる母親の愛情に涙しました。
吉田羊の演技にヤラレましたわ。
世の中、間違った愛情を注ぐ親が多いなか、この母親は立派でしたね。

TB ありがとうございます(* ̄∇ ̄)ノ

2015/7/5(日) 午後 3:44 Gena

内緒さん、只の「ど根性物語」じゃなかったです。
主人公のさやかは進学校と言うより、お嬢様学校のエスカレーター校に、中学から
入学したようです。
…で、入学したら全く勉強しなかったようです(^_^;)

もし見逃したら、DVD で鑑賞下さいね♪

2015/7/5(日) 午後 9:48 Gena

結果がわかっていても最後まで見応えありました。受験だけではなく、ちゃんと家族や教師の愛情や友情をしっかりと描いた青春感動ドラマに仕上がっていましたね〜(^_^)v
子どもを最後まで信じきった吉田羊と熱心に応援した伊藤淳史が良かったです(^_^)v
高校生たちがけっこう見に来ていましたが、彼らはどう感じたのかなぁ〜(*^_^*)

2015/7/5(日) 午後 11:01 ノブG

小4と小6の違いですか?

この作品はBR待ちです。

2015/7/6(月) 午前 8:15 MARUMA

顔アイコン

ノブGさん、館内は20人ぐらいでしたが、半分ぐらいは高校生でした。
親子愛や家族愛、師弟愛や友情、何か感じ取ってくれたら良いな(^◇^)
見応えがある映画でした(^o^)丿

2015/7/6(月) 午前 9:55 Gena

顔アイコン

MARUMAさん、同じ小学生とは言え、4年生と6年生では習っている範囲も広く
なりますから…(^◇^)
4年生レベルという言われ方は、可哀そうすぎます(p_-)

おっ!BR待ちですね。
観て損は無い映画ですよ^^

2015/7/6(月) 午前 9:58 Gena

Genaさん、はじめまして。
fpdさんからやって来ました。
「ビリギャル」は大好きな映画です。家族愛、塾講師との関係、そして友情。どれも感動しました。
今のところ、本年度日本映画ナンバーワンです。

2015/7/6(月) 午後 9:49 [ 熊本ミノル ]

顔アイコン

熊本ミノルさん、初めまして^^
fpdさんのブログではお名前を拝見しておりました。
映画タイトル尻取りは白熱しましたね(^◇^)

「ビリギャル」には泣かされました。
あーちゃんの子供に対する愛情に感動しました。
やはり家庭は、母親の影響を受けることが多いのね…と納得しました。
本当に良い映画でした。
私はこの映画と「あん」も推したいですわ(^^♪

2015/7/6(月) 午後 11:43 Gena

顔アイコン

見終わった後の爽快感がたまらなかったです。
本人の努力もですが周りの支えも印象的でした。
TBお願いします!

2015/8/11(火) 午前 8:05 かず

顔アイコン

かずさん、爽快感がありましたね^^
母親の愛情もですが、妹も母親の代わりに家事を手伝って、姉の応援をして
くれましたね(^o^)

TBありがとうございます(^o^)丿

2015/8/11(火) 午後 1:39 Gena

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事