Gena(ジーナ)の飲んだくれ太腕繁盛記

健康であれば大抵のことは気合いと根性で乗り切れる!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全517ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

なぜか録画機器が無い我が家。
夫のデスクトップPCは、テレビチューナー付きでテレビとACケーブルで接続した

ので、地上波は録画できます。
録画したら安心して観ない…と言う悪循環で、溜まりに溜まっていた番組を、私

今、一気に消化しています。

去年、放送していた金ドラ「ハロー張りネズミ」を観ていますが、驚くべきことが

かりました。
第一話は、探偵事務所に男性がやって来て、交通事故で死んだ娘に似た女の

を探して欲しい…と言う依頼でした。
一緒に事故に遭った母親が意識不明で、もって後1ヶ月、一目娘の姿を見せて

やりたい…とのこと。

紆余曲折が有り、よく似た女の子を見つけ、娘のふりをしてもらい、危篤の母親

に会わせます。
母親は一瞬、意識が戻り、偽物の娘を見て安心して亡くなります。
妻の葬儀を終えた夫は、亡くなった娘の代理をしてくれた、身寄りが無く養護施

設に入っていた女の子を、養女にして引き取ります。
依頼を受けた探偵は、これからずっと、女の子が亡くなった娘の代わりを演じる

ことになるのか?それは父親にとっても女の子にとっても辛いことでは…と悩み

ます。

そんな探偵(瑛太)に、探偵事務所の所長(山口智子)が一言。
「缶チューハイには焼酎でなく、ウォッカが使われてるじゃない?国の事情で。

誰もそんなこと気にしないのよ。」
つまりは、養女になった子も父親も、そんなことは気にしていない…と、暗に言っ

のでした。

そのセリフを聞いて私は、飲んでいた缶チューハイの缶をじっと見ました。
原材料名には、ウォッカと有りました(@_@;)

なるほど、ウォッカはロシアの焼酎だもの。
チューハイの原料に使われても間違いないわね…と納得しました。

たかがドラマと思うなかれ!意外と知らない情報が散りばめられてますよ。
私も半世紀以上生きて来て、チューハイに焼酎ではなく、ウォッカが使われて
いると気付きませんでした。
人間は、生きている間ずっと学ぶ物なのですね。


※メーカーによっては、焼酎を使っています。
チューハイが全部、ウォッカを使っているわけでは有りません。

この記事に

開く コメント(16)[NEW]

開く トラックバック(0)

今日の昼3時半ぐらいに、訪問者数が111,111を越えました(^o^)丿
私が昼2時半に確認した時は、111,065だったのです。
その後、ブロ友のfpdさんが、111,111を見逃した!…とコメントを下さったので、
その時に確認したら、既に111,111はとうに越えておりました。

でもね、今日の訪問者数を考えると、ブログの全体訪問者数は変なのよ。
全体訪問者数が多すぎるんです。
まあ、記録が削除されているわけじゃないから、良いのだけど…。

そういうわけで、稚拙なこのブログも、訪問者数が111,111を越えました。
これからもご贔屓にして下さいね(^o^)丿


この記事に

開く コメント(22)[NEW]

開く トラックバック(0)

色が違うと平気!

先週から、「燃えるゴミの日」の回収日の前日に、社宅の清掃作業を行ってます。
更年期でなかなかやる気が起こらず、ホットフラッシュ症状で異常に汗をかき、
動く気にならず、しばらく清掃作業を放置してました。

先週は除草剤を撒く場所と駐車場内を草むしりし、除草剤を撒きました。
昨日は排水溝周りを重点的に清掃し、私が住んでいる棟の階段を上から掃き
た。

予想どおり、私が住んでいる階から上の階段が、えらいこと汚くてビックリ!
虫の死骸や、土ぼこりが丸まってました。
(うちの階から下は、私が定期的に掃いている。)
前回、私が掃いて以来、誰も掃かなかったようだ。
階段を掃いている間に二人、住民が帰宅したが、挨拶するだけで手伝うことも
なく、スルーされました。

まあ、今更手伝ってもらおうと思わないし、やる気が無いのに無理やり手伝わす
も嫌だし…。
後から何を言われるか分からないしね。

それはともかく、清掃していて気付いたのが、今年はあちこちに「女郎蜘蛛」(ジョ
ロウグモ)が巣を張ってます。
去年まではこんなに女郎蜘蛛は居なかったのだが…。
同じ漢字を書いても「女郎花」は「おみなえし」と読む、花です(^o^)丿

私がこの世で一番大嫌いなアシダガグモ。
成長すると、大人の掌ぐらいの大きさになる。
私は全長15cmを越えるアシダガグモと遭遇すると、倒れそうなぐらい身体が
固まります。
…が、女郎蜘蛛は、そこまで大きくならない。
しかも、黄色と黒のツートンカラーで、土色のアシダカグモに比べると、線が細
いので怖くない。

そういうわけで、清掃作業をしていて、出くわしても怖くない。
色合いが明るいだけで、印象がこんなに変わるとは…。
後、蠅取り蜘蛛も平気です。
こやつはピョンピョン飛び跳ねながら移動します。
全長が1cmぐらいなので、怖くないです。
家の中で見掛けると、ティッシュで掴んで外に逃がします。

さすがに、この記事に登場する蜘蛛の画像は、張りつける気がしないので、興
有る方は、画像を検索して見て下さい。
私の言っていることが分かって頂けるかと…。

私はアシダガグモは、本当に苦手です(@_@;)
棲息していない北海道に移住したいぐらいですよ。
札幌に住んでいる間は平和でしたよ(p_-)


この記事に

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

「わらの女」

中学生の時だったか?
古本屋で「わらの女」と言う、カトリーヌ・アルレーが書いたミステリー小説を買いました。
その小説は映画化されていたので、↓表紙が映画の一場面になってました。


今日、スカパー!で「わらの女」を放送していたので、鑑賞しました。
なかなか観る機会が無かった映画です。

車椅子に頼る老人チャールズ(ラルフ・リチャードソン)は、巨額の富を持つ大実業家。
一方、彼の秘書をつとめるアンソニー(ショーン・コネリー)はチャールズの甥であり、義理の息子
でもあった。
当然アンソニーは、チャールズの唯一の財産継承者のはずだった。
しかし、チャールズは、アンソニーには2万ポンド残しただけで、財産はすべて慈善事業に寄附す
ると遺言状に書いていた。
そんな時、付き添いの看護婦マリア(ジーナ・ロロブリジーダ)がやってきた。
気位の高い女、マリアを初め煙たく思っていたチャールズだが、その率直さと美貌はしだいにチャ
ールズにとって、かけがえのないものになっていた。
アンソニーは、そんなマリアの気位の高さと野心を利用して、言葉たくみにマリアを口説いた。
(映画.comHPより)


原作小説と設定が若干変わってましたが、大筋はそのままです。
愛情を取るか?
金を取るか?
それとも真実を取るか?
54年前の映画ですが、楽しめました♪

この映画は、火曜サスペンス劇場あたりでドラマ化されてるかも?
ショーン・コネリーが007に出始めた頃の映画です。

ジーナ・ロロブリジーダが美しかったです。



            ↑今年の3月のインタビュー画像です。(screen on Line より)

ジーナ・ロロブリジーダは、今年91歳になりますがご健在です。
美貌は変わらずでした^^





この記事に

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

今週の水曜日にシネコンに行った時に気付いたのですが…。
シネコンが入っているショッピングセンターには、既にクリスマスツリーが販売され
ました。
しかも、クリスマスツリーが販売されている隣には、ハロウィングッズが並べて有る
はないか(@_@;)
いやはや、季節先取り過ぎますって!
せめて、売り場を離せば良い物を…。
見事に隣に並べてありました。

来年のカレンダーや手帳は、9月から店頭に並べて有りましたけど…ね。

何だか季節行事に追いかけられてるような気がします。

そして10月も中旬に入ったのであった(-_-;)


この記事に

開く コメント(23)

開く トラックバック(0)

全517ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事