ホリデープログラミング入門

ホリデーにプログラミングを楽しむための入門 by 船木信宏

全体表示

[ リスト ]

PHPが動く環境を整える


つくったアプリを公開する場所と開発する環境を整える


今回は、プログラミングする環境についていろいろ書いていきます。プログラムの難しいところは、プログラミング言語だけを覚えればいいわけではなくて、つくって公開するにあたって広範囲に渡る知識を要求される点かと思います。

PHPを動く環境を整えるにしても、サーバ、Linux、Apache、データベース云々と突然、PHP以外に様々な前提知識を要求されます。サービスを使うのが自転車に乗ることだとしたら、プログラムをつくってサービスを作るのは自転車を組み立てることです。自転車の各部品は先人が作ってくれているので我々は組み立てるだけですがそれでもハンドルやタイヤ、サドル云々と各部品の知識が必要になってくるわけです。身につくまでは結構大変なので、好きじゃないとやっていけない部分かもしれません。

つくったアプリを公開する場所を確保する


yahoo.co.jpとかrakuten.co.jpというのが「ドメイン」で僕の場合、zuzara.comというドメインがつくったアプリを公開する場所です。その場所に「サーバ」を立ててその中でプログラムを動かします。サーバはパソコンと似たようなもので、24時間365日動き続けます。自宅でサーバを立てるのは面倒なのでレンタルするのがいいです。

探せばたくさんありますが、個人的にはリーズナブルな

ムームードメイン(ドメイン)+ロリポップ(サーバ)

の組み合わせか、

さくらインターネット(ドメイン+専用サーバ)

を使っています。



開発する環境を整える


公開するサーバで直接開発(プログラムをつくる)してもいいですが、一度公開するとプログラムを止めるわけにはいかなくなるので、開発と公開用の環境は分離した方が吉です。

公開するサーバの中で開発する


例えば、
http://www.zuzara.com/kokai/
でつくったサービスを公開しようとしているときは、
http://www.zuzara.com/kaihatsuchu/
で開発する、というのが手っ取り早いやり方です。最初はこれが一番いいでしょう。ムームードメイン+ロリポップだとサブドメインが作れるので
http://kaihatsuchu.zuzara.com/
を作ってそこで開発するのも手です。誰かに見られると困るときは、パスワードをかけておけばOKです。


今使っているパソコンで環境を整える


Windowsを使っている、という前提で話を進めます。PHPを動かす環境には、LAMP(Linux + Apache + MySQL + PHP)という組み合わせがオーソドックスですが、Windows + Apache + MySQL + PHPでも問題ありません。最近注目されている、全部まとめてインストールしてくれるXAMPPがお勧めです。

apache friends - xampp for windows(英語)
これも公式サイトは英語ですが、注目されているだけあって解説ページも多くあります。


5分で終わらせるのは慣れていないと無理だと思いますが、公開するサーバで開発するよりは、ファイルをサーバにアップロードする、という作業がない分効率がいいのでお試しください。

他にはVMwareもお勧めです。

余っているパソコンがあるとき


余っているパソコンがあって中身が全部消えても大丈夫なときは、そのパソコンをサーバにしてしまうのも1つの手です。僕の開発は基本的にノートパソコン+サーバ、で行っています。

この場合、Linuxの知識が必要になります。Linuxにはディストリビューションと呼ばれる種類がたくさんありますが、CentOSがお勧め。検索すれば日本語の解説サイトもたくさんあります。
CentOS 公式サイト(英語)

メモリが256MB以上あるパソコンなら程々に動いてくれるでしょう。

PHPのバージョン


PHPそのものも進化しているのでバージョンがあります。Windowsでも古い98や2000を使っている人がいくらかいるように、PHPもバージョンアップはそう簡単ではないのでいくつかのバージョンが使われています。大きく分けてバージョン4系と5系があり、公開されているサーバの多くはまだ4系を使っています。

先ほどのロリポップも5系は使えません。ただ、可能な限り5系を使いたいところです。上級者向けの裏技ですがさくらインターネットの月額500円のサーバで5系を使う方法もあるようです。
nazonoDiary - さくらのレンタルサーバでPHP5


パソコン選び


PHPのプログラムを書くのに性能のいいパソコンは不要です。普段よく使っているのはVAIOのtypeFで買ったのは2年前ですが、CPU1.7GHzにメモリ1Gで開発するのに困ったことはありません。

サーバ用に新しく調達するとしたらDellがお勧め。PowerEdgeSC440が30000円程度で買えます。個人向けのページにはありませんが、電話で注文することはできます。Linuxをインストールするときに、CD-Rが4枚ぐらいと1つディスプレイが必要になります。

余談ですが、サーバを自宅で24時間電源をつけっ放しにすると電気代が月2000円ぐらい上がりました。。検索エンジンのグーグルが電気代に悲鳴を上げる気持ちがわかります。


もうちょっと贅沢に開発するなら


デュアルディスプレイがお勧めです。ノートパソコンに液晶ディスプレイを1つ繋げるだけですが、画面が広くなるので格段に開発効率が上がります。17インチでも十分ですがもうちょっと贅沢に22インチワイドもかなりいい感じ。

22インチワイドだと3〜4万円といったところ。ゲームをするわけではないので性能はあまり気にしなくてもいいと思います。
価格.com - 液晶モニタ・液晶ディスプレイ 人気アイテムランキング


あれこれ書きましたが1つでも参考になれば幸いです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事