ここから本文です
自転車ぽてぽてログ
2015年1月に初めてのロードバイク トレックのシルクSLが納車されました!これからも自転車生活を楽しもーう!

参加証届いた!

イメージ 1

ぐる輪の参加証が届いた

今年も前日受付に行きたい。

なぜなら電車で行くので、昨年みたいにまた輪行の準備に手間取ると遅刻するかもしれないから(≧∇≦)あー、こういうときには車欲しいなぁ。でも維持費がなぁ。

都会みたいにカーシェアリングが気軽にできるといいんだけど、田舎には少ないのが残念だ。

天気になるといいなぁ
昨年みたいにサングラス忘れないようにしよう。

今年は私の周りの知り合いは誰も走らないようだけど、楽しもうー!

この記事に

開くトラックバック(0)

ライドの予定を立てたもの、人数が集まらないのでまた今度にということにしました。

うーーん、残念だ。せっかくいい気候なのにもったいない。
一人でいってもいいんだけど、ホームのコースとは外れたちょっときついコースだとほかにも人がいたほうが安心だと思うんだよね。

ペアライド自体ありえないと思う人がいるという話を聞いてから、そんな考え方もあるんだなぁと色々思うこともあり、今後は2人で走るってのはしないでおこうかなと思いましたが、やっぱり2人だから走れないとかもったいないわ〜…。

だいたい友達なら性別関係ないやん。

どちらかのパートナーが嫌がってるならダメだけど、そうでないなら何か?という気がして来た。

きままに一人で走るのも大好きなんだけど、人と走るのも楽しいなと思うようになってきたところだ。
短い人生楽しまないとさー
とはいえ念のため彼にもペアライドってのについて意見を聞いておきました。
ここがだめならやめておくけど、常日頃どんな人と走るかとか、どんなコース走るかとか、写真みながら走ったときの話とかしてるし、心配してないと思うけど、、、。

ご飯の後お茶しながらパチリ。

イメージ 1


※ケーキは彼のケーキ。私はコーヒーのみ

答えとしては
「全然気にしないし、むしろ行ってくれていい」
という答えだった。

そっかそっかー!同じだよかった(^^)

そういえば以前から、私が一人で山方面を走り回っていることに対して、「事故とかトラブルがあったときに心配」と言っていたので、心配性な彼としては一緒に走ってくれる人ができてよかったと思っていたようだ。

ただ、友達に戻った元彼と二人で走りに行くのは「うーーーん、信頼しているけれど、心配なところもある。うーーーん、うーーーん。」という感じだったので、明言はしなかったけれどそれはやめてほしそうだ。なるほどね、相手によるのね。こっちはやめておこう。


不倫じゃないの?という風に思われたことに関しても彼は「僕は全然気にしていないから向こうのかたにも大丈夫っていっておいてー(^^)そんな風に思う人もいるんだね〜」と言っていた。彼にも異性の友達がいるし、私の性格わかってる。

私たちの周りの自転車乗りは年齢層も高いこともあるからか、ご夫婦以外に二人で走る人もチラホラ。

職場の人のなかにもそんなかんじで2人でサイクリングしている人がいる。確かに飲み会の時なんかには他の人が「関係はどうなのぉ〜?」って言う人もいるけれど、お互い信頼関係のできた中で言っているだけなので冗談だってわかってるし、不実なことをする人はひとまず周りにはいない。


今回見た瞬間は申し訳ないけれど『え〜??』『何言ってるんじゃいボケェ』(←口が悪いからすぐ出る)って口から出た。
しばらくモヤモヤと不快な気持ちになったもののそういう捉え方も確かにもあるのかなとひとまずは納得。
したんだけど、それで楽しみにしていたブログが読めなくなってしまったことがとても残念。

私と走ってなかったらよかったのになー、もしくは私がおっさんだったらよかったはずなのにね〜とか考えたり。

テレビは朝のNHKニュース以外はほとんど見ないから、ちょっと世の中の流れがわかってなかったようだ。
気をつけて見てみれば確かに世間では不倫騒動多かったようだし、本当に不倫だったらばれちゃうよっって心配してくれたんだと思っていますが、見当違いのお気遣いに対し、そう思われたほうは割と(いや、かなり)衝撃を受ける内容でした

旦那さんやパートナーがほかの人と走ってほしくないな〜って思う気持ちは、純粋でかわいいなぁと感じるけれど、私はたぶん20代前半に置き忘れてきてしまいました(==;)

私や私の周りのように、特に何も感じない人だけではないというのも知ったので、そう感じる人のパートナーの方とは決して2人で走らないように今後も引き続き気を付けていこう。

本来人見知りなので、今後も知らない人と二人だけで走ることはまずないけどね、細心の注意を払おう。パートナーが方針転換する可能性もあるだろう。

しゃれた店系については、私も彼も気にしてないので、一緒に走る人のパートナー次第ですが、今回のことに限って言えばここも何も問題ない。

私のお店選びが、そこで補給しつつゆっくり脚を休めたいというのが主目的なので、おしゃれさは割とどうでもいいんだ〜。

キタナシュランなお店でも一向に構わないんだけど、そういうお店は食べたらさっさと出ていってね!って雰囲気がプンプンするのであまりゆっくり休めない気がする。コンビニのイートインもしかり。休めない。
見た目は童顔だけど、実際のところは若さが足りないから疲れが蓄積すると走れんのだよ(≧∇≦;)

その点山遊里は座席も多いし、トイレもあるし、個人的にはとってもいい休憩場所だと思っている(^^)

あ〜、ひとまず彼に聞いてすっきりした。
らしくなかったわー。
2人だったら走らないって決めるのやめたー。もちろん人によるけど(^^)

忙しいのもあるけれど、もやもやいらいらそわそわして色々楽しめなかったんだよね〜。夏休みの宿題のごとくたまっていく日記にも、やらねばならないことにもため息は出るけど、片づけていくぜーい(=▽=;)

ここ数週間でいろんな考え方があるんだなぁと実感。

気にする人がいるっていうのを知れたのは収穫だった。
全然気にしない人もいるんだって知ってもらえればいいなぁと思った一件だった。
まあ、なんにしても不倫はないわー、
お気に入りだった堺雅人に言われても多才でかっこいい榎木孝明(絶食はどうなん?って思うけれど)に言われても無理だわー(≧▽≦)
一気に冷めるね
そんなことになったらたぶん「何言ってるんじゃいボケぇ、カスー」くらい自然に出てくるに違いない。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

土曜日雨じゃなかったら、お店つながりの人たちと城巡りの予定
なんだけど、お天気予報が微妙!
久しぶりの人もいるから晴れてほしいが、なかなかむずかしそうだ。雨だったらたまっている日記書こ!頼まれごとも終わらせよう!

この記事に

開くトラックバック(0)

本日年休〜(^^)
最近週の真ん中あたりにとる事が多かったから、久しぶりに金曜にとったな〜

年休とって、、、
昼過ぎの新幹線で尾道に行くぞー!

土日は現地集合現地解散でしまなみ海道をサイクリング。土曜の夕方までに宿に来て、みんなで宴会、一緒に泊まって、朝ごはん食べたらまた解散!各自自由に愛知に帰るというイベント。

これは気楽でいい〜!
何度も行った人も、初めての人も好きなように楽しめる(^^)

何度も走ったしまなみ海道。ステキなところたくさんで、色々オススメしたい気持ちもあるけれども、春のハイスピードな思い出が強すぎて誰かと走るのがなんとなくめんどくさい気分(≧∇≦;)

なんなら『行くのもめんどくさいなぁ。やめちゃおうかな』とさえ思う時もあったので、珍しくダメージでかかったんだな〜。笑える。

めんどくさいあまり今回は輪行の復習はせずじまいで金曜日を迎えた。四月にもやったし、イメージトレーニングでは問題ない。覚えてる覚えてる!(≧∇≦)

最初は朝1に尾道に向かってまた岩城島にいってこようかなーと考えましたが、めんどくさい気分が抜けず、まあ昼でいいかと昼過ぎ三河安城発のものに予約変更。
EX-ICだと変更に手数料とられないし、携帯から変更できるし便利

天気いいぞ〜♪
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
このまま新幹線乗らないでこの辺り走りたい気分

三河安城に到着ー!
イメージ 4

在来線や名鉄から乗り換えると移動距離が長いので、お値段高くなるし本数が少ないけれども私は三河安城から乗ります。

さー、準備準備〜!
イメージ 5

前輪外して、あ、ギアチェンジ忘れてた。アウタートップにする。後輪外してスプロケカバーつけて、シルクをひっくり返し、エンド金具つけて、ペダルの位置調整して、ギアをアウターローに変更、フレームカバーで保護して、ホイールと本体を3点固定して完了〜

ん??
まてまて、何か足りない。

あ!!!!
わすれたっ!!!!!

忘れてきたーーー!!!!!

肩紐が入ってない( ̄◇ ̄;)

前回使った時しまい忘れて、あー別にしておくと忘れそうだなーと思ったけれど、やっぱり忘れてしまった。ばっかじゃないのーー?自分め、くそぅ。

うわー、、、どうしよう。
まだ30分以上ある。
うむむ、買いに行くか?

ひとまず一番近い自転車屋さんに電話して、輪行袋の在庫があるかを確認。「ありますよ」とのお返事。ナイス!そして、ダメ元で肩紐とかだけ別売りないか聞いてみたけれど、それは無いとのお返事。いやー、そうですよね。ありがとうございます。

うーーーむ、買うなら全部かぁ。

新幹線の予約変更は簡単だけど、一番後ろの席なんてほぼ空いてないし、一番前の席の確保もギリギリだと難しくて、真ん中辺に座ると、その後停車駅によって発生する自転車移動のためにデッキまで出るのがちょっとめんどくさい。

お金もったいないので紐なしで持ち上げてみる。

、、、いけないことはないかな?

というわけでこれでいこう。
袋に手ぇつっこんでフレーム掴んで歩く
めちゃ歩きにくいけど( ̄◇ ̄;)

在来線利用しないようにしておいてよかった〜。
名古屋乗り換えの時も同じホームの逆サイドにいけばいいだけだし、こだまとおなじ号車、同じ席をとってあったので名古屋での移動は最低限で済む。

大きな荷物をもった状態でのエスカレーターは怖いので階段を上がりますが、階段は肩ひもなしだとちょっと大変だった。エレベーター使えばよかったかな。そうしたら平行移動だけで済んだな。
イメージ 6
輪行袋だけならまだしも、買った弁当ももたねばならないのが大変だった。
家に帰ったら…すぐに肩ひもを輪行袋の中にしまおう。

名古屋での乗り換えはばっちり。問題なし。たまたま同じ号車を予約した過去の自分ありがとう。

のぞみに乗り換え、デッキに立って車掌さんが通りかかるのをしばし待つ。一番後ろの席ではないのでデッキに置かせてもらいます。
私の自転車ですというのを告げて、席番号も伝え、どちらのドアが開くかも確認。やはり新大阪だけ逆サイドが開くようだ。

「新大阪のときは自転車の移動お願いします。」
『わかりました。ところで新大阪の先は…』と聞いたら、
「すいません。新大阪から先は向こうで聞いてください。荷物の件は申し送りしておきますね」とのお返事。そっかー、JR東海じゃなくなるからかぁ。

上りの時は福山から名古屋までのドアの向き教えてくれたから知ってるかと思ったけれど、もしかしたら大阪さえわかれば、京都と名古屋ののぞみは同じ方向しか開かないのかもしれない。

なんてこと考えながら福山に向かいました。
ちょっと眠たいけれど、新大阪まで50分くらい、寝ちゃうと心配なので起きている。移動があるから通路側に席をとっていて景色も楽しめないので、尾道についてから組み立て場までのイメージトレーニングをした。

まてまて、そういえば尾道駅は改装工事中だ。
どうなっているかな〜。わからん。
イメージトレーニングできないではないか。

イメージトレーニングは置いといて、三河安城で買った鳥飯のお弁当を食べて、ちょろっと買ったおやつを食べていたらそのうち福山に到着。尾道が近づいてきたぞ〜♪そういえば祖父母は福山の出。なんだけど、東京で暮らしていたので祖父母が亡くなるまで広島がルーツだと私は知らなった。
東京弁(というかいつも丁寧語?)だったし。
お葬式後の戸籍謄本をみて初めて知ってびっくりでした。

戦争の時に私の父親ふくめ兄弟をつれて広島に疎開したという話は聞いていたので、なんでわざわざ広島に!?と思ったんだけど、広島出身なら広島に行くよね。今なら納得。

いつか福山を目的地にしてじっくりと自転車散歩しよう。
なにか感じるものがあるかもしれない。
「何もないとは言わせないプロジェクト」をやっているところも好きだ。

鞆の浦とかさー、見てみたいなぁ。
広島に来るたびに毎回行きたいと思うんだけど、観光地だし道狭そうなのに交通量多そうで躊躇している。どうなんだろう。自転車は宿泊先に置いて、尾道から船に乗って(土日だけ運航しているやつがある)来たほうがいいかなぁ。

と、福山駅に到着する前に見えてくる福山通運の建物を見ながら毎回毎回同じことを考えている。デジャヴ。早く実行しないと頭おかしくなりそうだ。

福山で在来線に乗り換えるため改札を目指します。

が、福山駅のホームって階段が少なかった。

イメージ 15


エスカレーターは危ないからするー、エレベーターはちょうど車いすの方が使っていたのでスルー、あれ?次もエスカレーター?うえええ、階段はどこじゃい。

だんだん手がつかれてきたので端っこによっておろして休憩。
もう一度気を取り直して進む。というのを2回くらいやった。

やっと階段発見してのろのろ降りる。
肩ひもあればすぐ降りられるのにここも途中の踊り場で休憩いれた。

荷物が増えないようにSPDシューズをはいたままの移動なので、階段のくだりはちょっとこわいんだよね。気を付けておりきって、新幹線改札出て、在来線ホームに上がる。

ちょうど出発していく電車が乗る予定だったやつでした。
ふ〜、間に合わなかったか。
ま、15分か20分まてば次が来るからよし。
肩ひもの偉大さを知った。

次の電車に乗って無事尾道に到着!
ただいま尾道〜〜!

ホームはまだそんなに変化を感じないけれど、駅の中の雰囲気はちょっと変わっている。改札は近くて助かった。
が、ICカードの改札がせまいんだな〜。
尾道だからちょっとここは広くしてくれるかと思っていた。

駅員さんがいるほうを通れば広いんだけど、ICカードでも通らせてもらえたのかな〜聞いてみればよかったな。切符の時は気兼ねなくそっちを選ぶんだけど今日はICカードで入ってしまったのよね。

修学旅行とか団体が来たとき用の広い改札は準備してあった。常時開けているわけじゃないんだ〜。金曜日だからかなぁ。どうなんだろう。

改札、行きと帰りに通りましたが、自転車と縦に並ばないと改札を通れないのでカニ歩きでした(^^;)改装中だからだと思いたい。次にいったときを楽しみにしていよう。

改装工事中なので以前より東側が出入り口になっている。
組み立て場が遠いじゃない?っておもったら、
イメージ 7
左手のスロープを下りた先にあたらしい組み立て場がつくってありました。
駐輪場と間違えられているのか大型バイクが一台とめられていてちょっと邪魔でしたが、下の道路沿いだし、たしかに駐輪場に見えるよ。仕方ない。

組み立て完了。
あ〜〜〜〜、疲れた(><)
こんなに疲れた輪行は一回目くらいだわ。

外から見た尾道の駅はこんな感じ。
イメージ 8
あの駅舎がないのがさみしい…。
もっと写真撮っておくんだったな。
4月に行ったときは知らなかったんだよね〜。

ひとまず荷物を本日のお宿におきに行こう!

ちょっと走ったら到着〜
尾道第一ホテルです。

イメージ 9
なぜか金曜日だってのに空きが少なくて、お値段も高めだったので(日曜日が生口島でトライアスロン大会開催だったから宿泊客が多かったのかも)今日は安く済ませるためにこちらにしてみました〜。自転車は部屋には持ち込めないけれど、シャッターの向こう側におかせてくれます。
イメージ 10
シャッターはフロントの人にいって開けてもらう形式でした。
ここの劇下りがSPDシューズだと歩きにくい(^^;)

お部屋はリニューアルしたそうできれい。
イメージ 11
映っていないけれどベッドの左手にテレビ・冷蔵庫もありました。普段は朝にNHKニュース見るだけで、ほとんどテレビは見ないのでなくてもいいんだけど。

水回りは古いままかな〜。
イメージ 12
まあ安いし、おっけーおっけー♪

窓からの景色はなかなかよい。

イメージ 13
2回泊まったことがあるONOMICHI U2が見える。
しゃれてるけれど高いのだ。

荷物おいて、フロントにお願いしてシャッター開けてもらって、ちょっとだけ探索しに行こう!
イメージ 14

つづく。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事