のびパンチ

あっという間に過ぎていく。。。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

弘前市街から、
岩木山を正面に見ながら、西に向かって10kmほどで、
旧社格は国幣小社で、現在は別表神社。津軽国一宮。

岩木山神社

参道の手前は、駐車場を兼ねた広場になっていて、
鳥居に向かうと、正面に岩木山がそびえています。


イメージ 2


参道は、岩木山に向ってまっすぐに進みます。

岩木山は、
長い裾をひいた美しい姿から、津軽富士とも称され、
山頂は、岩木山・鳥海山・厳鬼山の三峰が「山」の字に連なり、
山全体がご神体・霊山として、古来、津軽における山岳信仰の中心だったそうです。

宝亀11(780)年、中央の岩木山山頂に社殿を造営したことが起源とされ、
延暦19(800)年、坂上田村麻呂によって山頂の社殿が再建され、
これを奥宮として、
岩木山北側のふもとに、下居宮(おりいのみや)つまり里宮が建立され、
この下居宮は、十腰内にある現在の厳鬼山神社。
寛治5(1091)年、神宣により、現在の社地に遷座し、
別当寺・真言宗百沢寺(ひゃくたくじ)が建立されましたが、
明治の神仏分離により、百沢寺は廃され、現在の岩木山神社となったそうです。


イメージ 3


参道に面して、
出雲神社と、守山三柱大神が鎮座していました。

楼門の手前には、
左手に、守札授与所
右手、社務所の大きな建物は、以前は別当寺・百沢寺の庫裏だったそうです。


イメージ 4

楼門の右手奥には、神水が湧き出しています。
奥宮参拝の登山者は、邪気を神水で清めて入山することから、
禊所と呼ばれています。

神水は湧き出て、枡に溜められているので、
普通の柄杓では届かないため、
柄の長〜い柄杓が用意されています。


イメージ 5

岩木山神社楼門は、
別当寺・真言宗百沢寺の楼門として、
寛永5(1628)年に造営され、五間三戸の形式、総高は17.85m。


イメージ 6

イメージ 7


拝殿は、
もともと百沢寺の本堂として造営されたもので、
慶長8(1602)年、津軽藩祖為信から、寛永17(1640)年、三代信義の代にかけて建てられたそうです。

また、本殿・奥門・瑞垣(みずがき)・中門などは、
貞享3(1686)年から元禄7(1694)年までをかけて、四代信政によって建立。
本殿、奥門、瑞垣、中門、楼門は重要文化財に指定されています。


イメージ 8

イメージ 9

祭神は、
顕国魂神(うつしくにたまのかみ)(=大己貴命)
多都比姫神(たつびひめのかみ)
大山祇神(おおやまつみのかみ)
坂上刈田麿(さかのうえのかりたまろのみこと) (=坂上田村麻呂の父)
宇賀能賣神(うかのめのかみ)
大山咋神(おおやまくひのかみ)


イメージ 10

社殿の右手奥には、境内社の、白雲神社と稲荷神社が鎮座しています。

白雲神社のまわりの池の中には、たくさんの卵が沈んでいました。
龍神への奉納として投げ込まれたものでしょうか。。。



岩木山神社では、
ご神体の岩木山に見守られているような気がしました。
岩木山山頂の奥宮と、
北麓の厳鬼山神社へも訪れたかったのですが、今回は時間切れ。。。またの機会を狙います!



最後の画像、

禊所の、神水の注ぎ口です。

サルかしら。。。。。珍しいですよね。

イメージ 11



閉じる コメント(19)

はじめまして。新着から来ました。
親戚が青森におり岩木山神社には毎年の様に行くのですが、ここがそんなに由緒ある神社だとは知りませんでした!
勉強になりました〜ありがとうございました。

2008/9/28(日) 午後 11:12 ぶん

顔アイコン

panndazukiさん、初めまして!9月中旬に遅い夏休み(?笑)で東北を旅行しました。深い森に抱かれた素晴らしい神社ですね。でも、奥宮までは行けなかったのが、とても残念です。ご訪問、コメントありがとうございます。

2008/9/29(月) 午前 8:59 nobikit

顔アイコン

岩木山神社すばらしい神社ですね、維持管理はたいへんでしょうね、青森の方は信仰心が高いのでしょうか、神水の注ぎ口はりゅうのようにも見えますが、ポチ。

2008/9/29(月) 午前 10:12 mmbannbuu(宮崎征志)

他の方のブログでも見たことがありますが、
やはり凄まじく素晴しい神社だと感じました。

社殿の配置やご本殿の見事さなど
すばらしいと思いました。

いつもながら丁寧に作られており、
感服いたします!(* ̄^ ̄)ヾ(-ェ-ヽ)ハハァー!!
ぽち☆

2008/9/29(月) 午後 4:25 [ - ]

顔アイコン

どれも重厚で絢爛、重要文化財指定もうなずけます。そして赤い社殿が青空に映えてますね〜
青空に写ってる5つの月?。。。カメラのいたずら? 不思議です
ポチッ

2008/9/29(月) 午後 5:02 kaeiwa

岩木山神社楼門から見えるのは岩木山ですか?流石、津軽一ノ宮、立派な神社ですね。ポチ。

2008/9/29(月) 午後 7:49 [ - ]

顔アイコン

今回の東北ではいろいろと見てまわったのですね!!
私なら神社を素通りで山頂を目指したかも(^−^) 。

2008/9/29(月) 午後 8:10 kyazu

顔アイコン

mmbannbiさん、この日は岩木山とても美しくて、ラッキーだったのですが、岩木山神社がさすが津軽一の宮という、荘厳な中にも人々に親しまれる懐の深さを感じさせる雰囲気でした。水の神様は龍・蛇なので注ぎ口も龍が多いのですが、鼻が独立しているところがちょっと違うかしらと思いました。ポチありがとうございます。

2008/9/29(月) 午後 9:16 nobikit

顔アイコン

やまたろうさん、予想以上に、堂々として懐の深さを感じさせる素晴らしい神社でした。元々の神社といわれる厳鬼山神社や奥宮を訪れられなかったのはとても残念でした。。。ぽち、ありがとうございます。

2008/9/29(月) 午後 9:21 nobikit

顔アイコン

kaeiwaさん、そうなんです、青い空と緑の深い森に、朱色の社殿が鮮やかに映えていました。池の中の白い点は、竜神さまに奉納(?)された卵のようで、たくさん沈んでいました。面白い習慣ですよね。ポチありがとうございます。

2008/9/29(月) 午後 9:25 nobikit

顔アイコン

MAOさん、そう、岩木山です。岩木山に向かってまっすぐに参道を登るのがとても神々しい感じがしました。ポチありがとうございます。

2008/9/29(月) 午後 9:30 nobikit

顔アイコン

KYAZUさん、あはは、このお天気なら、そうですよね!しかも、山頂近くまでスカイラインが通じてるし。。。ほんと、そうしたかったですけど、時間が読めなくて、竜飛岬とバーターで、諦めたんですよ。

2008/9/29(月) 午後 9:36 nobikit

顔アイコン

岩木山の名は聞いてますがこれほどの大きな神社とは知らなかったです。
山全体が神聖な所として大事に祭られてるのが良く分かりますね。
傑作です。

2008/9/30(火) 午前 8:40 kuruminoki109

顔アイコン

くるみのきさん、寺院の建物をそのまま使っている所為か、大きな山に負けないどっしり感がありますよね。傑作ありがとうございます。

2008/9/30(火) 午後 6:47 nobikit

顔アイコン

素晴らしい神社ですね。さすがに津軽の国一ノ宮です。
最初の写真がいいですね〜〜〜〜。
白い一の鳥居の奥に御神体の岩木山が青空の中にどっしりと構えているのが素晴らしいですね。
ご本殿の旁も色鮮やかで立派です。
何よりご神水の水口が好きです。大ポッチ☆!!でっす。

2008/9/30(火) 午後 11:54 NORI

こんにちは!
10年ほど前に一度、弘前を訪れましたが、岩木山神社は見逃し、この記事で初めてじっくり、知ることができました。
ありがとうございます!
いつか鳥海山なども、登ってみたいものだと思いつつ。。(笑)
例によって、守山三柱大神、白雲神社、稲荷神社などの由来が気になります。
それにしても、御神水で禊をしての奥宮参拝。。。素敵ですね。

2008/10/1(水) 午後 2:27 AURORA

顔アイコン

NORIさん、岩木山に向かって真っすぐに登っていく参道は、まさに「神社の王道(?)」っていう感じ、歩きながら、ちょっとわくわくしました。水口は、左右に4体の像から豊かに湧き出し、飛沫をあげて枡に落ちています。ポッチありがとうございます。

2008/10/2(木) 午前 8:53 nobikit

顔アイコン

オーロラさん、やっぱり遠いので、日程が難しいですよね。今回、私は弘前周辺は全然見れなかったんですよ。。。
もともと白山系の山岳信仰だそうです。守山三柱大神は山頂の三峰それぞれの祭神を祀ってあるようです。白雲神社は、境内にならんだ幟の奉納者の名前がとても特徴的でした。

2008/10/2(木) 午前 9:00 nobikit

顔アイコン

suikaと申します。
私も 4月29日に岩木山神社に行って来ました。
こちらのブログでは、その様子が再現されるくらい、お上手な写真や記事が拝見出来て、とても嬉しいです。
時々、見せていただきますね。f(^_^)

2012/5/3(木) 午後 2:39 [ suika ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事