平凡でも カレー なる日々

【ご案内】GW明け復帰が延びてしまいました(泣)ちょっと予定が読めませんが必ず戻りますので待っていて下さい!

全体表示

[ リスト ]


カレーなる新宿特集  第弾

【店名】 ロイヤルコペンハーゲン・ティーラウンジ
【年月日・時間帯】 H18/7/12 夕
【カテゴリ】    喫茶店
【場所】      新宿駅徒歩5分
【住所*電話】  新宿区新宿3−14−1 新宿伊勢丹5F *03-3352-1111
【定休日など】   水(伊勢丹の休業に準ずる)
【メニュー・価格】 チキンカレーセット 1680円 
【具やセットの内容】下記
【辛さ】      辛口
【スパイス感】   有り
【汁気】      サラリ
【濃厚度】     普通
【教えたい度】   試しに。女性お一人可。
【備考・その他】
入り口で、男子店員が私に向かって「お客様は・・・・」と言ったきり動かないのです。
名前を聞いてるのか、何しに来たか聞いてるのか?
省略しないでキチンと最後まで口に出して欲しい。多分「お一人ですか」と聞きたかったと思うのですが(笑)

恐らく、高島屋の茶語に近い雰囲気なのではないかと踏んで、訪ねてみた。
 高島屋の茶語はこちら →
 
店内は、落ち着いているというか、やや暗めです。
茶語に行ったときより時間帯が早いからか、客層が多少異なります。
あちらは、高島屋でも「タイムズスクエア」なので、結構、モダーーーン!かな。
それに対して、こちらは・・・・普通かな。
茶語はシングルの女性が多かったですが、こちらはお友達連れが多い模様で、殆ど満席、結構にぎやかです。


カレーメニューは2種類。
  チキンカレー 1260円
  エビカレー  1155円
その他では、
  本日のスープ  840円
  サンドイッチが 1050円から
  飲み物は 840円から!
ということで、全体的に高い!カレーはともかく(お味次第)、飲物は高いですね。
やだな、こういうタイプの店(喫茶店とかカフェとか)で、「飲物は要りません」って言いづらい性分なんですよね。
やはり、ここはそんな気楽に来られる店ではないかも。

などと思っていたら・・・
毎月お薦めメニューというのがあり、このときはたまたまチキンカレーのセットがあった。
  チキンカレー(ライス付き)+本日のスープ+飲み物(私は、アイスティーのライム付きをチョイス)
  という内容で、1680円

サービス価格なのだと思うが、それでも高いです。
茶語の場合は、スープがサラダに置き換わって、プラス約300円・・・うーん、茶語も高かったんだなあ・・・
でも、一応は割安だから、コレしかないですね。

まず、すぐにウーロン茶が出てきた。

イメージ 1

じゃない!それは茶語だ(笑)・・・これは「本日のスープ」でコンソメスープだ。
しっかりした濃いめのスープだが、得意分野ではないので美味しいのか美味しくないのか分からなかった。
(勿論、不味いと言うことはない。基準がないだけです)
強いて言えば、もう少し薄味でも良いかなあ・・・という感じ。

カレーが来ました。

イメージ 2

カレーソースは十分に量がありそうだが、ライスは少ない。バランス悪し。
知ってれば「大盛」と言いたいところだが、この店のキャラでは無い。男性向きでは無いと言うことか。
付け合わせは何も無い。
お、でもチャツネ付きです。なんだろ?これはオレンジっぽい。

まず、最初にココナツの香りがすう〜っと来る。ココナツはソコソコの量が入っているのですね。コレはよいです。
んん?やはり茶語みたいだ・・・・被ってる被ってる(笑)
ココナツ中心で基本マイルド。コリアンダーが主張しているが、結構イロイロとスパイスを使っているのか、思いの外奥が深い。辛口と言って良いが、茶語ほど塩辛くはない。寧ろ薄いくらい。(塩については下記)
骨付きの鶏肉がなかなかだった。
トロトロで骨からハラリと落ちる。量もタップリ。まず最初にカレーポットから、鶏肉だけライスの上に乗っけてみた。
こんな感じ。

イメージ 3

こういうお店って、どこからどこまで自店でカレーを作っているのだろうか。
一から作っているようだと、手間が大変であろう。
柔らかいのに味もしっかり残っている。圧力鍋などを使っているのかも。

鳥を全て平らげてから、もう一度、残ったカレーソースをご飯に全部かけて頂いた。

イメージ 4

なんか、一度で二度美味しい!という、得した感じ?やはりもっとライスが多いと良いなあ。
格好悪くても「ライス大盛り!」とお願いすべきでしょう。トップスみたいにライスお代わり無料だと一番良いのですけどね。

もう少し、カレーソースにコクが欲しいが、チャツネを少しずつ混ぜながら食べると、更に良い線に近づいた。
何故か、カレーと共に塩が出てきたので少しかけてみると、なるほどバランスが向上した。
「チャツネを混ぜる+塩をかける」・・・こんな感じがお薦めだ。
それにしても、このようにお店で自分でカレーに塩をかけて食べたのは初めて。
自分でカレーを作る時も、塩は控えめなタチなので。思いもしなかったのだった。

お店を出るときになって汗が出てきたのも茶語と同じ。
やはりここも、唐辛子より生姜と胡椒で辛さを組み立てているのだろう。

お薦め度としては、茶語とガップリという感じだが・・・
肝心のカレーは上記調整の結果、こちらがやや優勢。
ただ、それ以外の要素は、いずれも茶語が優勢。
茶語の中国茶が魅力的な事。
茶語には窓があるので閉塞感が少ない事。
この辺は一人で来ると少し気になった。客層の違いもあり、茶語の方が落ち着く。
約300円の差を考えても、居心地の良さで茶語だろうか。僅差だが。


【独断評点】    3.45点

この記事に

閉じる コメント(6)

うっまたココナッツ・・・でも美味しそうです♪某店でカレーを作るところを最初から見せてもらったのですが、塩をちょっと入れるたびに味が変わる体験をしました。塩って結構重要らしいですよ。塩辛いじゃなく、味が変わってましたから^^;

2006/9/22(金) 午前 7:18 [ - ] 返信する

顔アイコン

くろさん。前にくろさんが紹介してくれた美味しそうなインド料理店にココナツ使ったカレーは無いの?もし有ったら、是非食べてみることをお薦めします!

2006/9/22(金) 午後 9:52 カレー・ノーブル 返信する

顔アイコン

うわー。。ロイヤルコペンハーゲンですか。。さすが。。伊勢丹ですね!食器が気になってお食事どころではなくなりそう。。。恐れ多くて。。。

2006/9/23(土) 午前 0:19 non 返信する

顔アイコン

熊猫さん。わははは!カレーオヤジは、高級食器など、全然関係ないのだ!わはははは!

2006/9/23(土) 午前 0:50 カレー・ノーブル 返信する

高級っぽい感じがしますね。私はこのカレーより、ロイヤルコペンハーゲンのほうが興味あるなあ。だってカレーとは合わない感じですから。

2006/9/24(日) 午後 3:04 かれーぷーぷ 返信する

顔アイコン

かれーぷーぷさん。なるほど、皆さんそうみたいですね。確かにどうせカレー乗せるなら、「ココナツ&チキンは無いだろう!欧風ビーフカレーだろ!」って思いますね。今にしてみれば。。。

2006/9/24(日) 午後 11:02 カレー・ノーブル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事